« 東條英機とベンチャー | トップページ | 占いは好きなので »

2009年12月11日 (金)

文系界隈の研究事情2

リンク: 若手研究者育成事業の削減について (内田樹の研究室).

あーダメだ、全然。説得されないなぁ。

思うに、内田せんせい自身が、「違うな~」と感じつつ書いてるからだろう。まったくもってキレがない。頼まれて書いたなカンがみえみえ。

内田せんせい自身は、学生時代から翻訳会社などをやってたらしいしね。金とヒマを与えて遊ばせろなんて、ハナから思ってないと思うな。

筒井康隆の「唯野教授」を連想しちゃうでしょ、どう考えても。そう、教授クラスの事業仕分けは必要かも。

あと、「ブレークスルー」ってコトバ出しちゃうんなら、事例をひとつでも挙げるべきだよな。例えばこんなのってカンジで。もちろん人文系で

(思いつかないよね。そもそもないだろ、そんなもの。考古学にはありそうだけど)

« 東條英機とベンチャー | トップページ | 占いは好きなので »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文系界隈の研究事情2:

« 東條英機とベンチャー | トップページ | 占いは好きなので »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々