« あっ開き直った | トップページ | 議論がかみ合わないワケ »

2007年2月12日 (月)

哲学的

学者がみんなでスコットランドを旅行していた。
すると列車の窓から黒い羊が見えた。

天文学者 「これは驚いた。スコットランドの羊は黒いのか。」

物理学者 「いいや、正確には、スコットランドには黒い羊もいる、ということだ。」

数学者 「いやいや。厳密には、スコットランドには、少なくとも一匹の羊がいて、
     その羊の少なくとも片方の側面が黒い、ということだろ。」

哲学者 「羊とは何か? 黒いとはどういう状態か?
     そもそも、今、見ているこの現実は正しいのか?
     そのまえに、現実とは何か?正しいとは何か?
     などと考えている、私の考えはそもそも正しいのだろうか?」

いつもあさっての方向に転がり落ちて、ドツボにはまる。
でも、これこそが哲学だ。

おもしろい!

哲学的な何か,あと科学とか の中の こちらから

↑どうでもいいですが,このサイトのタイトル&バック,エバっぽい作りを狙ってるよね.

« あっ開き直った | トップページ | 議論がかみ合わないワケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哲学的:

« あっ開き直った | トップページ | 議論がかみ合わないワケ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々