« 原爆症認定:原則無審査 | トップページ | 京都議定書目標達成計画の見直し »

2007年12月15日 (土)

米国の逆提案で混乱

リンク: 温暖化防止:米国の極端な逆提案で混乱 バリ会議 - 毎日jp(毎日新聞).

いや、十分予想されていた事態だと思うけど。それに日本がポチるのも。

【ヌサドゥア(インドネシア・バリ島)山田大輔】国連の「気候変動枠組み条約第13回締約国会議(温暖化防止バリ会議)」は13日夜、京都議定書後の温室効果ガスの新たな削減枠組みを話し合う行程表(バリ・ロードマップ)の決定書草案に反対する米国が、各国の自主的な削減努力に任せるとする極端な逆提案をした。数値目標の方向性を示したい欧州連合(EU)との溝は深く、会議の行方は混とんとしてきた。

 米国は、各国の削減行動を規定する項目を全面的に書き換える形で提案。先進国、途上国を区別せず、「効果的で計測できる排出行動を行う」として「削減」の言葉を削り、経済活動やエネルギー消費などのレベルに応じて各国が「それぞれの能力と責任に応じて」行動するとした。

 削減目標の設定のほか、EUが強く推奨している二酸化炭素(CO2)の排出権取引などの市場メカニズムの採用、日本が提案する業界別の削減活動(セクター別アプローチ)なども「国内計画として含むことが可能」と表現し、各国が独自に行う活動の一環だとした。日本も米提案に同調する発言をしたといい、日本政府代表団の一人は「米国抜きにロードマップはありえないから」と説明した。

 会議関係者は「条約や京都議定書ができる前の体制に、時計の針を15年間戻すような提案だ」と深刻な表情。各国は米提案に困惑しつつも、世界の20%以上の排出を占める米国を抜きにした新たな削減体制は効果がないため調整に苦慮している。

 世界自然保護基金(WWF)のハンス・ベロム気候変動ディレクターは「最終日直前になって、15年間の国際社会の努力を無にする提案をあえて行うというのは、バリ・ロードマップの議論を転覆させるようなもの。米国は温暖化との戦いから逃げようとしており、深刻な事態だ」と批判した。

« 原爆症認定:原則無審査 | トップページ | 京都議定書目標達成計画の見直し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の逆提案で混乱:

« 原爆症認定:原則無審査 | トップページ | 京都議定書目標達成計画の見直し »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々