« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月25日 (日)

リューカデンドロンを買いました。

1357140327054.jpg

いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました。(当日のつぶやきはこちら

今月はリューカデンドロンという名前のお花。。知らないですよねぇ。。花屋の娘さん(笑)は「私、これはすごく好きなお花でよく買って帰るんですよ~」って言うてはりました。

日持ちしますよ~という一言で決定(またかw)アレンジに加えたり、ドライにしてリースを作ったりにも重宝しそうです。。

写真をツイッターにアップしたら、クリスマスっぽい色合いですねと言われました。うん、確かに!ちなみに、画像検索してみたら、品種が多くて見た目もさまざま。同じ名前が付いていてもまったく別の花に見えなくもない。そして、たしかにどれも素敵です。。今っぽいかっこよさというかw

もともとは南半球で咲いている花だそうです。花言葉は、閉じた心を開く、物言わぬ恋などなど。

゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

この花に似合うのは、やっぱり「MUSIC」のジャケットだと思いました。

志村のFenderストラトキャスターの、あの淡いブルーの感じが出ればヨカッタのですが。。残念ながら無理でした。。

ところで、あの淡いブルーはソニックブルーと言うのだと思っていたのですが、こちらのブログを読むと、ペイルブルーになるみたい。

志村正彦展 企画展レポート4 / Fujifabric International Fan Site

アートワークを担当した北山さんが、ペイルブルーと書いておられるようです。

ただ、アルバムの特設携帯サイトには、「Fender Custom Shop Master Built Series John Cruz 1962 Stratocaster Relic Sonic Blue」となっていて。。

基本的には、ダフネブルー>ソニックブルー>ペイルブルーの順に薄くなるようですが、フェンダーは時代(モデル年)によって色味がだいぶん違うみたいだし、ソニックブルーとペイルブルーはほぼ同じだよっていう方も。。

いやぁ、でもでも。。実際に楽器屋で現物チェックしましたが、全然違うんですよね。。ペイルブルーはちょっと緑っぽいトーンに見えてしまう。。あれほど、正しく水色で淡い色合いは、なかなか無いんです。

ネットでもいろいろ検索してみて。。かなり余談ですけど。。

色彩の名称としてはソニックブルーもペイルブルーも無かった!(ペイルアクアやペイルターコイズはあった)笑

ペイルはpaleで、薄い、淡いという意味なので、まぁそういうことなのかなとは思いますが。。色味としては、アリスブルーっていうのが近いような。。光の加減にもよりますかねぇ笑。。

ついでに、もひとつ余談ですが。。あのジョンレノンも同じような色味のストラトを使ってたみたいです。。(こちらのブログ) 61年製みたいだけど(そんなのあるのかな?)

。。てか、あれ?アコギのテキサンはポールモデルだったぞ。志村って実はビートルズ好きだったのか?笑

まぁいいや!志村のめっちゃ淡いブルーのストラト。。すごく好き好き(*´ω`*)。。こんな淡いブルーを選ぶ志村がやっぱりめっちゃ好きやなぁと改めて思ってました。。

また、1年がめぐりますね。

2012年11月17日 (土)

cinema staffワンマンツアーに行ってきた

1353123881213.jpg

初cinema staff、11月6日に心斎橋JANUSへ行ってきました!

これまで何度かシネマスタッフの、一般のライブだけじゃなくて残響祭とかフェスを含めて行こうとして、何度も都合がつかなくて諦めて。。が続いてました。で、今回ほんとにようやく行くことが出来ました。

やーーーヨカッタ!ヨカッタヨカッタ!!一気にハマりつつありますw 11/6以降の私のつぶやき、超わかりやすいです!笑 久しぶりに新しいバンドにハマる感覚が嬉しい。

1353123883863.jpgさっそくタワレコさんに行きお買い上げさせていただきました!とりあえず3枚!

1353123886282.jpg 色紙のコメントに萌えたりしてw

ツアータイトルは「夜は短し歩けよ辻」だって。。なんだそれ(*´∀`*)

タイトルについて説明ありますって振られた辻くんって結局なんも言ってなかったんだけど笑。。ごっつい気勢はあげてましたね。パフォーマンスというか、なんかちょっとエガちゃんに見えちゃったのは内緒ね笑。。客席に乗り出して煽る煽る感じで、男子多くてダイブもゴロゴロ気持ち良さそうに何度もしてたね。いやぁ軽そうだった!笑www

。。。と辻くんのことばかり書いてるけど、実は7割方は飯田くん見てましたw

そうボーカルの、みらい似の(と私は思ってるんだけど)。。ぽわん。。

あっ。ぽわんと言えば思い出した。

辻くんはギターフレーズ記憶させてぽわーんってさせるやつばかり使ってるらしいくて、ベースの三島くんに「俺のようにちゃんと弾きなさい」(だっけ?)とたしなめられていました。そりゃあんだけ動き回ってると、やっぱりいろいろ弾けないんじゃないかしら(爆)

はっ。また辻くん話だ。。いやでも、彼はおもしろ担当だからね(え?違うの?)

。。そう、いろいろ比べてしまうのだけど、シネマスタッフはワンマンじゃなくて、4名いて成り立つっていう感じがライブでもすごく伝わるバンドだった。MCはフロント3名で交代してやってるし、作詞はベース三島くんだけど、曲はcinema staff名義。

「岐阜から来ました!cinema staffです!」と地域色を出してくるのもなんか楽しい。そういうサイドストーリーも好きな感じなのです。もちろん楽曲が良くなくては引っかからないわけですが。

最初に聴いたのは「skelton」だったかな。。radioから流れてきて、いいなぁと耳に残って翌日にいろいろ調べてシネマと判明したのだね。

その頃のツイログを確認すると、2011年4月17日。そうか。。震災後1ヶ月ほどの時期だったんだな。。だから、なんとなくradio聞いてたんだ私。。

昨日聴いた残響レコードのんは「cinema staff」というバンドみたい。PV観た。。ふむ。。普通にいいね。でもやっぱり、マジカルアワーにお布団の中で聴くラジオの威力ってあるな。。しばし動向注目(←偉そw)

posted at 12:57:15

ほんと偉そうだ。。

でも、日々あふれ流れでる音楽の中で、それが耳に残って、しかもライブに行きたいとまで思うのは、私にとってほんのひと握りで、それがシネマでした。

ボーカル飯田くんの声、沁みた。。でも、あの頃は、良すぎて残念って思おうとしてたかもしれない。。沁みたのは間違いないのに、その事実を消去しようとしていた感じもある。。志村の声以外は受け入れられない状態だったから。

。。そう言えば先日、彼らがやってる中部地方のFMラジオで、フジファブリックの「陽炎」をカヴァーしてくれて、ものすごく嬉しかった。それは志村の泥くさい「陽炎」に比べると、びっくりするほど張りがある綺麗な「陽炎」で、綺麗すぎて「陽炎」じゃないみたいだったけどね苦笑。。歌い継がれていくのって嬉しいことだ。

このFMラジオは中部地方しか聞けないのでフォロワーさんが録音してくださったのです。現在は飯田くん司会でやってるのですが、徐々に毒舌な面が明らかになってるとか。面白い。ブラック飯田らしいです。聞きたいなぁ。。

ライブでも「俺の歌を聴かせてやる」とかMCして、三島くんに「道明寺かっ」とつっこまれてました。ぐほぉ(*´艸`)

そんなわけで、また年甲斐もなく、さらに若いバンドにハマりましたw

まぁとにかく、シネマのPVはYouTubeでたくさんあがってるから是非観てみてください。残響出身だからカッコイイというのは間違いないんだけど、変則リズムのバンドサウンドに乗ってるのは意外とポップなメロディで、みらい似のボーカルがエモい声で歌うんだから、良すぎて残念なはずがないよな。。絶対ハマる。

一個、貼っときます。大阪アンコール曲「GATE」

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々