« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月24日 (金)

紫陽花を買いました

Sany0118

またまた遅くなっちゃった。。すみませんシムシム。。ツイッターでは日付のズルっこ出来ないので、当日につぶやきました。。こちら
いつものように、月に一度、志村氏のためにお花を買いました。

今月は6月だし紫陽花がいいなと思っていたけど、売ってるかどうかわからなかったので、親戚のおばちゃん家に貰いに行く予定でした。

が。。ちょっと行くのが時間的に無理になって、結局、家の近所の花屋さん巡りをしました。

4軒回ってやっぱり売ってないな。。諦めるか。。といつもの花屋さんを訪ねてみると。。なんということでしょう!そこに待っていてくれてたんです。なんかビックリ。。

白い紫陽花もあって、そちらの方が元気だったみたいなんですが、やっぱり紫陽花はブルーだよなーと思って。。ちょっぴりしんどくなりかけのブルーをお持ち帰り。。

花瓶がないので100均で夏用の涼しげな器やら敷物やらをゲットして、ガッシリ撮影会しました。
どうでしょう?うまく撮れてるかな。。

なんか志村のためにと言いながら自分が楽しんじゃってる感じしますが、それもいいよね?志村。。

当日のフジファブリックTLはいろいろなやり方で、志村への愛があふれているので、見るのがとても楽しみです♪ 今月はお花を買ってる人多かったな。心なしかいつもより。。あとコーラ缶やらアメスピメンライやら。(ハッ(゚Д゚)アメスピメンライ買わなきゃ!)

それから、今月は富士吉田を訪れる人が多かったですね。7月から富士急行の富士吉田駅の名前が富士山駅に変わっちゃうというのもあってか、6月は毎週のように(平日でも)どなたかが、あの富士吉田の町を歩いていて、志村に「会いに」行ってる様子を拝読して、自然に顔がニヤけてしまい困りました。。(*´ω`*) まぁ私も行ったんですけど(*´艸`)

そんなわけで、私は志村のおかげで、毎日ニヤニヤと楽しい日々を過ごしております。ありがとございます♪

フォロワーのじゃこさんが「(志村くんは)もう今やみんなに奇跡を起こすのに大忙しよね(笑)」と呟いてたけど、ホンマそうやな。。大忙しw ごめんね志村。。でも夏のフェスに向けてガンゔぁって!いろいろ期待してるよ(笑)

。。暑いから、一日家を空けたら、あっという間に萎んじゃった紫陽花。。美しい花の命は短いなと思ったけど、写真に撮って焼き付けたからね。

2011年6月10日 (金)

雨の富士吉田に行ってきた

先月28日に再び富士吉田を訪れました。前回が去年の11月なので、およそ半年ぶりでした。

当日のツイログはこちら

梅雨に入る前の青葉繁る5月。
四季盤には入ってない。。というか、私のフジファブリックの曲のイメージではないけど、この時期の爽やかな富士吉田を体験するのもいいかな。。と思ってた。。

大阪発の「フジヤマライナー」に飛び乗って、君に会いに!

1307700747711.jpg

だけど着いてみると、すっかり曇り空。。^^;
まるで真っ白い分厚いカーテンに覆われたような富士吉田の町。。


1307700760844.jpg

西から台風がやって来ているという状況だったので、実は行く前からわかってたハズなんだけど、いざ富士吉田に着いて、そこに居るはずの富士山が顔を見せてくれないという現実に私はすごく打ちのめされました。。圧倒的な存在から何らかの罰を受けているような。。そんな大袈裟な気分になっちゃったんだね。。

不思議だ。大阪では決してこんな気分にはならないよ。曇り空ぐらいでは。。むしろアンニュイを楽しむ感じだしw

でも、雨の富士吉田を体験して…「天気に左右上下、振り回されちゃうよ」と歌った志村の気持ちがわかる気がした。

一人旅だったら、しくしく泣いていたかもしれないな^^; だけど今回はツイッターでお知り合いになったesorasoさんとご一緒だったので、気持ちを切り替えて行動出来ました。

幸い一日を通して雨降りは酷くならず、ぽつりぽつりと降り続ける感じだったし、寒くも暑くもなかったので、歩き易かったです。。


富士吉田駅から下吉田駅までは電車に乗りました。

1307700762481.jpg

前回はすべて歩いたので、実は電車に乗るのは初めてでした^^; 富士急行の富士吉田駅が7月から富士山駅に駅名変更されるので、その前に記念切符などをゲットする目的も今回の旅にはありました。


下吉田駅を降りて、最初は雨の忠霊塔。。

1307700764508.jpg

マストですね。ここで「浮雲」を聴くのもマスト。階段の途中で傘をさしつつ写真撮影会した。もちろん、志村のポーズを真似て(笑)

雨の大正寺。。
1307700767088.jpg
前回もお邪魔しましたが、ほんとうに親切なお寺さんです。ごゆっくりどうぞと庭が眺められる部屋に通され、温かいお茶とお茶菓子まで頂きました。訪れたフジッターさんらがメッセージを残すノートは既に2冊目。。「ノートは今日、返ってきたばかりなんですよ」と言われた。志村のお母さんが読んで下さってるんですね(T . T)


そして、お昼は、たぶん一番美味しいみうらうどん。。
1307700770933.jpg
相変わらず麺は縄のようでしたが(笑)美味しかった。なんかハマるんですな。。同席されたおそらく地元の男性の方が、すごい勢いで食べていたのでさすがと思いました(*´ω`*)

それから下吉田まで歩いて戻って、念願のカフェ月光さん(*´ω`*)
1307700773539.jpg
前回は時間無くて断念したので念願でした。富士山は諦めるから、せめて、なつちゃんに会いたい。。

。。と来てみたら。。あれ?なつちゃん?何処へ!
1307700775868.jpg

いやん、なつちゃん、遊びに行っちゃうんですか?遊びに行かないで戻ってきてー!!
1307700778188.jpg

と。。去りゆく尻尾に呼びかけました。。でも、行っちゃったな。仕方ないなと思いつつ、店内に入りケーキを注文したり、いろいろ眺めたりしていると。。

ハッ(゚Д゚)なつちゃん!!

1307700780201.jpg

窓に貼ってあった笑門招福のステッカーみたく、ちょこんと座るなつちゃん。。慌てて激写しました。何とか撮れてヨカッた。。店内に入りたい時に此処に座るようです。それから、入ったり出たりを2〜3度繰り返してました^^;


もちろん、カフェ月光さんの売りは、なつちゃんだけではありません。店内の雰囲気と出されるお茶&スイーツのクオリティの高さ!私はペルーのコーヒーとかぼちゃのチーズケーキを注文しましたが、ホンマにめちゃくちゃ美味しかった!
1307700782784.jpg


さて、カフェ月光さんで2時間近くゆっくりしてから、もう一度歩き出しました。

すぐ近くの月江寺。幼い頃、志村がよく遊んだという池があるこのお寺で「のっそのっそお地蔵さん」を拝顔。前回来た時はここで花火大会があるという情報を知らなかったので気にしてなかったんだけど。。esorasoさんに言われて、はっと気づいた。やっぱり二人だといろいろ発見があるね(*´ω`*)

そして最後に、これも初めて訪れる、きれいになった富士五湖文化センター。

1307700785197.jpg


富士山はついにお顔を見せてくれなかったから、これが今日の富士山だねと言いながら記念撮影しました。(*´ω`*)

。。。

そう。。今回は富士山をついに見れなかったけど、とても印象的な旅になりました。しみじみと、フジファブリックの、いや志村の曲は雨が似合い過ぎるって思った。

帰りのバスの中で寝落ちる前に聴いた初期三部作、つまり志村の原点というべき作品群がホンマずっしりと心に響いてしまって、しばらく深い海の底を漂ってる気分でした。今まで私は何を聴いてたんだろうなと。。志村の凄さをまた実感したよ。。

それから、富士吉田に行くまで風邪をこじらせ咳が止まらなかった私ですが、帰りのバスではすっかり快復してた。。これも志村の凄さでしょうか!志村マジック!!(←何でもいいんです。スルーしてください苦笑)

志村マジックと言えば、月江寺駅から富士急行さんに乗った時に、さらにやってくれた。。
1307700786849.jpg
名前見てください!な・ま・え!君は志村じゃないけど。。いや、志村だけど。。志村じゃない。

でも、めっちゃ上がったの。。(〃▽〃)

2011年6月 7日 (火)

俳句・短歌 @ツイッター(4月~5月)

ほんと、まとめて投稿する癖がついちゃって、ダメですね。

でも、ひゅいと納得できる句が浮かぶことは滅多にないので、ちょっと時間をとって、うんうんと唸りながら作るしかないのかもしれません。

内面から湧き出るような、ほとばしるような感情はご無沙汰。。恋でもしなきゃっすかねー(* ̄ー ̄*)

では、どぞー。

【4月】

春の山変わらぬ姿見せており

春告鳥知っても知らぬとホーホケキョ

竜天に昇る眼下を見守りつ

名残雪積もる瓦礫に死んだ児に

春怨を糧にし花は咲き乱れ

市街地に蝶を見つけた帰り道

接木して続く生命の先思う

跳ね上がる雨 放射能の春深し

数秒の息継ぎをする穀雨かな

列島の揺れる大地に菫咲く

春眠に逢いたき人は遠き声

山吹のスカート膨らませて風

若芝に裸足踏み入るゴジラかな

黄水仙 真白き君の喉仏

【5月】

天井にふうせん 月のようにいて

苗代の水面に映る逆さ富士

沈黙の若葉は繁る みちのくに

ソーダ水 外国船の汽笛聞く

プリンセス レースのカーテンを纏い

仄暗い部屋に息づく冷蔵庫

短歌 ゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。゜・。。・゜゜・。。・

【富士吉田編】(また追加するかも)

左側ただソコだけの音を聴き冷蔵庫の前カラダまるめる

夜走るバスに飛び乗り向かいます君のいた町もういない町

真っ白く分厚い布で隠されたようなあなたの心のような

雨が降る富士の麓の町に来てほろりほろり聴く君の歌声

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々