« ジャック・デリタ『マルクスの亡霊たち』 | トップページ | 本村健太郎弁護士 »

2008年6月29日 (日)

ブームだったかしら

リンク: ブームだったのに… 「バイオポスドク」に受難の季節 (1/3ページ) - MSN産経ニュース.

慎重に避けてるのか、そもそも、そんなこと考え付かないのかわからないけど。

バイオってブームだったかしら。研究業界だけの話じゃないですか。

まずもって、「遺伝子組み換え食品」が受け入れられていない現状で、ブームだったのにというのはどういう了見だろう?

研究→産業一般や消費への移行が上手くいかなかったのは、そこに大衆の「科学リテラシー」が足りないからだという言い分がされ、性急なる「教育」を唱えた研究者たちもいますが。

そもそも先達のバイオ企業が好き勝手に酷いことやってるのを、敏感な消費者たちが感じ取っていた一方で、関連研究者たちが鈍感にも許してきたわけで。

個人の消費動向が重要な研究にとっては、致命的だと思うよ。

« ジャック・デリタ『マルクスの亡霊たち』 | トップページ | 本村健太郎弁護士 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブームだったかしら:

« ジャック・デリタ『マルクスの亡霊たち』 | トップページ | 本村健太郎弁護士 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々