« どのように言うのかの実践 | トップページ | プラシーボ効果と体内時計 »

2006年8月31日 (木)

構造主義→ポスト構造主義

構造:関係の概念:差異の体系:被制約性

→社会がいろいろと移り変わっても,原理的な部分で変わらないもの

→だから主体が社会や歴史をつくるという主張へのアンチテーゼ

=主体が主意主義的にやっているようにみえて,実は構造に支配されている.

それに対して,構造を不確実にゆらぐものとしてみるのが,ポスト構造主義.ただし,主体は脱中心化されたままで...

« どのように言うのかの実践 | トップページ | プラシーボ効果と体内時計 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 構造主義→ポスト構造主義:

« どのように言うのかの実践 | トップページ | プラシーボ効果と体内時計 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々