« 方針転換 | トップページ | 権利かケアか »

2006年8月21日 (月)

コトバたち1

言っていることではなく,やっていることが,その人の思想である.思想は実践(行動)を伴なって,はじめて意味をなす.-グラムシ-

わたくしが痛みを感じているのかどうかを疑うことには,何の意味もないのだ-すなわち,もし誰かが「自分の感じているのが痛みであるか,それとも何か別のものであるのか,私は知らない」と言うとすれば,われわれはおそらく,その人が「痛み」という自国語の単語の意味していることを知らないのだと考え,それを彼に説明するだろうということ.でもどうやって?おそらく身振りによって.あるいは,彼に釘を刺し「わかったかい,これが痛みというものだ」と言ってやることによって-不明(おそらく『哲学探求1976』)-

外面的なふるまい,すなわち僕たちの反応や発言だけが,僕たちの依拠しなければならないものだ-不明-

人と思想を分けるなんてケースが起こりうるか.すなわち,間違った人が正しい思想.正しい人が間違った思想-不明-

« 方針転換 | トップページ | 権利かケアか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コトバたち1:

« 方針転換 | トップページ | 権利かケアか »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々