« 光母子殺害 | トップページ | クラスター爆弾 »

2007年9月21日 (金)

環境危機時計

リンク: 環境危機時計:世界平均14分進む 日本は9時34分-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ.

客観的な科学指標じゃなくて、数百人の専門家にアンケートし回答をもらうことで統計された数値みたい。専門家の意識の差が時間差に反映するようだ。

地域別の結果は、温暖化による影響度を反映した。最も危機意識が高いのがオセアニアの10時27分。島しょ国が点在し、温暖化による海水面上昇に伴って水没の恐れが指摘される。次いでアフリカの10時2分。20年までに7500万~2億2000万人が新たに水不足に陥ると予想される。逆に危機意識が希薄だったのは日本を除くアジアの9時10分で、情報が十分伝わっていないのが背景とみられる。

 日本の9時34分は、世界平均より「3分」、日本を除く海外平均9時28分より「6分」進んでいた。その分だけ、日本の専門家が環境への危機を深刻に受け止めているということだ。京都議定書が採択された97年以前は、日本の環境危機時計の針は海外に比べ43~75分も遅れていたが、最近では10分以内の差に収まっている。

まだ午前中ってか?

« 光母子殺害 | トップページ | クラスター爆弾 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境危機時計:

» 【 時計 】について最新のブログの口コミをまとめると [プレサーチ]
時計に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

« 光母子殺害 | トップページ | クラスター爆弾 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々