« 基金について2 | トップページ | 基金について3 »

2009年5月20日 (水)

研究予算:氷山の一角

リンク: NEDO:広島大学研究者によるNEDO委託費・助成金の不適切な請求に対する処分について.

だよねぇ?こういうの、ターゲットにされて処分に至る経緯を知りたいね。

中国新聞によると、私的流用はないみたい。

「代金プール」とか「裏金」とか、基金が出来ればなくなるのだろうか。

複数年度の予算を要求する流れって、結局はこういうジレンマから出てきてるんでしょ。

でも、民主党の主張もわかるよね。万が一、内閣が変わったとしても、前政権によって自動的に手当てされている予算が「基金」というカタチで残るわけで...

納得いかんでしょ。

不要で余分な予算を国庫に戻したプロジェクトにインセンティブをつけるのとかどうだろう。ポイント制で(笑)

その際には、これだけの予算で、こういう目標を設定したところ、たったこれだけで、ここまで出来ました!みたいに、見えやすくしてほしいね。

こちらから情報ゲット。

« 基金について2 | トップページ | 基金について3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研究予算:氷山の一角:

« 基金について2 | トップページ | 基金について3 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々