« 温暖化閣僚対話 | トップページ | 日本の采配ねぇ... »

2008年3月17日 (月)

国際炭素取引

リンク: 国際炭素取引:東京都単独でも参加へ 石原知事が表明 - 毎日jp(毎日新聞).

なんか最近の石原、ポイントあげてきてるんだけど。いやだわ。

石原慎太郎・東京都知事は16日、温室効果ガスの排出量取引の世界市場創設を目指して発足した対話の場「国際炭素行動パートナーシップ」(ICAP)に、都単独でも参加する意向を示した。都内で開かれたシンポジウムで表明した。

 ICAPは企業などに排出量の上限を設定し、市場を通じて売買する方式の世界市場ルール作りに取り組んでいる。都は国に先駆けて、2010年度に排出量取引制度の導入を目指す。石原知事は参加について「国が入らなくても、東京都が独自で入れば国を引っ張り込むことができる」と述べた。

 ICAPは昨年10月、域内排出量取引を導入している欧州連合(EU)、米のニューヨーク州など9州、カナダの2州などが参加して発足した。【足立旬子】

毎日新聞 2008年3月16日 21時57分

« 温暖化閣僚対話 | トップページ | 日本の采配ねぇ... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際炭素取引:

« 温暖化閣僚対話 | トップページ | 日本の采配ねぇ... »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々