« 2007年3月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年6月

2007年6月15日 (金)

第四者委員,発足!

年金受給額を上回るんじゃないでしょうか.この方たちがすべて,業務をボランティアでされるとは思えませんから,報酬は税金なんですよね...


無駄!

この「利権の構造」を何と名付ければいいでしょうか. ほとほと不思議です.
「本人の証言や家計簿、税務関係書類などから保険料納付の事実を認めるかどうかの基準作りや」って...なんで「本人の証言」や「家計簿」と「税務関係書類」を一緒にしてるのかしらん.
まず「税務関係書類」は文句なしに納付事実を証明するんではないでしょうか.それから「本人の証言」と「家計簿」に関する基準作りって本当に可能でしょうか.これは必然,個別対応にならざるを得ないでしょう.
各都道府県の出先機関も相談窓口...というよりも,かなり「説得窓口」の度合いが高くなると思います.だって,政府が設置するんですよ.「第三者委」と言っていいのか,そもそも.
「第三者委」を監視する「第四者委」が必要だと思います!

asahi.com:「消えた年金」判断の第三者委,300人規模に(2007年06月15日06時11分)
年金保険料を払った証拠が本人にも社会保険庁にもない場合に年金支給の是非を判断する第三者委員会について、政府は14日、総務省に設置する中核組織と地方の出先機関を合わせ計300人程度の規模にする方針を固めた。弁護士や社会保険労務士などの専門家を手厚く配置し、きめ細やかな対応を目指す。  

全体を統括する中核組織は、本人の証言や家計簿、税務関係書類などから保険料納付の事実を認めるかどうかの基準作りや、判断が困難な場合の認定などを行う。核となる10人のほか、ケース別に5人ずつのチームを五つ作り、計35人とする。  
全都道府県にある総務省の行政相談窓口に設置する出先機関にも、弁護士、税理士、企業の年金実務の担当者ら計5人をそれぞれ配置。人口の多い地域には複数の窓口を置くことも検討する。
 

2007年6月12日 (火)

介護とビジネス

そういえば,大きな髪型が素敵な良子たんが,
「介護」と「ビジネス」は似合わない.
「介護をなめるな!」と啖呵切ってましたが.

そんなこと言うてる間があったら
自分の高齢の親の介護をちゃんとしたらどうやの?
って思ってしまったのはワタシだけでしょうか.
良子たんが居なくても,テレビは困らへんと思うしね.

補助金狙いが悪いわけやないわな.
そんなん,どこの業界でもやってるし.

儲けはあかんとか言うて民間が参入するのか?
ボランティアしなさいっていうんかな?
そもそもの制度を変えへんとどうにもならんのちゃうの?

そうや.ボランティアやったら
社保庁の職員さんとか,やりはったら宜しいと思います.

髪型問題

折口氏が,釈明出演でテレビ局周りをした日,
その最終局面で「櫻井良子」と対談をしたが
二人に共通する大きな髪型は問題ではないだろうか.
(仲間には,デヴィ婦人)

ネコも杓子も小顔を目指すこのご時世に
なんともチャレンジングだ.

ワタミってやばくね?

何かやばくてオイシイねたを
掴んだとしか思えないんですが...


昨日,「ワタミ」が一括譲渡を...と書きましたが,
違ってました.一括譲渡を申し出ているのは,
ニチイ学館のようですな.

ワタミは利益率の高い「施設介護」のみ引き受けるのだそうです.
これって承認できるの?

あの社長,儲けを出す自信がありますって
テレビで息巻いてたけど...
そりゃそうだわ,あんた.

コムスン:事業譲渡問題 全事業、ニチイが引き受け名乗り GWG、介護完全撤退へ

訪問介護最大手、コムスンが介護事業の不正行為で厚生労働省から新規指定・更新を禁止された問題で、訪問介護2位のニチイ学館(東証1部上場)は11日、コムスンの事業の一括引き受けを申し入れる方針を固めた。一方、コムスンの親会社グッドウィル・グループ(GWG)は同日、介護事業から完全撤退する方針を固め、各事業の譲渡先選定の具体的な作業に入った。コムスンについてはニチイのほかにも受け入れに前向きな企業があり、複数社の争奪戦となる可能性もある。  ニチイ学館の寺田明彦会長は11日夜、毎日新聞の取材に対し、離島なども含めコムスンが全国で展開する事業を一括して引き受ける用意があることを明らかにした。GWGの折口雅博会長と近日中にもトップ会談し、申し入れる意向だ。コムスンのサービス利用者や従業員も全員引き受ける方針で、コムスン以外の介護事業の一括引き受けも「前向きに検討する」としている。
 ニチイ学館は、医療事務代行から介護事業に参入。現在は891拠点で、約6万2000人に訪問介護サービスを提供している。コムスンの事業を一括して引き受ければ、10万人を超える利用者を抱える業界で圧倒的なトップ企業となる。
 ◇株価急落と批判で決断--折口会長
 GWGの折口会長は8日の会見で、介護事業の継続に意欲を見せていた。しかし「福祉を食い物にした」との批判が強まっており、株価も急落していることから、完全撤退は避けられないと判断した模様だ。譲渡先を巡っては、他の介護大手も前向きな姿勢を示しているほか、居酒屋チェーンのワタミは老人ホームの一括引き受けに意欲をみせている。【宮島寛】
毎日新聞 2007年6月12日 東京朝刊

2007年6月10日 (日)

コムスン問題

朝から晩まで,出てましたね...


asahi.com:折口会長おわび攻勢 一転TV出演 コムスン不正問題(2007年6月10日)
(抜粋)コラムニストの天野祐吉さんはテレビ出演について、「同情や支持が集まってマイナス点が低く抑えられるとの読みがあるのだろう。作戦としては悪くない」と見る。ただ、その効果は「『いやなヤツ』と見当違いなことになっちゃうこともある。家庭の奥さん方が好感を持ったかどうかが評価の分かれ目」と話す。


いや,見事に逆効果なんじゃないかな,
かなり「おばけ度」高かったから,あの櫻井良子がフツーに見えたもん.

それから「ワタミ」が一括譲渡を狙ってるらしいっすよ.ひぇ...

横峯パパ出馬

なんで,「馬」なのか,よくわかりませんが
参院選の候補者が出揃ったようです.

横峯パパ,良いよな~.
でも自分の親父だったら,
かなりウザイと思うが.

プロレスラー枠(笑)について...
O仁田よりも高田さんのほうが
訴えることはたくさんあると思うんだけど.

« 2007年3月 | トップページ | 2007年8月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々