« 初・大阪市立中央図書館 | トップページ | 東西の違い »

2009年1月20日 (火)

静電誘導

金属に帯電体を近づけると帯電体に近い側には帯電体とは異種の電荷が、遠い側には同種の電荷が現れる。この現象を静電誘導という。特殊な構造をした2枚の金属片の一方に電子を多数帯電させると他方の金属片には陽電荷が誘導される。この状態を保持すると電気の溜めとなる。これを蓄電器、コンデンサーという。溜めてある電荷を取り出し電流として使用する。(「身近な物理の世界」より)☆まっ身近じゃないけどねf^_^;

ちなみに、この静電誘導は、導体ばかりでなく不導体(絶縁体)にも生じる。電子は自由電子(原子から離れて移動)にはならないが原子の中で位置をずらすことはできる。こういった不導体における静電誘導を、誘電分極ともいう。下敷きで髪の毛が逆立つのはこの現象。

« 初・大阪市立中央図書館 | トップページ | 東西の違い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静電誘導:

« 初・大阪市立中央図書館 | トップページ | 東西の違い »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々