« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

俗世から遮断

リンク: 理系は隔離して田舎にとじこめろ? - Chikirinの日記.

されるわけではないだろうけど、学生にとっては窮屈そう。

こうなると、コミュニケーション的プロ的な文系が理系に近づく図というのが出来上がるんだろうけど。

いわゆる一般的な文系と交わって、「だから何?やだ、気持ちわる~い」とか言われる機会は少なくなりそうだねぇ(爆)

モラトリアム賛成

リンク: isologue - by 磯崎哲也事務所: 亀井大臣の「モラトリアム」は実はあんまり使われないんじゃないか?.

なんだろう。↑こういう議論。

中小企業がバタバタ倒れないようにという目線は一切ないんだな。

なんというか、そういう人だったんだというカンジでガッカリ。

静香ちゃんは方向性として間違ってないと思うよ。

あまりにマニアなので

リンク: B サイエンスコミュニケーション マニアな日帰りバスツアー 火力発電所 .

悩み中。今日、申し込み締め切りなんだけど。

知り合いもいないし、一人で参加したら、引かれそうだな。

里帰りなサイカフェ

リンク: 東北大学サイエンスカフェ.

あっ八戸だ!と思って開いたら、東北大のサイカフェだった。

講師の方が八戸出身らしい。かなり面白そうな方だ。

そういえば、八戸から盛岡のあいだと、花巻から仙台に行く電車の中で思ったのが、本を読んでいる人が多いなということ。それもビジネス書や新書じゃなくて、ちょっと分厚めの単行本だった。

まぁ、たまたまだったのかもしれないけど。

2009年9月29日 (火)

物々交換!

リンク: 本、CD、DVD、ゲームの物々交換サイト|みんなの物々交換.

最近、本を購入する際は、まずイーブックオフで在庫チェックをするワタシなんだけど。

ついにお金が流通しないシステムが登場。チケットを媒介するそうです。

わらしべ長者的しあわせ。

2009年9月28日 (月)

比較調査なら

リンク: 討論型世論調査 - 独り言つ.

意義はあるよね。

あと情報提供の質はどのように吟味されるべきか。

(主催者の意図が大きく反映されるだろうからね)

同じ情報を前提に討議されるということだけど、当然ながらそれまでに各々が得ている情報量が違うわけだから。

さて、これを学問的にちゃんとしたものに立ち上げるのはタイヘンだと思うけど、がんばってほしいですな。

2009年9月27日 (日)

そこまで言って委員会が

そこまで言って委員会が
産んだ大臣を陣中見舞い。

イントゥルーダー

リンク: 大西 宏のマーケティング・エッセンス:なぜ太陽光発電ばかりで、原子力発電の話はでないのだろう - livedoor Blog(ブログ).

ふ~ん、読んでみよ。

職場近くの

職場近くの 職場近くの
割烹dining&bar『神蔵』。

美味しくて雰囲気も良かったです。値段もお手頃(奢ってもらったんですが…)

平日はほぼ満席だそうです。必予約です。

2009年9月24日 (木)

大家族のお父さん

大家族のお父さん
微妙にカッコイイんだよね。

定額給付金で24万円だって。子供手当ても楽しみにしてるだろうな。民主党になって良かったね。

手足が裏切ることも

リンク: 「コラーゲン食って肌がぷりぷりになるわけねーだろ(笑)」社長のブログ:中立的シンクタンクなど必要ない.

あるけどね。生理的には・・・ダイエット中なのにポテチがやめられなかったり・・・ってそんな話じゃなかった。

参考になるのでリンク。

酷い話だと、閣僚に渡すペーパーと、報道陣に渡す資料を微妙に違えているようなこともあるみたい。

2009年9月23日 (水)

社民、大丈夫?

リンク: 副大臣就任に「やだ、やだ、やだ!」 社民ドタバタ劇に民主が溜息 (1/2ページ) - MSN産経ニュース.

かなり巧妙な罠にハマリつつあるような気がする。党首が良い人すぎるしね。

記事の最後にある自民の人のコメントは、まさしくねというカンジ。

産経はもちろん社民バッシングで書いてるんだろうけど、むしろ気づきを与えてくれてるんだな。

2009年9月21日 (月)

和顔愛語

和顔愛語
わげんあいご、と読むそうです。

比叡山宗教サミットは1987年から年に一度やってるらしい。

うーむ、それにしては…

単年度→複数年度

リンク: 年度末の予算使いきりをやめさせよう - 地獄のハイウェイ - Yahoo!ブログ.

御意。

複数年度にしたからって無駄使いが減るだろうかとワタシも思う。

使い切ったヤツ、えらい。余らせたヤツ、だめ。を

使い切ったヤツ、だめ。余らせたヤツ、えらい。

にしなきゃ、無駄使いは減らないでしょう。・・・とはワタシもどっかで書いたんだがどこだっけ。まぁこんなにちゃんと書いてないが。

菅副総理、複数年度予算を表明@MSN産経ニュース

複数年度制は憲法86条問題をクリアしなければならないらしいんだけど、これまでも、例えば医療機器のリースや防衛省関連の経費は「繰越明許費」という名目で複数年度決算なのだという。あと大学への交付金もそうだと思う。

3000億円の剰余金@なぎのねどこ

↑こういうのは、人じゃなくてコンクリートに予算を集中させた典型だね。

ふーむ、何がどうなると憲法的に問題なのかが、よくわかってないな<ワタシ。

2009年9月19日 (土)

来週のAtoZは

来週のAtoZは
エレベーター事故について。要チェックだね。

今日のは「新閣僚に聞く」で、前原国交通相、小沢環境相、仙谷行政刷新担当だっけ?が出てたよ。

ダムの話で小沢さんが、水力発電は二酸化炭素を出さず環境に優しいので増やしていくことも検討みたいな話をしていてビックリした。

2009年9月18日 (金)

期待度高いね

リンク: 「政治を科学する」という大きな誤り:日経ビジネスオンライン.

新政権に70%の支持らしい。ワタシも含めて、新しいものへの期待は、通常でも高くなるよね。

理系総理の学術履歴、専門性を含めて評価するこの記事。ひと一人の力量に期待しすぎかなとも思うが(議院内閣制の日本では)

How‘Open’?

リンク: 404 Blog Not Found:Why Open?.

ネットに解放されたからといって、Openになるとは限らない。お手並み拝見といったところ。

それにしても少なからぬ人が言ってるけど、藤井財務相というのは、けっこう当たりなのかもと、大臣記者会見で感じた。いかにも「じじい」な風貌なので最初はどうなるかと思ったのだけど。

「とちる」について言えば、とちらない人は確かにいない。が、取り繕わず話しすぎて失言撤回を繰り返す状態が続くと、官僚につけこまれると思う。

サイエンスティチャーが紹介されてました

サイエンスティチャーが紹介されてました
福岡亮治さん@京都市青少年科学センター。

元吉本(なにわ突撃隊)の方。小学校の教員免許をもっていたため、その後、小学校の先生をしていたのが、異動で科学館配属になったそうです。現在、京都教育大の大学院在学中。

2009年9月17日 (木)

不正請求?

リンク: 不正請求について私見 | 大阪の出張鍼灸師ヤッカのいろいろ.

になるんかしら?ようわからん。鍼灸はやってないけどね。

椎間板症なら整形外科に行くのが正解なのかな。

でも整形外科って、レントゲン撮って注射打って薬出して終わりだって。

保険適用外でもいいかもね。

そういえば、元同僚が柔道整復師?整体師(だった)に転職するって聞いたけどなぁ。

初・鍼灸整骨院

昨日起きたら右側の腰が痛くなっていた。腰がだるいのではなく痛い。こんな状態は初めてのこと。

元来懲りはないほうで、軟体動物と呼ばれるくらい、身体がめっちゃ柔らかいのが自慢だった。それが寄る年波に勝てず、身体のあちこちがギシギシ言ってる。

右足の太股あたりがムズムズしたり股関節(やっぱり右側)がガクガクいったりしてたんだけど、ついに腰にきた。

そんなわけで、良いタイミングでチラシが入っていた、歩いて50歩ほどの鍼灸整骨院に。初めてだったのでちょっと勇気が要ったけど、職場の方にも勧められて。

腰を反ると痛い状況は、椎間板に不具合が出てる可能性があるんだって。でもお尻の痛みは無いのでヘルニアではないだろうということ(整形外科でレントゲン撮らないとわからないっぽい)。ネットで調べてみたら、椎間板症なのかなと思う。

今日は軽くマッサージとウォーターベッドと電気治療をしてもらった。保険診療でなんと700円弱。いいのかな〜f^_^;

気持ち良かったし腰がポカポカしてきて、少し痛みもひいた感じ。そんな酷い状態ではないので整形外科はとりあえず保留。

エコナ回収

エコナ回収
あらら。

発がん性物質に変化する可能性のある物質(ややこしい!)が含まれてたんだって!

ワタシは使ってないけどね。

ていうか、2005年から問題(発がん性試験要請)になってたんだね。

http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2005/09/post_43.html

タウンミーティング訴訟で勝訴

タウンミーティング訴訟で勝訴
だって!@大阪高裁

こんな裁判が行われていることすら知らなかったんだけど、興味深いφ(.. )メモメモ

電力業界と鉄鋼業界

リンク: 民主政権発足で終わる経産省主導の温暖化対策:ECO JAPAN -成長と共生の未来へ-.

だけでしょ、要するに。ジタバタしてんのは。

エネルギー産業のパラダイムシフトが起こるのではないかということ。

いいねぇ。

NHKニュースによると、環境省では、和やかな雰囲気で大臣が迎え入れられたみたいヽ(´▽`)/

耳フェチ

耳フェチ
じゃないですが…

うさぎ島が紹介されてました@NHK教育

ふ〜ん、東レですか

ふ〜ん、東レですか
理系出身だそうで、経歴をWikipediaでチェック。

京都大学工学系大学院で水処理の研究をして、東レで企業研究員をされていたみたい。

そういえば、あの90億円のプロジェクトに、水処理のやつあったな。あれ東レだったのですが…

【追記】ワタシはミラバケッソなクラレが好きですな。「クラレ〜!」(゜o゜)\(-_-)

お肌の老化が

お肌の老化が
始まってるかな?

この方も「そこまで言って委員会」のりで相当突っ込んで話してます。

密約について、沖縄の基地問題について本腰入れるみたい。楽しみ。

そこまで言って委員会

そこまで言って委員会
で培っただけのことはありますな。

2009年9月16日 (水)

理系総理の誕生

理系総理の誕生
静止画像が意外と撮りにくいです(笑)

菅国家戦略相も、平野官房長官も、川端文部科学大臣も、理系なんだって。

閣僚名簿発表

閣僚名簿発表
始まったよ。サプライズはないけどね。

国家戦略相の菅さんは、科学技術政策を含めるんだって。

アゴラって何さ

リンク: アゴラ : 原発報道の教育効果 - 岡田克敏.

典型的なあいまい文章。

巧妙な論理破綻。

アゴラの言論ってこの程度?

ハードウェアデバイスが

リンク: ハードウェアデバイスがみつかりません - Intersecting Voice Cafe.

みつからない人が多いんだね。昨日と一昨日、何があったんだろ。アクセスが異常に多い。

2009年9月15日 (火)

半導体といえば

リンク: 半導体開発のジレンマ: アマチュアサイエンティスト.

エルピーダはどうなるのかいな。

あと、最先端の90億円のあれ、採用されたなかに「集積回路」の文字があるプロジェクトが4つもあるみたい。若だんなさんのブログ経由で見つけた毎日の記事によると、「伸びしろ」で選抜だって言うんだけど・・・。なんのこっちゃ。

http://mainichi.jp/select/science/news/20090915ddm016040099000c.html

『さらに何をしてくれるか?』にどう答えたのかが知りたい。プレゼン上手な、一発勝負に強い方々が残ったのかも。面接の技法ってあるよね。あと東大が圧倒的多数の11件、「しがらみがない」と強調すればするほど、そうかなと思っちゃう。

それにしても半導体は日本の基幹産業だったのか。知らなかった。なんにしても興味深い本なので図書館で予約してみる。

F号バルブ

リンク: F号バルブパッキン取替え|ちゃんと働いてますから….

「F号バルブ」を調べていて見つけたブログ。淡々としたなかに、落としどころがあって面白い。と思っていたら、文学部出身の方のよう。やっぱりね、スイスイ読めちゃうもの。

文学部出身で設備(マンション管理?)の仕事。F号バルブのことは、文章からはあんまりわかんないね。

そんなわけで、こちらもリンクっとく。

デマンド管理で省エネ

リンク: ティータイム 第21話 デマンド管理による省エネルギー.

ちょっとリンクっとく

考えられない業種

リンク: 政権交代  悲喜こもごも : 埼玉 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

「選挙後、大学関係者が国の助成金の関係であいさつに来た。野党時代では考えられない業種だった」と目を丸くする。

あはは。

こちらから情報ゲット。

2009年9月11日 (金)

国家プロジェクトの失敗例

リンク: 原理原則を逸脱した技術戦略に成功なし:日経ビジネスオンライン.

ところが、運輸省(現、国土交通省)の主導する「テクノスーパーライナー」という国家プロジェクトでは、空気浮上式を実現化するAプロジェクトと、水中翼と浮体を組み合わせたFプロジェクトの2つが推進された。(中略)数年たって、原理原則から外れたコンセプトを使うFプロジェクトは早々に失敗して撤退。時代の流れに逆らったAプロジェクトはそれでも国交省が延々とプロジェクトを継続、3年前には、116億円を費やして小笠原諸島向けの高速船を建造したが、失敗に終わった。この船は今でも誰にも使われないまま造船所に繋留されている。

とりあえず、こういうのを一覧できるようにしてほしいよね。IT関係は池田さんのブログでよく書かれているけど。

原理原則から外れていて、最初から無理だと思われていたらしい。国家プロジェクトに採用されず、産学連携を進めた筆者のプロジェクトは、成功したらしい。

今回の90億円×30プロジェクトの中にも、こういったような「無理」とわかりきってるものはないのだろうか。

「神の眼」?

リンク: ARという「神の眼」は許されるか - 日経エレクトロニクス - Tech-On!.

ふーん。これって便利なんだろうか?よくわからない。「神の眼」という名づけも、よくわからない。

とりあえず興味があるのは、これがまたしても、軍事技術からの応用だって話。原爆から始まって、そういうのばっか。(太陽光発電は宇宙開発だっけ。)

ていうか、基礎研究を使える技術にするためのシステムは、軍事においてのみ機能しているんだろうか。

なんて考えてしまう。

神の眼なんていいから、先見の「眼」は持てないかな。

目下、落としどころが注目されている補正予算の「最先端研究開発支援プログラム」(90億円×30プロジェクトのやつと書いた方がわかりやすいか)に関して、様々な意見が出ているわけだけれども、こちらの社長さんのこの主張は、とても納得できる。ただし90億円を海とも山とも知れないベンチャーに配分は出来ないだろうけどね←よっぽどの目利きがいたら別だろうけど、やる前からエクスキューズしているようじゃどうかなぁ。

お金をばら撒いたのはもう5年以上前だし、ばら撒き先、ばら撒き額もわかっているし、当然のことながら三菱総研あたりがその成果についても追跡調査をしているはずだ。その中にはうまく行っているところもあれば、もう存在しない組織もあるかも知れない。そのあたりの情報がきちんと提供されるべきだし、どうしてそこに決定したのかもディスクローズされるべきだ。残念なのは委員会の議事録が公開されていないことで、それさえあれば、その予算の成果と、それが誰の手柄なのか(あるいは失策なのか)がわかったはずである。そうした評価実績の蓄積こそが、「評価者の評価」にもつながるはずで、重要予算のばら撒き先の決定者を選択するときにも役立つはずである。

先見の「眼」を持つために、ディスクローズは前提。

現在当たり前のように、便利に使われている技術が、そもそも、どういった基礎理論を礎に、あるいはそこから派生していく過程で、どういった予算がどれほどの配分でつけられてきたのか。達成された技術の難易度や社会への貢献度、開発に使われた費用や人材の多さもろもろ。費用対効果。

基礎研究はなるべく多く数打っていけばいいと思うけどね。

業界の悪しき慣習

リンク: エレベータ事故 業界の悪しき慣習、急がれる根本的改善 (1/2ページ) - MSN産経ニュース.

業界の端っこにいる者として。

独立系業者さんって、マニュアルなしで独自の点検をしてるなんて、スゴイねと、マジで思います。やっぱりマニュアルや設計図はいるよねぇ。事故が起こったときの責任の所在が、はっきりしないままになっちゃうね。

メーカーとの連携があるから不良製品の情報は入ってくるわけだけど、「自動車」や「家電」などのリコール体制とは一緒にできない面があるよね。一種の公共交通としては、全面的にオープンな情報公開をすべきかというと、そうとも言えない。

ようするに、「半公共」なので難しいんじゃないかな。

2009年9月10日 (木)

サポーターとしても

リンク: Greenpeace 緊急アクション:25%削減の国際公約実現を応援しよう!!.

なんか笑っちゃう(ノ∀`)・゚・。

注目されるのは

リンク: 【研究事件簿】理研の主任研究員が架空発注で1100万円の損害を与える:Science and Communication:So-net blog.

金額が大きいから?それとも、こんなのは序の口なので注目されすぎなのかな?

それにしても、この方「Suica」の研究してたみたい。そんで、旅行とか飲食とかに私的流用してたんだって。あはは。

25%削減宣言で

リンク: World Wide Views in JAPAN 〜日本からのメッセージ:地球温暖化を考える〜.

この話し合いはどう変化するんでしょう。どうも変化しないのでしょうか。

訴訟やら逮捕やら

リンク: 「バチスタ」の海堂尊氏を名誉棄損で提訴 「Ai診断」で東大教授 - MSN産経ニュース.

理研の不正流用にメスが入った。あんなの絶対ありえるに決まってんじゃん。ようやくかというカンジ。

バチスタの海堂氏が訴えられているのは、何と言うか、きっかけとして面白い。東大教授、むしろ大丈夫かという気がする。

情報ゲットは切り込み隊長さんのブログから。

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2009/09/post-995b.html

論文で反論せよなんて書いてるけど、それはありえないんじゃない?そんなら、わざわざ『バチスタの栄光』を執筆なんてしないでしょ。

訴訟を起こすほうがどうかしてる。訴訟を起こしたもん優位というのはどうにかしなきゃ。

2009年9月 9日 (水)

自分みやげ

自分みやげ 自分みやげ
鰺ヶ沢のとろろするめ、青森りんごのジュースとチョコレート、津軽のかやき味噌、八戸のふのり、岩手の南部漬。
宮澤賢治のシルエットハガキ、猫のウォレット、遠野の昔話の小冊子。

2009年9月 8日 (火)

お帰りは

お帰りは
仙台から伊丹へ。

伊丹に降りたつのは久々だったので、かなり衝撃でした。
あれほど民家の屋根にギリギリだったとは。

ずんだ餅が食べたい

ずんだ餅が食べたい ずんだ餅が食べたい
仙台で2時間つくった。

東北大学の近くに「村上なんとか」というずんだ餅屋の茶房があると聞いていた。ついでに東北大の正門前で記念撮影でもするかと考えてバスに飛び乗った。しかし、正門は改修工事中(>_<)

さらに、その「村上なんとか」というずんだ餅屋が見つからず、途中、地元の超キュートな小学生にも聞いてみたがわからない(餅という大きな看板があるからすぐわかると言うのだけど…)

早々に諦めて、青葉通や南町通をぐるりと歩いて仙台駅に戻る。

土産物屋の呼び子の声に益々ずんだ餅が食べたくなったがどこにも食べさせてもらえそうな茶房がない。

仕方ないので帰り支度。空港アクセス線の乗り場に降りると、何とそこにあるじゃないか!

「喜久福」がやってるみたい。ずんだと生クリームが大福にたっぷり。抹茶と一緒に出してもらった。美味しかった。
というわけで、空港にてお持ち帰り。

花巻で降りてみた

花巻に降りてみた 花巻に降りてみた
花巻に降りてみた 花巻に降りてみた
トランジットの40分間のみ。駅前の土産物屋でしばし宮澤賢治ワールドに触れる。賢治のシルエットを象った木製ハガキを購入。

駅に戻り構内でめかぶそばを食べる。往路で気になっていたのだ。だしはイマイチだけど、めかぶと蕎麦が美味しい。

遠野を発つ

遠野を発つ 遠野を発つ
朝食バイキングのあと電車の時間まで少し町歩きしたら、遠野らしく整備された町並みがあった。

昨日は駅からの一本道を歩いてきて多いに失望したんだけど、歩く場所を間違ったのだということを理解。なるほどね。(東北電力の看板も旅館の趣!)

ぶらぶらとして1時間後、駅で土産物を物色してると昔話を語る声がする。毎日朝10時から語りべのボランティアがやってるらしい。

昨日のホテルで聞いた話がエラク面白かったので、今一度聴いてみることに。

昨日の方と印象は全く違うけどやっぱり面白かった。ワタシも語りべさんやってみたいかもって思った(^^ゞ

町全体が一人一人が意識が高い気がした遠野。カッパ淵ではおじさんが観光客相手に「河童に胡瓜をとられた!」とパフォーマンスしているらしい。

客を呼ぶ場所は何かが違うのだな。

朝の散歩中

朝の散歩中 朝の散歩中
朝の散歩中 朝の散歩中
普段はしてないくせに、旅に出るとしたくなる。

ホテルから3km弱の五百羅漢を目指す。

途中、多賀神社で、小熊が出るからこの時間は山に入らない方がええと言われた。

確かに熊に注意とい看板あり、音の鳴るものを持てとのこと。持ってないので歌を歌いながら歩いた。

苔むす岩をよじ登るようにして登ったが、とうとう最後まで行けなかった。奥に動かない黒い影が熊に見えて仕方がなかった小心者。

帰りは愛宕橋からハイキングコースを歩いて帰った。

2009年9月 7日 (月)

夜長月の御献立

夜長月の御献立 夜長月の御献立
なう@あえりあ遠野

遠野に着きました

遠野に着きました 遠野に着きました
遠野に着きました 遠野に着きました
駅前からの街の風景はもっと田舎っぽいのかと思ってたけど、ただ寂れた感じ。

部屋は一人用にしては広すぎ。ふだん狭いワンルームで暮らしてるので、かえって落ち着かないかも。

遠野市立博物館は残念ながら改修工事で閉館してるって。
語り部による民話を聞いて、ホテル裏にある南部神社やとおの昔話村まで歩いて、夕食を食べて温泉に入って、今日の予定は終了。

盛岡で1時間

盛岡で1時間 盛岡で1時間
釜石線の乗り継ぎに1時間あったので、盛岡で時間をつぶした。

花巻だと2〜3時間あれば宮澤賢二記念館に行けそうだけど、1時間だけなら駅の構内にいるしかない(おそらく)。

石川啄木の新婚当時の家を盛岡駅前バスターミナルの看板で見つけて行ってみた。

それから盛岡冷麺を食べた。と書きたかったけど、啄木宅で時間をとられたため「冷麺缶」をゲット。美味しいかな?遠野に向かう釜石線の車内で、今から食べてみます。

岩手の鰯雲?

岩手の鰯雲?
13時56分、いわて銀河鉄道の盛岡駅に到着。本日も晴天なり。

青い森鉄道で

青い森鉄道で
花巻に移動中。八戸で20分ぐらい待ちがあったので改札を出て観光案内所に行ってみた。写真はそこでゲットしたパンフレット。地方民鉄って定義がよくわからない。阪急・阪神はないけど神鉄は載ってる。太宰の津軽鉄道も載ってる。

八戸で本当は蕪島まで足を運んで「ウミネコ」の写真を撮りたかったけど時間が無いので断念。花巻〜遠野間がヤバイからね。三陸海岸と合わせてまた今度ということで…

それにしても意外にキレイな駅だった。秋田も弘前も主要な駅はどこもキレイ。青森は昔ながらの感じ。新幹線誘致だね。

朝食を食べて

朝食を食べて 朝食を食べて
朝食を食べて 朝食を食べて
お散歩中。宿泊先のセントラルホテル青森から徒歩5分ほどの青い海公園に到着。途中「大学コンソール青森」を発見。

ホテルの朝食は美味しかった。一泊朝食付き4000円という信じられない安さ。

海浜公園もいい感じ。昨夜は来る気力がなかったけど夜景がキレイっぽい。

2009年9月 6日 (日)

ホテルで寛ぎ中

ホテルで寛ぎ中
漸くです…。写真はねぶたという名の?アップルジュースです。


金木町の太宰の生家に行って来れました。

三厩〜竜飛のバスに乗り合わせた人に訴えたところ、あーそれなら青森から五所川原まで弘南バスで行けばいいよと教えてもらいました。

電車を乗り継ぐと、青森や川辺で長い待ち時間があるため閉館時間に辿り着けないのですが、バスなら入館時間内に、しかも30分以上の余裕を持って到着。

エライぞ!弘南バス。
情報を教えてくれた見ず知らずの方、エライぞ!
本当にありがとうございました!

竜飛崎でしくじった

竜飛崎でしくじった 竜飛崎でしくじった
竜飛崎でしくじった 竜飛崎でしくじった
竜飛から小泊まで乗り合いタクシーで行くつもりが廃止になってたので万事窮す。

もう、どうしよう。どうしようもないなぁ。今まではかなりナイスなスケジュール調整だったのに…。

ハイヤー呼ぶと6000円だって。ありえん…

来るんじゃなかったなぁ。まぁ事前に確認しとけって話だよね(じゃらんにもそう書いてます)。

だけど、掃除してた地元のおじさん(方言がかわいい!)によると、もうだいぶ前になくなったって。情報更新してほしいね。

ウィンドパークの風力発電、残っている一基も、おじさんの指差す方向を見たら、山の間から羽らしきものが見え隠れ。

こりゃ無理と思って、次のバス時間まで、お休み処で萎えました。津軽海峡冬景色の歌碑の近くにあったので、何十回聞かされたか知れない。


*その後、何とか金木まで行けました。詳細は次のエントリーで。

三厩に到着

三厩に到着 三厩に到着
「みんまや」と読みます。いわゆる義経伝説のあるところ。

7時17分蟹田発(始発)で7時56分着。

三厩から竜飛までは町営バスで。

蟹田ってのは風の町だね

蟹田ってのは風の町だね
@『津軽』太宰治
 
竜飛までのトランジットで蟹田で降りました。
確かに風がよく吹いてます。
今日も晴天になりそうです。

2009年9月 5日 (土)

青森へトンボ帰り

青森へトンボ帰り
する列車の中で、今日のサイエンスカフェについて、思い出しつつメモ…

アンケートにも書いたんだけど、皆さん一般の方とは思えないほど理解が早くて的確な質問されてたというのが印象的。スピーカーの言い足りない部分を補完するような感じでした…

明日から核融合関連(工学系)の国際会議が札幌で開催されるそうだから、必然、関係者が多かっただろうねと思うのは、決して穿ち過ぎではないだろう。だって、スゴイまとまりすぎかな。

どちらにしても、いちいちマイクが来なきゃ話せないというのは面倒臭い。

まっいいけど。

それにしても核融合は100年後の完成を目指すそうです。気の長い話だね。大容量のプラズマを制御するブランケット素材も研究中なのだって。100年も先だと全く考えもつかなかった新しいエネルギーや社会システムが出てきているような気がする。

ITERが六ヶ所じゃなくてフランスでよかったよ。エゴかもしれないけど。

あと、重水素の環境への影響を聞いたけど「ないと思いますよ」ってことでしたね。ふーむ。

現在の供給電力量分を代替すると核融合発電所が50基必要って話も、ふーむでした。誰も驚く様子がなくて、ワタシだけが「えーっ」って声を上げていたような気がする。燃料1グラム=石油8トンって言ってたのにヘンなのと思った。どういう計算なんだろう。

まっ極力お金を使わずに、まず頭使うべしとの心掛けは良いと思います。その気持ち、持ち続けてほしいですね。

お腹いっぱいです

お腹いっぱいです
クラプトンの「change the world」が流れて、松田優作のポスターがあり、DJの設備もある店内。

3番目の辛さでも全然大丈夫。野菜たっぷり、チキンとろとろで美味しかったよ。

スープカリーの

スープカリーの
一番人気店に来てみました。「ぐるなび」ですけど。

核融合のサイエンスカフェ

核融合のサイエンスカフェ
始まりました

北大、広いね

北大、広いね 北大、広いね
中年は、「大志」どころか、イチョウ並木を端っこまで行く「元気」さえありませんでした。

北大に入りました。

北大に入りました。
ちょっと、ひとやすみ中。

すべて徒歩圏内

すべて徒歩圏内
すべて徒歩圏内
なので入ってみる@北海道大学植物園。

いいねぇ、北大の環境。

でも、スズメバチとキタキツネには注意すべし。

えらい晴れてきました

えらい晴れてきました
えらい晴れてきました
@札幌の北海道旧庁舎

新幹線誘致の看板があったり、四島返還を訴える看板があったり。

やっぱり地方都市らしくアピール。

時計台です

時計台です
@札幌

ミニ白神で

ミニ白神で
ミニ白神で
出会った蛙

2009年9月 4日 (金)

みどりの窓口で

みどりの窓口で
東日本&北海道フリーパスをゲット!

リゾートしらかみの指定席がギリギリで取れました。団体客と合流しそうな予感が…(+_+)

秋田に上陸

秋田に上陸
秋田に上陸
ツアー団体客が3組もいるので賑やか!

2009年9月 3日 (木)

無事に乗船

無事に乗船
@敦賀発の新日本海フェリー

ずっと圏外だったのが、新潟に近づいてきて、漸く3本柱が立った。

船上は何もすることがない。風呂に入って本を読んで夕食食べて風呂に入って…。あと、船内のシアターで『インディアナ・ジョーンズ』を視聴。

2009年9月 1日 (火)

世代交代

リンク: 小沢一郎氏の“本当の功績” - Chikirinの日記.

ふむ、なるほど。

もちろん有権者が選んできたから退場しなかっただけで、彼らに罪はないんだけど。

立候補の年齢制限は、上にも適用すべきだね

「超幸運」?

リンク: livedoor ニュース - 「名簿に名前載せただけ」で当選 フリーター磯谷香代子議員の「超幸運」.

そうは言っても政治に興味がないわけじゃないんだろう。市民活動もやってはるらしいし。杉村クンとは生きてる月日の重さが違うだろうなと思う。

でも超?

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々