« きふきふ詐欺 | トップページ | 前夜 »

2008年7月29日 (火)

NHKスペシャルだよね

リンク: NHKスペシャルの衝撃 ~企業広報が「覚悟」すべきディスコミュニケーション:NBonline(日経ビジネス オンライン).

先日「印僑パワー」というエントリーで感想書いたけど、このシリーズの第1回目を考察している記事。チラ観だけでちゃんと観てないのだけど、「あ~グローバル企業のマーケット拡大戦略だね」って思ったな。筋書きがわかりやすい。

激しく同意。特に3ページ目の次の部分。

番組はインドの成長する市場をレポートするものであり、その結果が及ぼす取材先企業の日本のマーケットにおける好感度にまで配慮するのは、テレビ局の責任を超えていると思います。

 広告と広報の違いのような基本的なことを、賢明な読者の皆様に今さら繰り返す愚を犯すのはいかがとも思いますが、あらためてそこに立ち返るべきだなと今回強く感じたので記させていただきます。

 「広告よりも広報の時代だ!」といった言葉をよく聞きます。企業がお金を払ってメディアに出す広告よりも、広報活動の結果報道されるほうが効果が高い、と。

 私も企業の広報戦略はもっともっと重視されるべきだと思います。しかし同時に、広報は劇薬でもあり、誤ったやり方をした場合、自分たちで内容を最終チェックできるテレビCMなどの広告と異なり、大きなマイナスになる可能性がある、ということあらためて強く認識すべきです。

科学コミュニケーションの方々はジャーナリズムを批判するんだけどさ、それは、お門違いと思いまする。(明確な誤りがある場合は訂正を求めるべきだろうけどね)

« きふきふ詐欺 | トップページ | 前夜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャルだよね:

« きふきふ詐欺 | トップページ | 前夜 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々