« 高齢出産 | トップページ | 斎藤富美子さん »

2008年1月19日 (土)

HDDビデオカメラ

リンク: HDDビデオカメラ:シェア急増 テープ不要の手軽さ人気 - 毎日jp(毎日新聞).

おっいいかも。デジカメ買い替えようと思ってたけど、どうしようか。

本体に内蔵されたHDD(ハードディスク駆動装置)に直接録画できる家庭用ビデオカメラの販売が急増している。録画用のDVDやビデオテープがいらない手軽さが人気を集め、ビデオカメラ市場でのシェアは6割に達する勢いとなっている。40時間超の長時間録画が可能な機種も登場し、入学シーズンに向けた春の商戦の主役の座をさらいそうだ。

 ビデオカメラの録画方式には、内蔵HDDのほか▽DVD▽ビデオテープ▽メモリーカードなどがあるが、調査会社BCNによると、HDD型のシェア(台数ベース)が07年12月に56.4%となり、06年12月の36.5%から大幅に伸びた。29.1%だったDVD型は18.3%に減った。

 DVD1枚当たりの録画時間がおおむね1時間程度にとどまっているのに対し、HDDは数十時間の長時間録画が可能。撮影用に複数のDVDを持ち歩く必要もない点も受けている。

 ビデオカメラ各社も軸足をHDD内蔵型に移し、一斉に新モデルを発表した。業界最大手のソニーが2月20日に発売する「HDR-SR12」は、ハイビジョン映像が最大48時間撮影できる。

 松下電器産業は1月25日、高画質のフルハイビジョン映像対応のモデルとしては最小・最軽量の「HDC-HS9」を発売する。日本ビクターは20~30歳代の女性をターゲットに想定市場価格が7万円前後と低価格の「GZ-MG330」を投入した。【森山知実】

毎日新聞 2008年1月18日 21時19分 (最終更新時間 1月18日 21時34分)

« 高齢出産 | トップページ | 斎藤富美子さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HDDビデオカメラ:

« 高齢出産 | トップページ | 斎藤富美子さん »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々