« 代理出産の試行 | トップページ | 難病ALS »

2008年2月 4日 (月)

網膜細胞作成

リンク: ES細胞:網膜細胞作成に高効率で成功…理研 - 毎日jp(毎日新聞).

ES細胞で試作して、iPS細胞で応用をする。なるほど。

あらゆる細胞になる能力を持つヒトの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)から、目の網膜細胞を高い効率で作り出すことに、理化学研究所などのグループが成功した。病気で失われた網膜細胞を体外で再生させて移植する再生医療の実現に、大きく近づく成果。今後は、できた細胞の機能を調べるとともに、京都大で開発され、拒絶反応の問題を回避できる「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」での応用を試みるという。

 3日付の米科学誌「ネイチャー・バイオテクノロジー」(電子版)に掲載される。

 光を感知する視細胞や、網膜に栄養を与える網膜色素上皮細胞が、20~30%の効率で作れた。マウスで05年に成功した際は未知の成分を含む牛の血清などを使ったが、今回は安全性に問題のない2~4種類の物質で成功させた。ヒトのES細胞の例は海外でわずかに報告されているが、数%の効率だった。

 日本に約3万人の患者がいる網膜色素変性症や、欧米で高齢者の失明原因の1位の加齢黄斑変性症は、視細胞が徐々に失われる病気で、有効な治療法はほとんど確立されていないという。動物実験で、胎児の視細胞を移植すれば機能が回復することは示されている。

 理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹グループディレクターは「今回の成果も含め、ES細胞からさまざまな細胞を作る研究は日本では主に理研が行っている。ES細胞と性質が同じiPS細胞に応用できるので、国内の研究機関に積極的に技術移転したい」と話している。【根本毅】

毎日新聞 2008年2月4日 3時00分

« 代理出産の試行 | トップページ | 難病ALS »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網膜細胞作成:

« 代理出産の試行 | トップページ | 難病ALS »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々