« オーム発見 | トップページ | アルファブロガーさん »

2009年1月 9日 (金)

もう、昨日の広告かも

明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書)

2時間ほどでスルッと読めてしまう本。もう少しひっかかりが欲しいところ。何と言うかツッコミどころというか...。

広告業界の、まだまだ旧体制(4マス)に慣れきった方々向けへの(そんな旧人類的な方が広告業界に居ること自体が不思議だが)、啓蒙的な狙いがあったのかもしれない。同じ業界人向けなら「社内報」で十分だったろうが、まぁ、いわば外圧的効果を狙ったのかもしれない。アスキー新書ってところが絶妙なカンジ。

やはり気になるのは、「クチコミ」の話。アルファブロガーやインフルエンサーの影響力について語られている。で、中立性が大事だと続いているが、かなり理想形。特に毎日数多くのエントリーをあげているブログは、必ず何らかのプッシュ要因があるだろう。見え隠れする背景含めて受容すべきで、そのリテラシーが必要なんじゃないかと思うと、まことに面倒。

クチコミについては、こんな勉強会があったみたいだが、最近、こんな協議会が発足している。メディア、広告代理店、PR会社などが発起人。

そんな流れを前提としたうえで、広告は信頼してもらえなくなったとか、新聞などのニュースに取り上げてもらえたら信頼感が増すとかいう話があったけど、そうとも言えないんじゃない?ってワタシは思う。何か仕掛けがあるかもと疑わせる広報よりも、直球勝負の広告のほうが気持ちいい。それはある意味「メディア」の危機かもしれないけど。

そう、新聞がヤバイとか言われて久しい。ワタシも一応「Web2.0」的なキブンでブログを始めたので、そんな話はとっくに折り込み済みなんだけど、今のヤバさは広告的媒体として機能しないという新聞の本筋ではない話で、どうやって経営をすればいいかというお金の問題なわけだが、広告媒体として魅力がなくなったのは、端的に購読量が落ちているということもあるだろうから、何と言うか堂々巡り。4マス離れというのは、広告出稿量に左右されない揺ぎ無い「メディア」を一から積み上げる、むしろチャンスかも(その前に倒産するかな(ノд・。))。

それにしても個人広告というのはスゴイな。星野仙一にしても井上雅彦にしても。てか、広告料は個人負担なのかが気になる。

« オーム発見 | トップページ | アルファブロガーさん »

コメント

いやいや、「昨日の広告」とは手厳しい。

口コミについては、リンク先でも書かれているように
「日本におけるWOMマーケティングは、注目を集めながらも市場としていまだ確立しておらず」は当然で、自然発生するからこそ口コミでそれをマーケティングとしてハンドリングしようというのが
そもそもかなり難しいようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう、昨日の広告かも:

» 口コミ論(草稿) [WEB2.0(っていうんですか?)ITベンチャーの社長のブログ]
僕自身こうしてブログをやっていて、ブログの中では時々お店や商品の紹介をやっている。自分でSNSを運用して、そこで口コミを集めることもある。また、近い将来、その延長線上にある評価システムを開発、発表する予定もあって、すでにプログラムを開発中でもある。このように...... [続きを読む]

« オーム発見 | トップページ | アルファブロガーさん »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々