« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

魚魚リンピック2008

リンク: 鳥羽水族館イベント情報「金銀どう?魚魚リンピック2008」.

オリンピックに興味ないけど、魚魚(トト)リンピックには興味あり。

この夏休み、鳥羽水族館ではオリンピック年にちなんで感動の魚魚リンピックを開催します。

「感動の」ってところがいいよなぁ。キャラクターもマジかわいいし。

こちらもNHK「お元気ですか 日本列島」情報。

オーケストラ席

リンク: グランシップ 音楽の広場.

円形に配置されたオーケストラ。真ん中に指揮者。さらに、オーケストラの奏者席に交じっていくつかの空席が。この空席は客席になるそうです。真横で素人さんに譜面を見られつつ演奏するんですって。

これは、作曲家・クセナキスが想定した演奏形態(指揮者を中心に98人の演奏家を円形に配置し、その間に観客が入って聴く)での、おそらく世界で初めての演奏です。

作曲家・クセナキスって誰?んでもって、この演奏形態で演奏されるのは、世界で初めてなのですな。クラシックも頑張ってます。

NHKの「お元気ですか 日本列島」からの情報。

うさぎ島へ

リンク: 青春18きっぷで行くうさぎと毒ガスの島「大久野島」(前編) - メレンゲが腐るほど恋したい.

やっぱり行かねばと思いました。かなりの人気blogのようです。こちらで紹介されていたので知りました。青春?18切符、夏の利用期間は9月10日迄。5回分あるから考えないと。

もひとつのblogでは、うさぎネタの時に不思議とランキングが上がります。うれしいうれしい。

関連:うさぎ島

鍵の話

本質は(これまでの経験から)判っていても、それが正解とは思われないように、思考が日々修正されてしまうような状況がある。

本質に到達するためには「鍵」が必要であり、そこをブレイクスルーすることは、経験知でわかる本質を見出すよりも、おそらく難しい。

雪印

雪印
昨日スーパーに行ったら、雪印のチーズが特売になってた。晩にNHKで、西宮冷蔵のドラマ仕立てのドキュメンタリーを観た。売れ残りを見越したスーパーの戦略かな。ヤルナァ、ライフも(・o・)ノ

2008年7月30日 (水)

かわいいですが

かわいいですが
騙されてはいけません。って酷いわ@NHK。
チベット高原でナキウサギが大量に繁殖してるそうです。放牧により草の丈が低くなり、オスとメスが出会う確率が高まったからという仮説が紹介されていた。「風」と「桶屋」の関係みたいに、日本の猛暑、豪雨に関係するそう。過剰放牧問題にはつっこまなかったな。

ウサギ目ナキウサギ科@ナキウサギふぁんくらぶ

ハマってます

ハマってます
同僚が職場に持ってきて、皆んなで美味しいなと言いながら食べた。ポテチって、めっちゃ久しぶり。

夏休みモード

夏休みモード
プール行ってスイカ食べて昼寝した。オーサカキング、暑そ〜(>_<)

アルマゲドン?

リンク: livedoor ニュース - NASA「核爆弾で小惑星を迎撃」計画に批判.

同氏はこの問題に関して、NASAは巨大な政治的圧力を受けて間違った声明を発表したのだと感じている。これは、宇宙に核兵器を持ち込むための不誠実な口実だったのだと。

ちなみに、『ディープインパクト』は、隕石。

ひと泳ぎ

ひと泳ぎ
してきた。この2〜3日、雷と豪雨のせいで激務だったので、今日は行く予定じゃなかったのだけど、明日が月末で休みなのを思い出して、慌てて行った。キッズらの水泳教室(^。^;)も、ご年配らの歩き方教室(-.-;)も終わっていて自由にレーンを使える。これはめっけもの。遅めの朝食を食べちゃったのでスイカ

2008年7月29日 (火)

前夜

すごいアクセスが来てます。すべては「崩壊前夜の狂騒」へ。すべてはハコフグマンさんのblogの人気(タイトルそのままでごめんなちゃい)。あと、若だんなさんのblogから飛んでこられてる。

いや、ワタクシ、27時間観ておりませんのでわかりませんが、でもイメージした限りで、観てる方がしんどそうや...って思っちゃうな。いたたまれないっていうか。

いや、これはむしろ愛情なのかも。

さんちゃんは地でやってる部分(サガ)も多少あると思うけど(東京~大阪間の新幹線で、知らん素人さん相手に3時間しゃべり続けた逸話あり)、タケシさんはそうじゃない気がするので最近バランス悪いよね。そんなことまで、やらされちゃうんだ~、ボク。こんな大御所になっても?って。三宅Pってどんだけ~?って。

ところで、前夜と言えば、思想系批評本。扉のコトバを書いておこう。全然関係ないけど。

破局前夜が新生前夜となる、

戦争前夜が解放前夜となる、

その希な望みを、私たちは棄てない。

NHKスペシャルだよね

リンク: NHKスペシャルの衝撃 ~企業広報が「覚悟」すべきディスコミュニケーション:NBonline(日経ビジネス オンライン).

先日「印僑パワー」というエントリーで感想書いたけど、このシリーズの第1回目を考察している記事。チラ観だけでちゃんと観てないのだけど、「あ~グローバル企業のマーケット拡大戦略だね」って思ったな。筋書きがわかりやすい。

激しく同意。特に3ページ目の次の部分。

番組はインドの成長する市場をレポートするものであり、その結果が及ぼす取材先企業の日本のマーケットにおける好感度にまで配慮するのは、テレビ局の責任を超えていると思います。

 広告と広報の違いのような基本的なことを、賢明な読者の皆様に今さら繰り返す愚を犯すのはいかがとも思いますが、あらためてそこに立ち返るべきだなと今回強く感じたので記させていただきます。

 「広告よりも広報の時代だ!」といった言葉をよく聞きます。企業がお金を払ってメディアに出す広告よりも、広報活動の結果報道されるほうが効果が高い、と。

 私も企業の広報戦略はもっともっと重視されるべきだと思います。しかし同時に、広報は劇薬でもあり、誤ったやり方をした場合、自分たちで内容を最終チェックできるテレビCMなどの広告と異なり、大きなマイナスになる可能性がある、ということあらためて強く認識すべきです。

科学コミュニケーションの方々はジャーナリズムを批判するんだけどさ、それは、お門違いと思いまする。(明確な誤りがある場合は訂正を求めるべきだろうけどね)

きふきふ詐欺

リンク: 韓国 大学や財団を対象にした詐欺事件? (大学プロデューサーズ・ノート 【早稲田塾】).

すんまそん。つまんないタイトルなのはわかってます

ガンオタ?

リンク: 機動戦士ガンダム:学術的に研究する「学会」発足 広島 - 毎日jp(毎日新聞).

実は、ガンダムって全然と言っていいほど観たことがありませんのですが、学会とは大胆ですねぇ。

気になるキーワードをピックアップ。「広島経済同友会、戦争で、成長する、未来学」

そう言えば、こういう話題もあったな。

7日から開かれた防衛省技術研究本部の研究発表会では、「ガンダムの実現に向けて」と題されたシステムが展示され、自衛隊員が陸上戦闘で装備する“未来”のシステムが紹介された。

都賀川氾濫2

リンク: 大雨:つかんだ手離れた 神戸の救助女児、濁流に友流され - 毎日jp(毎日新聞).

河川敷が近所の子供たちのよい遊び場なのですよ。

夏には毎年、ここで「灘チャレンジ」という神戸大学の学生が主体となった行事が執り行われる。

悲しいナァ。

続きを読む "都賀川氾濫2" »

都賀川氾濫

リンク: 大雨:神戸・都賀川が増水 子供3人と女性死亡 - 毎日jp(毎日新聞).

あの穏やかな都賀川が...

ご冥福をお祈りします。

続きを読む "都賀川氾濫" »

大学人件費

リンク: 大学人件費:05年度比6.8%減 目標超える削減ペース - 毎日jp(毎日新聞).

この記事、よくわかんないんだけど。

6.8%減っているなかで、非常勤職員への人件費が増えてるってことではなくて、常勤職員の代わりに、非常勤を雇ってるだけだよね。

結局は、-606億1000万円と、+1836億7000万円。じゃない?増えてない?企業だったら、ありえんことだな。

寄付金はあれだけど、競争的資金ってどっちにしても税金だしね。

ポスドク対策かな。そうだとすると十分すぎるな

すんません。大間違い。-606億1000万円と、+308億9000万円なんだね、なるほど。

でも、どうでしょう。事務職員の非常勤化って、そんなに憂うべきことかな。3年ごとに自動的に移動する事務方なら、非常勤化したって変わんないじゃんと思ったり。

ほんで、教職員の方も、自由に大学間を移動して知の交流をしてもいいような気が。

なんちって。いぢわる言いすぎですかね。

続きを読む "大学人件費" »

「みらい」って

リンク: 北極海:氷減少を「みらい」が調査へ 海洋研究開発機構 - 毎日jp(毎日新聞).

何でそんなネーミングなのかね。ついでに言えば、何で今頃行くんですかって気も。

関連ニュースでこちらが気になったよ。「将来見越し調査拡大」ってあるし、まさに「みらい」っぽいやん(アイロニックに読んでね)。

北極圏の大陸棚は、化石燃料が生成されやすい地質ながら、海面を覆う氷など厳しい条件のため、採掘は後回しにされてきた。

つまり、こういった副次的な目的があってこそだよね。いや、どっちが副次的なのかも微妙なところ、科学者としては歯がゆいやろな。

BSE:全76自治体以外

リンク: BSE:全76自治体が全頭検査継続 - 毎日jp(毎日新聞).

パーセントや数字でなくて、どの自治体がどういう回答をしたのかを、で、今住んでるところの肉はどうなのかを知りたいんだけど?

危険でないと考えるなら(いや、この書き方もニュアンスが伝わりにくいんだけど、別に挑発してるわけじゃなくてさ)、堂々と開示すればいいやんさ。

他電力会社からの融通って

リンク: 東京電力:塩原発電所に緊急使用許可 夏場の電力確保策 - 毎日jp(毎日新聞).

何?

塩原発電所の違法取水の問題は、こちらの2007年4月17日付に情報があった。河川法違反らしい。

続きを読む "他電力会社からの融通って" »

2008年7月28日 (月)

ポストコロニアルなアイデンティティ

リンク: ポストコロニアリズムのアイデンティティ概念の拡大.

でググってみて最初に出てきた、どなたか存じませんが、学士論文。

昨日の疑問には、3-3が少し役に立ちそう。

基地のある町

リンク: [2008.07.28] 基地に乗っ取られつつある沖縄の小さな町 | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログ.

東京新聞はいい記事を書いてきたと思う。購読してないけど、よく某MLなどでも取り上げられている。

全国紙じゃなくて地方のほうが反骨の記事が多いかな。

毎日とか大阪地方紙ってカンジもする。...これ、文脈からすると褒めコトバね。

異業種交流会

リンク: 大人のサイエンス・カフェ第7回 - 見た聞いた考えた=空想上の出来事=.

確かに。

印象論だけど、サイエンスカフェに参加しはじめた当初、名刺交換があまりにも、そこここで行われているので、ビックリした経験がある。

理系ってそういうんだなぁと素朴に思ったけど、昔懐かしき「異業種交流」の風景を見るようだったな、確かに。

ワタシも堂々と出せる名刺があれば、喜んで出しちゃうのかもしれないけど。

いや、ちょっと違うな。

iPS-朝日社説

リンク: 朝日社説 科学研究―第二第三の「iPS」を : asahi.com(朝日新聞社):社説# - finalventの日記.

ときどき読んでる、アルファブロガーfinalventさんの日記。

執筆子、こういう現場というか、こういう人々を知らないのだろうな。知っていたら、たぶんこうお暢気には書けないよ。

どういう意味なのか、気になるね。

崩壊前夜の狂騒

リンク: ハコフグマン: 崩壊前夜の狂騒.

24時間とか27時間とか、まだやってるんだね。やってることさえ、知らんかった。

最近見るのはNHKぐらいだな、ホント。

あと、地方制作のバラエティは見るかも。大阪のは面白いよ。

今の「なるトモ!」でも、山崎邦正(本村弁護士じゃないよ)がカミまくってるし、面白い。

2008年7月27日 (日)

印僑パワー

リンク: NHKスペシャル|インドの衝撃 第3回 “世界の頭脳” 印僑パワーを呼び戻せ.

いや、スゴイね。「インキョー」っていう音、そのうち慣れるかな。

コミュニケーションとか言うとる場合やないのかも、理工系。

...とか、ちょっと思った。いや、それは違うか?

先日来、読みすすめている『ディアスポラの力』のテーマと非常に絡んでくるので、いろいろと考えさせられる。残念ながら、まだぐちゃぐちゃ状態。

アメリカの企業で重要なポストにいる人物をヘッドハンティングするシーンが、あまりにもNHK的筋書き通りと思う。

「国家の発展に寄与することができますよ」「祖国のために」「母なるインドへ帰ってほしい」とヘッドハントのコトバは続くが、相手方の反応は見えないし、実際にヘッドハントが成功したのかどうかはわからない。これは話半分で見るべきと思う。

さて、上記の『ディアスポラの力』からの抜粋だけど。

今日、どのディアスポラが(文字どおりの意味で)特権的といえるだろうか。インド人ディアスポラが間違いなくその一つであろう(略)。この点は、主として、インド亜大陸出身者であるか、いまなおそこに居住しているおびただしい数の指導的な人文社会科学者に辿ることができるが、この事実は一方で、ポストコロニアルなアイデンティティと徹底した英語教育との稀にみる組み合わせと関係がある。「インド人」のポストコロニアル性と「西洋」の決定的な近代性との相互干渉という問題を理論上の中心的主題とすることに最も貢献した二人の人物、ホミ・バーバとガーヤットリー・スピヴァクが英語の教授であったことは偶然ではない。

ふむ。インドの偉大さって、やっぱり人文社会科学系だったよね。お釈迦様やガンジーって、どっちかというと、そうじゃん。

んで、このポスコロなアイデンティティというのがポイントと思うけど、そもそも理工系の人々に、その感覚や感情は備わっているのかな。いや、むしろ備わっているのかな。けっこう興味ある。

2008年7月26日 (土)

物理学で未解明

リンク: livedoor ニュース - 「水よりお湯の方が早く凍る!」 「ためしてガッテン」実験は本当か.

だから何さ?って思うんだけど、どうですかね。

このムベンバムペンバ効果に限らず、物理学で未解明なのって膨大にあるじゃん。

北大低温科学研究所の前野名誉教授が監修済だってさ。

【追記】もりあがってるのはこちら ※こちらで教えていただきました。

コメントの中に、よくおじゃまするblogの方がコメントされてました。こちらに大変詳しい考察を載せている。読んでなかった...失礼いたしました。

まだまだ水ってわからないことだらけなんだね~

久々(BlogPet)

きょう、なぎと理解したかったみたい。
それで久々左右ー!
だけど、水泳したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「うさぴ」が書きました。

2008年7月25日 (金)

天神祭や〜

天神祭や〜

マックベーカリー

マックベーカリー
かわいいので、思わず激写

久々のマック

久々のマック
アイスコーヒーとシャカシャカチキンのセットで150円。安過ぎでびっくりした。

fight or flight

リンク: 出生時の体重は子どもの将来の健康を左右する(健康と医学全般) / 科学ニュースあらかると - 出生時低体重と将来の疾患の関連性.

出世時低体重の子は、

同年齢の女の子達では「fight or flight:闘争・逃走」反応というものが、体重がより重かった子ども達とは異なっていた

そうです。

fight or flight/闘争・逃走反応。訳語もキマッテル。

行政相手訴訟

リンク: asahi.com:坂井優さん(行政相手訴訟に取り組む弁護士)-マイタウン熊本.

骨太な方。

大企業だとか行政の都合を優先して問題解決を図ろうとしている。それでは根本的な問題解決にならない

そのとおりだな。

ひと泳ぎ

ひと泳ぎ
してきた。残りモノの鰻で雑炊。早めに行けばキッズは居ないだろうと思ったら、お年寄りの集団に占領されていた。皆さん、歩いてばかりで泳ぎません。

おーサウジだ

リンク: 恐るべし、KAUST - 独り言つ.

オイルマネーったら、こんなところに流れるんだね。

大学の息の根

リンク: 5号館のつぶやき : 青くなっている大学の最後の息の根を止める.

あーほんとうに、酷い話だな。

 政府としては毎年1%ずつ削減していけば、数年で根を上げた大学が統合や縮小などをすると見ていたのかもしれませんが、各大学は意外とがんばって持ちこたえていることを見て、業を煮やして荒療治に乗り出したと考えることもできます。

笑うところじゃないんだけど、ちょっと笑っちゃったよ。もう。

2008年7月24日 (木)

皮肉じゃね?

リンク: なぎのねどこ: 期待2#comments#comments.

新聞社の親切だったらビックリ。

明らかに、「期待しすぎないで」というタイトルは、iPSの広報的にプラスに働いてないって思う。思ってますよね、若だんなさんも。※っていうか、新聞社は京大の広報部じゃなかったよ。

正直、甘っちょろいエクスキューズだなって思いましたよ。

それは、ワタシが年をとって、ひねくれてしまったからなのか。

白川さんがノーベル賞をとった頃とは、日本の研究業界が遠く離れてしまったからなのか。

私の歩んだ道 白川英樹著@bk1

ふーむ。宮田清蔵って誰さ?

通信簿もらった

流行ってるようなので、やってみました。

Tushinbo_img_2

それにしても、ブログ年齢が10歳とは...

もうひとつのブログも、ようやく29歳。まだまだ若すぎるよ。

Voicecafe_tushinbo_img_2

やっぱり書いてることが、若造なのかな。

サウード家のアラブ

リンク: 【報告】UTCPイスラーム理解講座第6回 「サウジアラビア王国の国家と宗教」 | UTCP Blog | From UTCP | University of Tokyo Center for Philosophy.

へぇ、面白い。原油国のイメージしかないな。オイルマネーの源泉ってカンジ。原発同様、中東石油はもういいけど、これからは文化的に交流するかな?

※分散型エネルギー供給システム:燃料電池やマイクロガスタービンを利用した自家発電用小型分散型発電機とそれの廃熱を利用した温水器・冷房機を組み合わせた、工場・ビル・家庭用の新しい高効率な電気・熱/冷熱同時供給システム。従来の大型発電所+長距離送電網とガス配給による温水器等の組み合わせよりも、全体の燃料使用と半減する可能性がある。このシステムの燃料はほとんどの場合に天然ガス。ただし、パイプラインが必要。

フランスの原発

リンク: フランスの原発 - おこじょの日記.

また事故ったんだって。

ひと泳ぎ

ひと泳ぎ
してきた。キッズらの水泳教室が拡大されていた。水温が高い。8月いっぱい続くみたい。

「生命の倫理」か「生命の優越」か

そっか、医療技術の革新は、世界戦争を追い風にしてきたんだったよな~。

iPS細胞がガン化するって話よりも、さまざまな臓器が代替可能になるってことのほうが、実質的に、人間ステイタス的に怖いことかも。以前にも書いたけど、攻殻機動隊の世界に近づくんだね、素子ひゃん。

続きを読む "「生命の倫理」か「生命の優越」か" »

期待2

リンク: なぎのねどこ: 期待.

昨日エントリーした「期待」にいくつか応答があったので紹介しときます。と、その前に、昨日のエントリーに「期待しないでなどと広報する話なのか」と書いたけど、「期待しないで」ではなくて「期待しすぎないで」だったので、頭の中を訂正しておきました。

でも、この「期待しすぎないで」ってかなり難しい要求。人によって、どこからが「しすぎ」なのか判断が分かれると思うし、概ね「しすぎ」になる方々というのは、現時点での当事者(iPSに関しては難病を抱えている人々)になるのだろうし。

と、雑感だが。

タイトルのつけ方に恣意性が見える例:京大iPS細胞の広報@若だんなの新宿通信

という記事で、結論から言うと、どこにも「期待しないで」とは書いていない。

失礼いたしました。「期待しないで」ではなく「期待しすぎないで」ですね。「患者らの過剰な期待や誤解を解消」って話ね。

なるほど。タイトルに恣意性か。「科学」発信と「医療と介護」発信で違っていることにビックリ。タイトルは編集がつけるんだよね。

んで、ここからはワタシの妄想なんだけど。

科学の編集部は「釣ろう」と思ってタイトルを練ったというよりも、むしろ「期待しすぎの人が多くて困ってるんですよ」とか京大広報がポロッと本音を漏らしたのを、「科学」発信ではそのまま拝借したのかなと思う。まっ実際、釣られたんですが、つまり情報操作っていうよりも、そのまんまってこと。

んで、なぜ「科学」だけがこのタイトルを採用したかっていうと、それが研究現場(臨床現場ではない)の環境として最も優れているからだろう。外部が期待しすぎないで待っていてくれるってことって、フツーに考えても居心地がいい。

一方、「実現まだ先」をタイトルにした「医療・介護」。こちらは臨床現場で、そんなことは言っておられない。「期待しすぎる」人にとっては、いつ頃を目処にしてるのかが最も知りたいと思うんだけど、「生きてるうちには無理ですな」っていう現実を自ら悟れってことなら、意外と厳しい話だ。

次に。

【閑話休題】続・「期待しすぎないで」と発信する広報は成功するか@Science and Communication

がん化の可能性がどこまで低減できれば医療に応用しても許容されるか,といったリスクコミュニケーションさえもできていないんですけど.

たぶん考え方が違うのだけど。ワタシが思うに、患者の一人一人にガン化の可能性をしっかり説明でき了承を得られれば、少なくとも世間や社会の許容などは必要ないと思う。

という風に思う「ファン層」を確保しておくべきだと思う。

2008年7月23日 (水)

團藤重光さん

リンク: 團藤重光さんから鳩山法相にあてたメッセージ - 保坂展人のどこどこ日記.

団藤重光元最高裁判事は、現在の刑事訴訟法を起草した経験を持ち、波崎事件で法廷で「人殺し」という声を浴びたことがきっかけで、死刑廃止に向ったと言われている

この要約、「人殺し」という声を浴びたことがきっかけって、ちょっと簡単すぎない?

死刑反対の理由は、裁く側の可謬性と裁かれる側の主体性。目新しくない。もちろん、目新しければいいって話じゃないけど、今日性のある問いは、裁く側でも裁かれる側でもない被害者から出ているのだから。

この人、ポパーと友達だって。んで、

日本国憲法の下で死刑が合憲とされた最高裁判例は、戦争犯罪者に死刑を宣告する極東軍事裁判がまだ進行している昭和23年に、苦渋の元で下されたものでありました。

ふーむ、なるほど。極東軍事裁判っすか。

口止め料

リンク: グッドウィル、買収先に口止め料10億円…国税「所得隠し」 - 速報 ニュース:@nifty.

昨日、『サンキュー・スモーキング』を観た話を書いたけど、このニュース速報を読んで、印象的なシーンを思い出した。思い出したので書いとく。

長年たばこ業界のCMに出ていた俳優が癌?を患って、芸能生命もホントの生命も危うい状況になっている。経済的に十分な医療も受けられない。そこで、たばこ業界を相手取り訴訟(※)を起こそうと考えている。俳優の言い分は、身体に害がないと信じ込まされ、カッコいい男の象徴として煙草を吸い続けた結果がこれだ、だ。(※)訴訟じゃなくて単にこれをネタにした芸能界復帰だったかもしれない。

そこに業界の広報マンである主人公の登場。アタッシュケースに口止め料としての札束を詰めている。しかし、まずは感謝と賞賛とお見舞いのコトバから。「長年、たばこ業界のためにありがとうございます。時代のヒーローである貴方へ、われわれの、ささやかな気持ちです。お受け取りを」(※)セリフは忘れたけど、こんなカンジで入り込む

猟銃を手に強張っていた俳優の顔が一気にほころぶ。長らく忘れていた人気俳優としてのプライドが甦る。

それを見届けた広報マンは突如変貌。「その代わり、お金を受け取るなら訴訟はあきらめてくださいネ♪ 」「お金か訴訟かどちらか一方ですよ。両方なんて都合良すぎません?」

俳優、床に崩れ落ちる。

...というシーンを、このニュース記事から思い出したのだ。

関係者によると、クリスタル創業者は同業者への売却の意思はなく、ファンドを実質的に支配していたのがGWGと知って激怒。さらに保有していたクリスタル株式90%の同ファンドへの売却額は約500億円で、同ファンドが巨額の利益を得たことがわかったため、GWGへの不信感を強めていたという。

うん、でも結局30億円もの「退職慰労金」を受け取って身売りしたんだよね。で、それが多すぎるとして、うち10億円を口止め料と認定されちゃったって話だね。

和解し、経緯を口外しないよう契約を交わしたとされる

わけだけど、出てきちゃったんだねぇ。いや、別にもちろん、グッドウィルの肩を持つわけじゃなくて、なんというか、口止め料ってもはや映画のようには機能しないんじゃないかってことを思った。

例外として、「守秘義務」とかいう変な縛りのある公務員の場合、微妙な連想だけど、天下り官僚への多額の退職金って、ある種の口止め料的意味合いがあるんじゃないか。逆に言うと、この退職金制度を無くしたら、かなりの程度、さまざまなことが整備されるんじゃないか。

2008年7月22日 (火)

宇宙創成?

リンク: アマチュアサイエンティスト: 公開講演:電子コライダーが解く宇宙創成のパズル.

先日行ったサイエンスカフェと同じ日にあったんだな。面白そうだ。講演会ではあるけれど、こういうのが聴きたかったんだよな。

リニアコライダー計画っちゅうのがあるみたいだ。四つの力が出てくる。

「延々と早口で(村山さんのこと)我々の住んでいる地球のような恒星、星団が集まって銀河系を成している、その銀河系が集団を銀河団といい、それらがの分布が網の目状の宇宙の大規模構造を形成しているうんぬんかぬんとしゃべり出す、そこまではわかった。しかし、実はそれは全体の4%で、あとはまだなんだかわからない、言うに事欠いて、ダークマターだ、ダークエネルギーだって何事か、(人をおちょくっとのんのかい)」

という弁にはアマサイも大賛成(^^;)。

そんなスターウォーズに出てくるキャラクタの名前つけんと、わかんないことは、すいません、まだわかんないんです、と言えないのか。馬鹿者。
( ̄▽ ̄;)。

ワタシも大賛成。

宇宙創成は無理(無駄)だと思うし。

期待

リンク: 期待して/期待しすぎないで - みずもり亭日誌2.0.

先日、TSUTAYA半額で『サンキュー・スモーキング』を観たけど、あれも一種のプロモーションか。

事実は映画よりも相当ひどい話なのだろうけど、弁護人を置くのは人権のひとつなのだし(法人格も人権)と思う。

同時期に『サウスバウンド』も観たせいか、「親父の生き方」的観点に関心が行った。世間の非難を浴びる親父に対して、最初はイヤに思いながら、次第に愛着が芽生えてくる息子の変化。

...と、リンクした話と、まったく関係がなかったな。修正。

問題は前者だ。「期待しすぎないで」と発信しつつ、少なくない研究費を使うことについて納税者を説得しなければならない。成功の前例はあるのだろうか。

これね。予想以上に問い合わせが多いから、その電話対応をする専属スタッフを置けばいいって話なんじゃないですか。現場での現実的な話だと思う。

「期待してます」「頑張ってください」というエールに対して、「はい、頑張ります」「だけど、今日や明日。はたまた1年後に必ずという話ではないです」といちいち答えていけばいいだけの話であって、「期待しないで」などど広報する話なのか?

ただ科学業界全体としては、そのように持っていきたいのだと思うな。つまり、あまり期待してほしくはないけど、予算はほしいって話だ。

科学の99%は仮説だから?技術として一般に広まって、不具合や障害が発生したとしても、それは発生するまで知りえなかったことだから?あるいは結局無駄に終わってもやることに意義がある?

比較的印象のよいiPS細胞が前例になれば、もう、やりたい放題になってしまうよな。

せめて、「頑張ります」という姿勢がほしいね。大きな予算とるなら。

元リンクはこちら

【追記】つくづく考えてみたけど、やっぱりコールセンターか何かに依頼すればいいんじゃないかな~。せっかく期待交じりの意見を届けてくれる「将来の消費者」を、みすみすと逃すというのは信じられない。

【追記】つまり「期待しないで」と広報することは、先手を打ってそういった有り難い意見を封鎖することにつながると思う。それとも研究者にとって一般(他者)の意見は有り難くないのかな。

違和感なくして

リンク: 違和感なくして成長なし 「ジャストフィット感覚」を目指せ - ワークスタイル - nikkei BPnet.

さすがにベストセラー作家。著作を買ったことはないけど、たしか書店で立ち読みして、するする読めるカンジだった。読めた。

今回のお題は、「違和感」。庶民の味方であるらしい。一気に正解(最も最適と思われるもの)に辿り着く「直感」はもち得ないけど、「違和感」を重ねていくことで、庶民も正解に近づくという主張。

んな割には、一流のポスター画家やご自身の経験を例に出しているけど、まぁいいか。

商品開発のマーケティングとかで、モニターにアイデア出させるとかあるけど、あれって勘違い甚だしいね。

モニターは意見や文句を言うために存在するのであって、モニターにアイデアを要求されても困るよね。

男く祭記念文集

リンク: 第28回男く祭記念文集 - 目次.

さっきの本村弁護士の文集なんだけど、目次を見てみたら、知ってる名前がちらほら。

超有名進学校なんだね。

鳥越俊太郎さんとか、現在は理研の上田さんとか、ソフトバンク孫さんの弟さんとか。

この高校、ホリエモンの出身校でもあるみたい。

本村健太郎弁護士2

リンク: 第28回男く祭記念文集 - 【弁護士日記から】.

出身高校の記念文集への寄稿のようです。

昨日のお昼の番組に出てるのを見た。

弁護士活動やってるんですか?って、またツッコまれてた。

で、「やってますよ~。友達に犯罪者が多いんで」って答えてた。

とても、いい。

友達を犯罪者呼ばわりしてるんじゃなくて、犯罪者を友達呼ばわりしてるんだから。

ワタシ的に本村弁護士って注目株だ。話はそんな面白くないけど(爆)

メタ議論?

リンク: 2008-07-21 - KASOKEN satellite#p1.

ふーん、そうなんだ。

でも、応えてくれてありがとね。いい人。

辺境じゃないから、みんながツッコむわけなので、怒らないでくださいね。有名人にお返事いただけるのもblogの良いところ。ほんと申し訳ない。

メタ議論がキライなのはよくわかりました。「まずは動け」という主義もよくわかります。

つまり(これも揚げ足になるかな?)、「行動すべき立場の人」って誰でしょう。少なくともワタシじゃないのかも。

ただ、ワタシはライターの定義について、kasokenさんが書かれた「ライター(伝える立場の人)」について、一言述べたかっただけでした。

kasokenさんが、「ライター(伝える立場の人)」のくせに、ちゃんと科学者の意図を読み取って伝えず、科学者を怒らせたのは、科学者の出来じゃなくてライターの出来が悪いからだ!(要約)と書いたことについて、一言述べたかっただけでした。

んじゃ、また~

2008年7月21日 (月)

コトバの定義

リンク: 2008-07-20 - KASOKEN satellite.

好きでないのかもしれないけど、とりあえず思うところを述べてほしい。こういう議論になったときは、定義しつづけないと、話がすすまないし、混迷してしまう。

定義も変わりうるわけで、各人が思っている定義は違うわけで。KASOKENさんの定義をありがたく受け取るなんてことはしませんので。

その他については、納得できる話。

ライターと批評家が個人の中で融合しているというのは、よく見られる現象。それが「媒体」によるのかどうかは別にして。

※今から出るので簡単ですんません。

2008年7月20日 (日)

四つの力

リンク: 基本相互作用 - Wikipedia.

自然界の四つの力:重力、電磁気の相互作用、強い相互作用、弱い相互作用。

知恵蔵の解説はこちら。あーこちらもわかりやすい。けど、素粒子に重力は働かないんじゃないの???

それからこちら。知の統合プロジェクトだって。

うーん、「大雑把に言うとミクロなスケールでは電磁気力が、大きなスケールでは重力が効いてきます」ってことで、全く働かないわけじゃないのか。

んでも、やっぱり、強い力を弱い力が制御しているという意味がわかんないんだけど。

あっ、こちらに物理学の簡潔な定義があった。

現代物理学が,「自然界に存在する4つの力(核力,ベ-タ-崩壊,重力,電磁気力)の相互作用を究明しようとする学問領域である」と定義づけられる

核力=強い相互作用=原子核がお互いに引き合う力で、ベータ崩壊=弱い相互作用=原子の崩壊を引き起こす力だ。

それから余談だけど、スプリング8は電子を加速させてフォトンを出すので、電磁気力なんだと。ふむ。

物理学@wikipedia

【TSUTAYA】3作品

すべて半額。準新作&旧作品。

・素粒子

・Rain

・バブルへGO!

2008年7月19日 (土)

ライターさん

リンク: 【閑話休題】「科学と社会の橋渡しとしてのコミュニケーション」以前に:Science and Communication:So-net blog.

kasokenさん、前半と【追記】で趣旨が変わってしまったような気もするんですが。

「ライターさん(伝える役割の人)」って出てくるのも唐突のような気もするし。

ただ、ライターさんっていろいろあると思うんですよね。例えば批評家とか。一定の信念を持って、その信念のレンズから見たものを伝えるやり方のライターさんもいると思う。

商業系のライターさんはもちろん違うだろうけど。

んで、K_Tachibanaさんの、「個人でやる場合はシチュエーションが違う」というのも、そこまでは言えないと思う。個人でだって、個人的に好きな人を紹介します!ってやり方があるだろうし。ワタシの目指すのは。

「飲み会じゃね?」「そう、その通り!」

蕎麦屋のおじいちゃんとピースボート

リンク: 国境なき船旅『ピースボート』 | greenz.jp グリーンズ.

自宅の向かいにある蕎麦屋の、出前担当のおじいちゃん。

出来立て、熱々の蕎麦や饂飩をただお盆に載せて、それをひょいと肩にかついで、なんと自転車で配達している。ひと昔前の漫画を見てるような気分だ。

颯爽と走る姿にいつも見とれてしまう。正面衝突して「バカヤロー」とか叫ばない。そんな頓馬な失敗はしない。

愛すべき、かっこいいおじいちゃんが、先日待ち時間の間に、店の横に貼ってあったピースボートのポスターに見入っていた。

世界一周、行きたいよね。まだまだ、遣り残したことがあるよね。

サラーム・シャラーム

イギリス・ブリストルのコミュニティラジオ。

イスラムとユダヤのコミュニティが共同で運営している、世界で唯一の語り合いの場。

先日NHK・BSで紹介されていた。

名前は、アラビア語とヘブライ語で、平和を意味する。

夜中にぼくは台所で

リンク: 夜中にぼくは台所で、詩人に話しかけられたのだった.

佐野洋子・谷川俊太郎でググってみつけたサイト。

佐野さんは一人で老いているのだった。いつ離婚しちゃったんだろう。

役にたたない

リンク: Amazon.co.jp: 役にたたない日々: 佐野 洋子: 本.

BS2の週刊ブックレビューで紹介されていた。

かっこいい老後、美しく老いることを喧伝する風潮に、厳しい現実をつきつける。

あまりにも赤裸々に、しかしあっけらかんと描かれる日常。しかし達観してしまうと面白い日常なのだ。

コメンテーターの一人が言った「シャイネス」の意味がストンと胸に落ちる。シャイネス-人間がそもそも持っている恥-。

佐野洋子に照れはないが、シャイネスを知っているのだと。

ジタバタと老いることも面白いかもしれない。

モリくんの髪

リンク: スミルノフ教授公式ウェッブサイト | モリくんの帽子.

大爆笑。

伸びるの早い!スミルノフ教授の仮説に一票です。おヒゲでも朝剃って夕方真っ黒な方、居ますもん。

2008年7月18日 (金)

ぽ~にょぽにょ

リンク: isologue - by 磯崎哲也事務所: ぽにょ.

ついに明日から公開。

iTuneでダウンロード出来るんだって♪

ぽにょに似ている同僚がいる。まんまるお腹も。

野茂引退

リンク: WEB2.0(っていうんですか?)ITベンチャーの社長のブログ:野茂とFirefox.

野茂ってかっこいい。すごい好き。何でだろう。

スター性はないし、いぶし銀をいうのでもなし。先駆者だから魅力的かといえば、そんなわけはない。

去り際のコトバが野茂らしい。この去り際のコトバが、とってとっても素敵。

「僕の場合は悔いが残る」

そっか。悔いる男って、ジンとくるんだな。

『創造と環境』

リンク: 『創造と環境』.

西尾忠久さんのblog。クリエイティブ系はてなっていうのがあるんですね。こちらから情報ゲット。

休日出勤

朝6時半に留守録が2回。職場からの緊急呼び出し。

本日体調不良で休んだ人がいるんで代わりに出勤できないかという依頼だったみたい。全然気づかなかった。だって目覚めたのが10時なんだもの。

別の人が出勤したけど、遅番まで居れないので、途中でタッチ交代してというメールが。

そんなわけで、サイエンスカフェかロスジェネ・シンポかと迷っていたけど、出勤することにした。

休日出勤は時給が25%増しなんだもの。

ひと泳ぎ

ひと泳ぎ
してきた。今から昼食

ノンキャリヤ外交官

リンク: 読書ノート2:ノンキャリヤ外交官が日本を救った - livedoor Blog(ブログ).

このドラマ観たな。高嶋政伸が演じてたので、どうも緊張感とかシリアスさが損なわれてたんだけど。

上が現場の話を聞かないっていうのは、どこでもあることだけど、国家レベルの話だしな。難しい。

大局的にはどうだったのか。

マネっ子うさぴ

うさぴに物マネされちゃったよ。

なるほど、そっか。ひとつ前のエントリーが参照されるんだな。これから意識してみる。

てか、今回、「うぎゃ」がマネできなかったのか?うさぴは。

この辺が、機械と人間との違いかな。

コレクター

さっきBS1で「日本コレクション奇憚」を観た。「知るを楽しむ 歴史に好奇心」の新シリーズ。第一回目の本日はジャパンマネーから始まった絵画ブームというテーマ。

金余りの時代に、投機的に絵画を集めまくった日本人。短期に利益を最大に上げる美術品は、陶磁器でもガラスでもなく、絵画だ。

名画より、ルノワール、ゴッホ、モジリアーニなど日本人に人気のある絵を買い上げ、売りまくった。

その中心人物たちを、司会者はコレクターと紹介し、解説者(美術評論家)はコレクターではないと評する。

解説者の主張は、真のコレクターとは、私欲を捨て、収集品を一般に公開する者のことだと。

例に出されたのは大原孫三郎。コレクターっていうより、企業メセナの祖って言ったほうがワタシ的にはしっくりきていたのだけど。以下の記事を読むと、どうも自己資金でやってたみたい。

先人の風景 大原孫三郎(倉敷市) 企業メセナの祖@山陽新聞社ホームページ

畳屋町筋(BlogPet)

なぎの「畳屋町筋」のまねしてかいてみるね

大阪心斎橋の麺ロード?
しばらく麺類を封印してたんですが、また無性に食べたくなり...

*このエントリは、ブログペットの「うさぴ」が書きました。

2008年7月17日 (木)

畳屋町筋

大阪心斎橋の麺ロード。

しばらく麺類を封印してたんですが、また無性に食べたくなりました。うぎゃ。困るなぁ、魔法のレストラン。

チューネン圏モデル

リンク: 「地理学」の足跡.

ちょっとニヤけてる関西人やっちゅうねん。

チューネン圏モデル:大都市からの距離により栽培される農作物が規定され,その要因として,距離・費用・地代などが関わっていることを指摘

孤立国:現場を考察し「限界地代曲線」により,市場と地代,そして距離の関係を用いて理論的に実証している。そして,「特殊性」ではなく「一般法則性」があることを指摘

自然条件を考慮しない均等・均質な仮想的な空間。机上の理論的概念。こちらで言及されていて初めて知った。シカゴ学派に影響を及ぼしているのかな。てか、ヴェーバーがまた出てくる。

2008年7月16日 (水)

ディオニュソス的

リンク: ディオニュソスの労働 - 池田信夫 blog.

ところで、ディオニュソスは神々の中で、唯一、人間を親にもつ。ローマ神話ではバッカス。

人類創世からの絶望的な繰り返しを、それでも受容していく労働。

cloud computingの話も参考になります。

記念樹事件

リンク: 記念樹事件 - Wikipedia.

懐かしい曲をYouTUBEで聴きながら、ネットサーフィンしてて見つけた。

そっか。そうだった。この作詞、N.S.P.の天野さんだった。小林vs服部の戦いに巻き込まれちゃったんだね。お気の毒。

この曲、公の場では歌えなくなったんだね。もちろん自分たちで歌ったのをネット上にアップロードするときも同様だって。許諾を取らなきゃいけないんだけど、作詞の天野さんは亡くなってるしね。卒業式で歌った子供たち、どう感じてるのかな。

今、マッキーvs松本零児がバトルってるけど、何だかこういうのって不毛。

ひと泳ぎ

ひと泳ぎ
してきた。これから朝食(^_^;)

2万超え

いつの間にやら超えていた。驚くような話ではないけど、ここ数ヶ月、急にペースが早くなった。理由はもちろんこちらで時々ご紹介いただくようになってから。

ほんとうに「ねどこ」で書いているので、たまに「ねごと」になっている。

これからもよろしく。

輸出されるリンゴ

リンク: 輸出のための輸出には意味が無い:農業 若だんなの新宿通信.

参考になります。ヨーロッパとの味覚の違い、面白い。

大阪の仲卸アカンな~。おそらく

「そんなもん、分かりまへんな」

とか、のらりくらりと答えたんちゃうやろか。商売人。

遠からずな話題で、今日(日付的には昨日)の全漁ストはどうやろな。勇ましいおばちゃんがシュプレヒコールしてたけど、「お助けください」って言うてたし。

漁業は原始的で博打的だから工夫のしようがないかなぁ。

2008年7月15日 (火)

パワーポイントっ

リンク: パワーポイントって何? - 猫を償うに猫をもってせよ.

パワポを知らないなんて、さすがに猫猫先生。

たしかに無駄に枚数だけ多いパワポはうんざり。

でも文系では少ないしねと流していたら、レジュメに関する苦言が...。耳が痛い。

要約って難しいよ。揚げ足取られかねないし。でも揚げ足を取ったり取られたりで、コミュニケーションは深まるのかも。

そんなのイヤかな?

2008年7月14日 (月)

財団法人 放影研

リンク: [2008.07.14] 放射線影響研究所という名の財団法人 | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログ.

ほんと、酷いヤツらだな。

ニュースが多い

リンク: 科学政策ニュースクリップ

こういった事件って、増えたのか、以前からあって隠されていたのか。

2008年7月13日 (日)

意外と

リンク: 調査・研究 [農水省]地域づくりにとりくむNPO法人の財務の実態.

事業収入が73%を占めてるんだな。ふ~ん。

ウサギ税、はんたい

リンク: [977]ウサギ税 : 常識ぽてち~2006~

北朝鮮がやってるらしい。はんた~い。.

http://hamarie.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_7508.html

7-2作品

恒例、TSUTAYAの半額。1ヶ月前に観てた分。「大日本人」と「自虐の詩」は時間切れで観れなかった...

続きを読む "7-2作品" »

2008年7月12日 (土)

「われわれ」かぁ

戦争責任と「われわれ」―「「歴史主体」論争」をめぐって (叢書 倫理学のフロンティア) の要約、一部抜粋

ところで、内容とは全く関係ないんだけど、この本が吉本さんをめぐっての論争から始まっているので、少し吉本さんについてメモ。

ワタシは吉本隆明の著作をそれほどしっかりと読んだわけではないが、80年代後半に広告業界にいたワタシのあり方の根本をなしたのではないかという気がする(「広告批評」などにしょっちゅう出てきたので)。

吉本さんの学問的態度は(私が把握するところでは)まず、どんなにすばらしい外部の思想を持ってきても、それが日本の大衆に伝わらなければ意味が無いというもので、私はそれに非常に共鳴したんだけど。

大衆に伝わっても、販売に繋がらなければ意味が無いという「資本主義の論理」に広告業界は悩み続けてきたわけだが、その悩みから一時的に解放されたのが80年代広告業界であり、つまり広告を打てば、何だって売れる時代だったわけだ。そういった「ありえない幸福」のなかで、いくら「糸井君は資本主義の論理を超えた。広告の存在意義を自己否定するコピーだ」(吉本)と称賛しても、今となれば何か虚しい気がするのは否めない。

売らなくてもいい広告というのは幸せだ。結局は広告人もパトロンを探しているのか。いつの時代の芸術家だよ。

続きを読む "「われわれ」かぁ" »

2008年7月11日 (金)

ぼのぼのだ!

リンク: COMPLEX CAT : ピクセルぼのぼの.

いつも和ませてもらっているC_Cさんのblog。

すばらしき息子さんたちです。以前も「もやしもん」の菌たちを作ってた。かもすぞ~。

そういえば余談だけど、前職場で、ストレスが溜まったときには、妄想をふくらませて、ぼのぼの遊びをやってたなぁ。

っていうか、シマリス君のダイねえちゃんのような「いわゆる上司」がいたってだけなんだけど...

アニメキャラに無理やりイメージ投影するというのは、意外と使える解消法ですかな。

ほしいものがほしい

言わずと知れた糸井さんの、往年の名コピー。

うさぴも、いい具合に育ってきてるようで...

うさは欲望がほしいな(BlogPet)

うさぴは欲望がほしいな。
欲望ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「うさぴ」が書きました。

2008年7月10日 (木)

空前の利益のからくり

リンク: トヨタ減税1900億円/大企業優遇税制で恩恵/07年度推計 空前の利益の中.

こんなとこにあるんですかね。っていうか、ニホンで売れないから外国で売る。っていうか、ニホンで売れなくてもけっこうって話。ニホンジンが貧困してても、I don't care.

内需が云々...と言ってる学者さんも、こういうとこには言及しない。唯一アカハタぐらいですね。

アオハタの黒胡麻クリームは美味しいらしいけど、アカハタはどうなんですかね。

こちら(←こういった1エントリーだけっていうブログが時々あるんだけど、何?...っていうかリンクし忘れてたら、もうネットから消えてたよ)では、大企業優遇税制とは言えないと書いてある。ただ、研究開発税制については有利とのこと。

ついでに租税特別措置法について言及してんだけど。そっちよりこっちを追及しろみたいなトーンで。

けど、アカハタの主題は、大企業ってことだろうし、トヨタってことなんだろうし。

んでさ、大企業って何?

会社法による分類は、資本金5億円以上または負債額200億円以上。

とすると、やはり大企業優遇っちゅうよりも、当然に大部分が重なるんだけど、多国籍企業、あるいは海外市場に大きく依存している企業って話だよな。御手洗さんのキャノンとかも。

カルタヘナ議定書

リンク: 生物多様性条約カルタヘナ議定書.

ふーむ。こちらで言及されていた。

生物多様性に悪影響を及ぼすおそれのあるバイオテクノロジーによる遺伝子組み換え生物(LMOあるいはGMO)の使用等の規制。

カルタヘナはコロンビアの都市。

環境NGO

リンク: 早くも“日本パッシング”の環境NGO:NBonline(日経ビジネス オンライン).

やっぱり環境問題って面白い。

これほど、国家以外のsomethingが、力を発揮してる分野ってないよね。

何とか成功したのだそうですが、2050年に半減という合意もギリギリなカンジだったので、チア・アップな意味合いもあると思う。好意的に。

いつを基準に半減するのか。90年比にしたかったドイツ案を抑えて、結局現在からにという日本案に落ち着いたのが昨年。つまりEUもそれなりの負担を負うわけで。日本としてはいよいよな局面になったということだと思う。

アメリカはほっとけってカンジやね。ブッシュだし。

エコの歴史

リンク: 第1回 環境革命への契機となる北海道洞爺湖サミット - ECO JAPAN〈エコジャパン〉 - nikkei BPnet 環境ポータル.

地球環境が研究対象から社会問題、政治問題、緊急課題となってきた歴史がざっくり書かれてます。

2008年7月 9日 (水)

神保さんて

リンク: 産業社会学部メディア社会専攻企画:演出・やらせ・真実をめぐって-デジタル時代の映像社会学ガイド-.

立命の教授になってたんや。知らんかった。

マンキュー

リンク: グレゴリー・マンキュー - Wikipedia.

温暖化問題で白熱中の池田信夫blogに登場したマンキューさん。教科書だけ読みましたけど。ブログやってるんだなぁ。

排出権取引か炭素税かというのは、まだまだこれからでしょう。

排出権取引でも、削減率ではなく、排出総量に責任をもたせる方法にすればいいのでは?よくわかんないけど。

EUはキャップ制からオークション制に移行するような話もあるし。

とにかくやらなければ達成できないというか、達成するようにやるべし。

それが経済活動を抑制するとか言ったって、そんなの子供みたい。

2008年7月 7日 (月)

せんそうはんたい

リンク: なぎのねどこ: シンプルな絶叫って?.

いろいろあるしなぁ。

ワタシは、シンプルな絶叫そのものを、否定なんてできないんですよね。

ディアスポラの力

リンク: ボヤーリン兄弟『ディアスポラの力』、日本語訳刊行 | UTCP Blog | From UTCP | University of Tokyo Center for Philosophy.

買いました。税抜き4800円なので、税込み5040円。

5000円超えたので、梅田のBOOK1stで、喫茶チケットもらえました。

戸坂潤の技術論

リンク: UTCP日本思想セミナー:戸坂潤の技術論 | イベント | From UTCP | University of Tokyo Center for Philosophy.

戸坂潤って誰?

戸坂潤@Wikipedia

三木清同様に獄死した、京都学派でも左の方らしい。

学問にできること

リンク: 【報告】学問にできること―「哲学と大学」第5回 「マックス・ウェーバーの学問論」 | UTCP Blog | From UTCP | University of Tokyo Center for Philosophy.

ウェーバーさんの『職業としての』シリーズ。

こちらのサイトも丁寧。

大学では、もう一人の橋本さんの講義を受けました。

うーむ、そうか。ウェーバーってすごい論争があったんだね。

情報と都市~カステルの所論をめぐって

カステルって誰?


という疑問は置いておいて。Photo


←山形さん翻訳の共著書





こちらは、たまたま見つけた本をネタにしたレポート。

続きを読む "情報と都市~カステルの所論をめぐって" »

たなばた

うさぴは兵器について388枚ぐらい短冊を書いたの。

らしい。

...ふーむ。

シンプルな絶叫って?

リンク: 温暖化そのものではなく、そのプロセスが問題 若だんなの新宿通信.

誰の何を指してるんだろう。

「資本主義の精神」と欲望の構造~近代合理性の検討

『プロ倫』に取り組んだレポートを懐かしくて読み返した。

ふーむ。

大塚さんじゃなくて、山之内さんの説を検討してるみたい。

なんか読めば読むほど、ワケわかんないことになってる。

ん、でもま、とりあえずアップしとこう。

続きを読む "「資本主義の精神」と欲望の構造~近代合理性の検討" »

ウェーバー

リンク: 精神なきウェーバー専門人 - 池田信夫 blog.

たまにちゃんと読むと、やっぱり面白いこと書いておられるんだよね~。わかりやすいし。

姜さんの元の文章を読んでないから、よく分からないんだけど、姜さんにかつての切れ味が感じられなくなったのは確か。っていうか、自叙伝出しすぎってカンジ。

うーん、難しいところなんですが。ワタシも大塚さんのを基本にしてるので、池田さんに一票かな。

結局、ワタシは市場原理主義なんだと思うし、一方で金持ちがどんだけ金を集めても満足できないってことも直感的にわかる。

2008年7月 6日 (日)

気象衛星の危機?

リンク: 松浦晋也のL/D: 気象衛星の危機的状況.

ふーん?何だかよくわかんないなぁ。

いや、何ていうか、説明すんのが難しいのだけど。

ダンコーガイがさっそくツッコミ入れてるし。

GP鯨肉事件続報

リンク: [2008.07.06]  グリーンピース鯨肉事件を幕引きさせるな | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログ.

7月2日に公開の討論会があったって。

お土産なら合法ですか?

BACnet

リンク: BACnet - Wikipedia.

EMS

リンク: 遺伝子組み換え技術によって作られたトリプトファンによって死者が出たという話は本当ですか?|遺伝子組み換え食品の安全性Q&A 食品編.

見た目、まともな作り方をしてるHPなんだけど。

こういうのとか、こういうのを、並行して読むことができる環境があるしなぁ。

中立的立場って難しいよ。

それにしても、昭和電工って...

朝日新聞 「偽装請負」

リンク: asahi.com:朝日新聞 「偽装請負」 ―ニュース特集―.

朝日が頑張ったわけですが、おかげで広告収入が激減したらしい。

ビデオニュース・ドットコム「貧困は自己責任でいいのか」という回で出てきた。2007年9月27日放送のマル激。ちょっと旧い情報。

このNPOさんの運営資金、ファイナンシャル関連の話もなかなか示唆的。

結局は、行政の資金なのか、企業資金なのか、ニホンではふたつに一つになっちゃいますねという話だけど、究極の選択、選ぶならどちらか。

阪神淡路大震災以降の議論の中で、「ボランティア」の行政的意味づけが行われ、NPOの行政下請け化が完成したんだけどさ。(あるいは行政下請け的NPOが多数発生したんだけどさ)。

それに抗うっていう話。っていうか、単純に行政ヒモ付きの資金は使えないっていう話。

その点、企業資金は免罪符のつもりで出してるので、使いやすいんだって。このNPOさんのバックボーンは外資系らしい。

このNPOさんのblogを見てみたら、ゴールドマンサックス社の社員ボランティアの方とパン作りをした話が載っていた。ここのCEOの年収は5000億円らしい。

シミュレーションと現実

リンク: 海洋学研究者の日常: シミュレーションだから現実はわからないか?.

感染シミュレーションモデル研究と地球温暖化シミュレーション研究とでは、その目的・手法・性質が異なる。

のだそうです。地球シミュレーションは

観測によって今後得られる新たな知見を含めることによって、結果が大きく異なる可能性がある。

ふむ。

コメント欄もやり取りも参考になります。

2008年7月 5日 (土)

HAARP

リンク: 米軍施設『HAARP』は「敵国全体を機能不全にする」兵器? | WIRED VISION.

ふーむ。

逆解析♪

リンク: あなたを逆解析♪ブロガーの逆ストーカーにご用心♪:貞子ちゃんの連れ連れ日記 - AOLダイアリー.

ふーん。

そういえば、ニフティのココログには、生ログ機能がありますな。確かにIPアドレスとか出てくるけど、使い方をいまいち分かってない。もっとも迷惑なコメントって無いけど。っていうか、コメントがほとんど無いけど。

こちらにはそういう機能がまったく充実してないので、一時は頻繁にいかがわしいコメントが書き込まれていた。誹謗中傷じゃなくて、一般的な商売モード?のいかがわしさだけど、興ざめするので、承認制に。

正露丸訴訟

リンク: 井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ 正露丸.

2008年7月 4日 (金)

メイキングムービー

リンク: ネコナデオフィシャルブログ: [映画] トラ・メイキングムービー.

か...かわいい。

猫まっしぐら!

リンク: ネコナデオフィシャルブログ: 映画ネコナデ プレミア試写会レポート!.

かわいいに決まってる。観にいくかどうかは別だけど。

さすが理系芸人

リンク: よしもと芸人田畑藤本 藤本のブログ: お待たせしました!.

コメントもらった人、全員に一言返事してるよ。

さすが理系。あるいは、リスクの研究してたんだな~ってカンジ。

東大卒のお笑い芸人

リンク: MouRa、最新情報|MouRaトピックス「MoPiX」.

東大の工学部機械工学科らしいです。

今は無難に「学歴ネタ」みたいですけど。

そのうち科学コミュニケーションネタとかやり出したら、学術会議が全面バックアップとか入ったりして...(そこまで射程に入れていたら、さすがに吉本!ってカンジですね)

相方は立命の国際経営コースらしいので、こちらもネタづくりには困らないと思います。

構成作家がついてくるだろうなぁ。

研究室とか発足した(BlogPet)

きょううさぴは、研究室とか発足した?

*このエントリは、ブログペットの「うさぴ」が書きました。

科学者にも怖いものはある

リンク: webちくま「科学者にも怖いものはある」菊池誠.

というわけで、いろいろとリンクを辿って、こんな連載が開始されていたのを知りました。遅いか。

本日、続けてしてたエントリーの趣旨は、「科学者」と「怖いもの」だったけど、こういう偶然ってあるんだね。

まだ全然読んでませんが、この方の場合、「ニセ科学」が出てくるんだろうなぁと想像がついちゃう。それって、ある意味、書き手としてはマイナスだよね。

ニセ科学批判

リンク: 共感と反感と - 地獄のハイウェイ - Yahoo!ブログ.

御意。

「批判」だもんね~。ネーミングからして、戦う気満々。

で、対象は、「それ」じゃなくて、「それを信じてる人」でしょ。

某きくちさんは「それを信じてる人」の信念は変えられないけど、第三者へのアピールには効果的とか書いてたけど、それもどうかな。

「オーラの泉」などがポップ・オカルトっていうのは的を得ている。なので広がったのだと思う。

読んでないのでよくわかんないけど、カール・セーガンの「コスモス」とか、紙一重の気がする。

眼底検査は

リンク: ティシュー・セービング・レーシックに決まる - ish.

こういうチャレンジングな人の話を読むと、つくづくワタシって、最新技術を怖がる人だということを自覚する。絶対に科学者向きじゃないな。

眼底検査は受けておきたい。

レーシック

リンク: レーシックを受けました - ish.

最近流行りのレーシック。体験された方のレポートです。

ワタシも0.02ぐらい。今はほとんど眼鏡っ子だ。

2008年7月 2日 (水)

docomo新ロゴ

リンク: 大西 宏のマーケティング・エッセンス:やはりというか、ドコモ新ロゴタイプの惨めな評価結果 - livedoor Blog(ブログ).

いや、ホンマ、散々ですね。

ネットで検索するとき、すべて小文字なら検索しやすい。とか、そういう理由かと思ってた。なワケないか。

飼料・燃料高

リンク: livedoor ニュース - 飼料・燃料高と卸値下落で爪に火をともす畜産農家の「絶望」.

うーむ。

この記事の場合、飼料というのはどういうのだろう。

先日行ったイタリア料理店では、「遺伝子組み換え飼料」で育てられていない鶏卵が売られていた。で、めっちゃ高かった。

この畜産農家の場合、どうなってるんだろう。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々