« ディオニュソス的 | トップページ | 畳屋町筋 »

2008年7月17日 (木)

チューネン圏モデル

リンク: 「地理学」の足跡.

ちょっとニヤけてる関西人やっちゅうねん。

チューネン圏モデル:大都市からの距離により栽培される農作物が規定され,その要因として,距離・費用・地代などが関わっていることを指摘

孤立国:現場を考察し「限界地代曲線」により,市場と地代,そして距離の関係を用いて理論的に実証している。そして,「特殊性」ではなく「一般法則性」があることを指摘

自然条件を考慮しない均等・均質な仮想的な空間。机上の理論的概念。こちらで言及されていて初めて知った。シカゴ学派に影響を及ぼしているのかな。てか、ヴェーバーがまた出てくる。

« ディオニュソス的 | トップページ | 畳屋町筋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チューネン圏モデル:

» 地理学のこと [WEBの情報缶!]
楽天から検索された商品最新地理学用語辞典改訂版¥ 2,940オススメ度:★★★★★著者:浮田典良出版社:原書房サイズ:事・辞典ページ数:288p発行年月:2004年01月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」…暮らしの地理学新版¥ 2,415オススメ度:★★★★★著者...... [続きを読む]

« ディオニュソス的 | トップページ | 畳屋町筋 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々