« 伝統の学術誌 | トップページ | obasanの感想 »

2008年10月16日 (木)

そういえば貧困

そういえば貧困
Blog Action Day(世界ではまだ15日のところもあるしね)。

テーマ重すぎ。で、書名でごまかした。

「貧困なる精神」はこれ一冊しか持ってないけど、久々に開けて、チラ読み。

毒舌満載。すごいな、在りし日の「朝日ジャーナル」。

本文から抜粋。

梅棹 芸術だって学問だって人生の生き方という観点から見たら、常に自分の内面に武装が必要だ。

本多 武装がないと、たとえば電通に利用されて身を亡ぼす。

梅棹 論理的ないし心情的な武装ね。武装が必要だ。そういうことを植村は気付かせてくれた。

本多 ある意味ではそれも植村の功績ですね。

« 伝統の学術誌 | トップページ | obasanの感想 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そういえば貧困:

« 伝統の学術誌 | トップページ | obasanの感想 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々