« 乳がん検診 | トップページ | ファクスをパソコンで »

2008年1月14日 (月)

グリーン電力基金

リンク: グリーン電力基金:加入者の減少続き苦戦…理由は不明? - 毎日jp(毎日新聞).

うーん、電力会社主導で発足したというのがネックじゃない?

東京電力は、自分に傷があるってこと、まったく思わないのかね。

「両者で自然エネルギー事業を助成する仕組みだ。」って何だよ。原子力を段階的に廃止するという方向性なら協力しますよ。せめて柏崎を止めると決めてから言ってちょうだい。

約30億円の助成か。収支決算を見せてもらわなきゃな。

一般家庭などの電力利用者と電力会社が同じ金額を寄付して、太陽光や風力発電などの自然エネルギーの普及に役立てる「グリーン電力基金」が苦戦している。地球温暖化防止などの環境問題の重要性が増す中、手軽に自然エネルギー普及に参加できる仕組みとして期待されているが、04年から加入者の減少が続き、基金からの助成額も06年度に続き2年連続で前年実績を下回る見通しだ。

 グリーン電力基金は00年10月、電力会社主導で発足した。家庭など電力利用者が、毎月の電力料金に1口500円(関西電力は100円)を上乗せした額を各電力会社に支払い、電力会社も集まった金額と同額を積み立て、両者で自然エネルギー事業を助成する仕組みだ。

 昨年11月末時点の加入件数は全国10電力会社で3万4107。これまでに風力発電事業者、公共施設の太陽光発電、学校の環境教育用施設などに対し計約30億円を助成した。最近では、自然エネルギーを考える地域の拠点作りへの助成も増えている。

 ただ、加入者は03年度、助成額は05年度をピークに減少に歯止めがかからない。詳しい理由は不明だが、各電力会社や、補助金支払いなど実際の運営に当たる各地の地域振興財団は「加入者が定年退職で基金から脱退したり、引っ越しの際に再加入手続きをし忘れる例が多いのではないか」とみている。

 しかし、環境意識が高い人でないと続かないという面もありそうで、東京電力などは2月にも、加入者と脱退者計1500人を対象にアンケート調査を実施し、加入者の要望や脱退理由などの実態を調べる方針だ。【増田博樹】

毎日新聞 2008年1月13日 2時30分 (最終更新時間 1月13日 3時00分)

« 乳がん検診 | トップページ | ファクスをパソコンで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリーン電力基金:

» 太陽光発電 住宅の関連話題 [トレンド情報を追え!]
忙しいあなたのダイエットに『Bella』!【トレンド情報を追え!】にようこそ!今回紹介する流行のトレンド情報といえばこちらです♪太陽光発電計画マニュアル商品価格:3,465円レビュー平均:0.0市民共同で発電所づくりタウンニュース太陽光発電のほか、風力や水力を活用した..... [続きを読む]

« 乳がん検診 | トップページ | ファクスをパソコンで »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々