« 最終決着 | トップページ | サンディカリズム »

2008年6月20日 (金)

公立大0件

リンク: asahi.com(朝日新聞社):公立大0件、東大最多の10件 大学院の研究拠点採択 - 社会.

実績の上に実績を積んで新しい展望を出してきてるって、ホントかね?

文部科学省は18日、大学院の優れた教育研究拠点の形成を重点的に支援する「グローバルCOE(卓越した拠点)プログラム」の08年度の審査結果を発表した。315件の申請があり、国立大は21大学で55件、私立大は8大学13件が拠点として採択されたが、公立大は0件。大学別では東京大が最多の10件で、約15%を占めた。

 同プログラムは07年度に始まり、1件当たり平均で年2億6千万円が交付される大型事業。2年目となる今回は医学系▽数学・物理学・地球科学▽機械・土木・建築・その他工学▽社会科学▽学際・複合・新領域の5分野で審査が行われた。

 07年度に3件が採択された公立大からは24件の申請があったが、前身の「21世紀COEプログラム」(02~04年度に採択)の時代も含め、初めて採択が「0」となった。採択数では国立大が全体の約8割を占め、申請に対する採択率も26・1%と、私立大の16・3%を大きく上回った。

 審査に当たったグローバルCOEプログラム委員会の野依良治委員長は国立大の採択率が高いことについて、「選ばれたところは今までの実績の上に実績を積んで新しい展望を出してきているわけで、それなりの力強さがある。差別や区別はほとんどないと思う」と話した。(大西史晃)

« 最終決着 | トップページ | サンディカリズム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公立大0件:

» 地球科学のこと [WEBの情報缶!]
楽天から検索された商品ゼミナール地球科学入門¥ 2,310オススメ度:★★★★よくわかるプレート・テクトニクス 著者:宮下敦/横山一己出版社:日本評論社サイズ:単行本ページ数:216p発行年月:2006年09月この著者の新…地球科学の新展開(3)¥ 4,200マグマダイナミク...... [続きを読む]

« 最終決着 | トップページ | サンディカリズム »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々