« 電子政府ポータル | トップページ | メラノーマ »

2009年7月11日 (土)

侵襲か非侵襲か

リンク: BrainHackers - Naotaka Fujii.

ふーむ。

被験者の目処はあるのかしら。

あと、可逆性(というのかどうかわからないけど、元の状態に戻そうと思ったときに戻れること)はあるのかしら。

もちろん、可逆性がなきゃダメっていうわけじゃない。胃や腸だって切っちゃったら戻らないんだし(再生医療の可能性は別の話)。手術っていうのは、そういう覚悟が必要なものでしょう。

昨年のアゴラで阪大の吉峰さんが侵襲の話をしていたみたいなのだけど、遅刻のため最後の方しか聞けずよくわからなかった。これにも行きたかったけど、行けなかったし。あっシンポジウムのチラシがあった(PDFファイル

いわゆるぶっちゃけトークが、侵襲・非侵襲間でもっと為されるといいと思う。オフレコや禁忌じゃなくて。

だいたいが研究者のトークってオフレコや禁忌が多すぎるんだよ。

この状況って知財保護と関係があんのかな。

« 電子政府ポータル | トップページ | メラノーマ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 侵襲か非侵襲か:

« 電子政府ポータル | トップページ | メラノーマ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々