« 排出権取引制度」の研究会 | トップページ | 静岡県が正式受け入れ »

2008年3月 1日 (土)

民間エコ臨調

リンク: 民間エコ臨調:独創的な温暖化政策を…設立計画を発表 - 毎日jp(毎日新聞).

いや、会議会議って開けばいいってもんじゃないよ。しかも国際会議でじょ。わざわざ呼ばずにさ、ネットですれば?その方がよっぽどエコじゃん。

あらま、こちらでは「ポスト京都議定書」って、またポスト使ってるよ。

日本発の独創的な温暖化政策を打ち出すべきだとして、国連環境計画(UNEP)の末吉竹二郎・金融イニシアチブ特別顧問らが29日、「環境改革国民推進協議会(民間エコ臨調)」の設立計画を発表した。早稲田大研究開発センターに設立準備室を置く。発起人を募って4月に設立、政策提言のほか、京都で毎年、世界の要人が集まる「ダボス会議」のような国際会議を開くことを目指す。

 末吉さんは「金融ビジネスの立場から見ると、国内の議論は遅れている。国際競争上不利になり始めている」と述べ、「排出権取引などを組み合わせた効果的な温室効果ガス削減策を作る議論の場を作りたい」と説明。京都での国際会議は「ポスト京都議定書」の13年以降も、京都の知名度を生かして日本の環境イメージを高める狙いだという。

毎日新聞 2008年2月29日 21時14分

« 排出権取引制度」の研究会 | トップページ | 静岡県が正式受け入れ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民間エコ臨調:

« 排出権取引制度」の研究会 | トップページ | 静岡県が正式受け入れ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々