« ナノフォトニクスへの挑戦 | トップページ | 大人買い »

2008年3月 9日 (日)

科学技術と社会の相互作用

リンク: 科学技術と社会の相互作用 第1回シンポジウム ごあいさつ.

皆様の積極的なご参加をお待ちしてるんだったら、開催日は平日じゃないよな。

こちらによると

プログラムでは、これまで、ともすれば科学・技術の専門家と、行政や産業の専門家だけで進められてきた意志決定のありかたを顧みて、新たな意志決定の形を模索することも考えていく。

だって。ふーん。

初年度のプログラムは、もう採択されたみたい。

サイエンスコミュニケーションに関連するプログラムとしては、

「市民と専門家の熟議と協働のための手法とインタフェイス組織の開発」
平川秀幸(大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター 准教授)

みたいだね。

« ナノフォトニクスへの挑戦 | トップページ | 大人買い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科学技術と社会の相互作用:

« ナノフォトニクスへの挑戦 | トップページ | 大人買い »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々