« 愛知通り魔殺傷事件 | トップページ | 量刑の目安を検索 »

2007年10月10日 (水)

英書盗作疑惑

リンク: asahi.com:英書盗作疑惑の大学教授、3カ月の出勤停止 九州大 - 社会.

九大によると、問題になったのはこの教授らが執筆し、02年に発行した「基礎音響学」。ケンブリッジ大の英書と内容や図版が似ていると学内から指摘されていた。また、教授はこの英書の8割をコピーして製本したものを140部作り、学生に1部1000円で購入させていたという。

 芸術工学研究院の教授会は今年6月、「盗作にあたると指摘されても否定しがたく、学生の信頼を失いかねない」と大学側に報告。教授はコピー本の作製は認めたが、盗作との指摘には「一般的な表現を引用しただけ」と反論していた。懲戒処分の通知を受け、「関係者に心労と迷惑をかけ、著作権に対する理解の甘さを後悔している」と大学側に謝罪したという。

あらら。今後も居座るつもりなんだ。

この「基礎音響学」ってどこから出版されてるのかしらん。自費?8割はいくらなんでもひどいけど多かれ少なかれあると思うぞ。「引用」なら引用とわかるようにしなきゃってことだな。そうすると、引用だらけになったってことだろうな。笑える。

« 愛知通り魔殺傷事件 | トップページ | 量刑の目安を検索 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英書盗作疑惑:

« 愛知通り魔殺傷事件 | トップページ | 量刑の目安を検索 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々