« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

アネモネを買いました。

1359683506929.jpg

いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました(当日のつぶやきはこちら

今月はアネモネ。。この花びらのように見えるのは実は本当の花弁ではなく、萼片(がくへん)が変形したものだそうです。陽の光や温度によって閉じたり開いたり。。

「へぇ」。。珍しい。。」と思っていたら、チューリップやクロッカスもそうなんだな。。知らなかったw

もともとはパレスチナ生まれで、十字軍遠征以後、イギリスやオランダに持ち込まれて品種改良されたとかで品種は多彩、花言葉も多彩。。

「期待」「君を愛す」「真実」「薄れゆく希望」「はかない恋」「嫉妬のための無実の犠牲」。。

花言葉だけで悲しい物語が出来ちゃいそうですねw

紫のアネモネは「あなたを信じて待つ」だそうです。。さらに悲しいww

いや、もうさすがに。。きみを待ってるんじゃないんだけど。。

きみのいない世界を埋めてくれる音楽はずっと待ってる。

残念ながら、それはもうフジファブリックじゃないんだとある日感じてしまったから、それからは新しい何かを待ち続けてる。

きみの曲を、きみの曲だけをずっと聴いていればいいじゃないかと思ってた時期もあった。

新しいメロディはもういらないって。。

だけど、やっぱり欲しいんだね。人間って強欲だね。。あっワタシがか。。

だから、いろいろ聴いてるよ。いろいろライブも行ってます。

そして、思い出したようにきみの曲を聴いて、やっぱり良くって。。そんな毎日。

2013年1月20日 (日)

飯田瑞規 弾き語りライブ@ TOKUZO に行ってきた

1/17、名古屋へ遠征して行ってきましたよ!

cinema staff のボーカル飯田くんのソロライブです。すごいよかった弾き語り。。真正面の良席。ひさびさにぽわんぽわんした~!絶対また行きたい!

出演者は4名。うち一人は、「flower flower」さんだった。。。驚いた。シークレットだったからね。髪をばっさり切られていて、最初わからなかったし。。

ハコは得三さん。いいライブハウスでした。フードとドリンクが豊富で美味しかった。。っていうかライブやってないときは居酒屋さんなんだって。なるほど。

セトリ、ツイッターから拾いました。。

2013/01/17 飯田瑞規@得三

1.into the green

2.どうやら

3.キトリ

4.あのスポットライトを私たちだけのものにして

5.制裁は僕に下る

6.KARAKURI in the skywalkers

en.優しさに包まれたなら(出演者全員でカバー)

飯田くんは、白いアーティストTシャツにグレーか紺のカーディガン、キャメルのパンツ。出番前、ステージ横に出てきてたときは、ちょっと濃い目のブルーのシャツを羽織ってたと思う。。髪の毛は案の定ふわふわ。。やっぱりオシャレ男子!

「キトリ」が良くてさ~。音源ないんかなぁって思う。。暗くてエモくてドギマギした。。

。。"そうやって君の苦しみで僕を汚してくれたらいいのにな"だっけ。。

すごい好きだあれ。。

飯田くんは吉井さんに影響を受けてるって。。なんかのインタビューで答えてたな。うん、なるほど。。うん。

あった。これだこれ。他のメンバーの受け答えがおもしろすぎてもうあれですが(おつじくんw)。。。あっ、「これから新しく挑戦したいと思っていることは」の質問に弾き語りって答えてますね。(*´∀`*)

New Audiogram:Q&A 10

検索したらいろいろ出てくるなぁ。。以前からけっこうやってるんだね弾き語り。。でもメジャーになっても変わらずこういうの続けるっていいことだわぁ。。

あっ。おつじくんともやってるんだ。ふたりで!以前、学生の頃にふたりはユニット組んだことがあるみたいだし。。ほぉ。。

まぁ、おつじくんの話は置いてwww

そういえば。。「制裁」、一度ライブで聴きたかったから、聴けてすごい嬉しくて泣きそうだったんですけど、飯田くんが、フラワーフラワーさんの真似をしますと言いつつ、シンガロングをこの曲でやって、最終的には爆笑してしまいましたよ。。。

"のたうちまわる"の部分をシンガロングだよ。何考えてんだあのかわいい子はw

まぁ。。私は好きだけど( ´▽`)←盛り上がった!

終わってからはステージで普通に機材片付けしてるし、店内に出てきて店の人と話してるし、たぶんお友達?が来ておられて私の座ってたテーブルの横で立ち話とか。。あわあわわ。。なこともありつつ。。

勢いでサインもらってしまいましたwww さすがオーサカのおばちゃんw 

そういえば、ライブ前に伊勢神宮へ寄ってお参りもしたんだよね~。今年2013年に20年に一度の「式年遷宮」がある、この機会に拝んできた。

そんなこんなで、ほんま、パワーをもらった一日でした!!

1359611900444.jpg 1359612465217.jpg

2013年1月16日 (水)

THE KINSELLA FAMILY JAPAN TOUR 2013 に行ってきた

キンセラファミリーのジャパンツアーに行ってきました!(当日のつぶやきはこちら

キンセラとはなんぞ。。実はまったく知らなかったのですが、東京公演がcinema staff さんと対バンだということで興味がわきました。

シネマスタッフさんのファーストミニアルバムに収録の「部屋にて」という曲の中に、"スピーカーから流れ出すOWEN" "キンセラの声さ" というフレーズが出てくるのです。

。。東京まではなかなか行けないので大阪で。。cinema staff さんは居りませんし、会場はcommon cafe と呼ばれるフリースペース。

事前におつじくんのブログ経由で、ティムさんのYouTubeを拝見して、そのフリーな演奏スタイルにほほぉと唸っておったのですが、実際もめっちゃフリーでした。曲と曲の区切りがわからんしww たじろいだわwww

でも、とても機嫌よう歌ってくれてました。一枚ずつ服脱いでったしねwww パーカーのフードを頭からすっぽりかぶっての登場だったのにね。。高揚してきたんだろうねwww

最後の一枚がグリーンのTシャツで、グリーンラベルのコマーシャルみたいでなんか、かわいかったです!あっ。。すみませんwww

伝説のエモ・バンド「キャップン・ジャズ」というのを、弟のマイク・キンセラさんと結成されたのが10代の頃らしいです。その後、「ジョーン・オブ・アーク」などのユニットで、後続に影響を与え続けてきたシカゴの才人。。うん、確かに。シネマにも影響与えてるんだもんね。

今回、アコースティックだったのでちょっと残念だったけど、バンドで遠征というのはなかなか難しいらしいね。。

今回のツアーでともに来日された、従兄弟のネイトさんに聞きました。

ネイトさんのアクトは、録音機材?を使って、いろいろバンドっぽくしてた。オモチャの木琴とか効果的に使ってて面白かった。

ご自身のバンド「メイク・ビリーブ」でもドラムとキーボードを同時に演奏する離れ業とかしてるみたい。ふむふむ。。片鱗を楽しませていただきました。

いいキンセラの夜でした!

1359598184140.jpg 1359598185976.jpg 1359598187557.jpg

2013年1月11日 (金)

ゾウさんミュージックフェスに行ってきた

新年明けて1月6日。2013年の初ライブは、ヒダリさん主催のゾウさんミュージックフェスでした!

ZOUSAN MUSIC FESTIVAL 2013

面白かった~。いいバンドをたくさん知れて、チケット代がなんと前売り1800円。めっちゃお得なフェスでしたよ。

でもヒダリさんと言ってもご存知ない方も多いかもしれませんね。。こちらをご参照ください。

以前に一度フリーライブに行った際にレポをアップしました(こちら)が、もともとはツイッターでフォロワーの方がつぶやいておられたので知ったのだったかな。。YouTubeにあがっているPVを聴いて一気にハマってCDを即買いしたバンドです。

その彼らが立ち上げた音楽レーベルが「ゾウさんレコード」で、音楽イベントが「ゾウさんミュージックフェス」です。

。。まぁそんな思い入れは置いても、ほんまにいいイベントでした。

会場が三宮の同じビルの中に入っているキャパの違う3軒のライブハウスだったので、ちょっと忙しかったけど、途中で抜けて行ったり来たりしてほぼ全てのアクトを見ることができました(普通のフェスなら必ず裏で見れないアクトとかあると思いますが)

出演アーティストも多数でバラエティに富んでいたし、巷で注目されている方々もチラホラ。。。心奪われるアクトが多かったです。

初見では特に、ひまわり畑さん、コロボックルズさん、YUEY(ユウイ)さん、カーテンズさんが気になりました。

もちろん、ヒダリさんやFERRYYさんのアクトもヨカッタ~。

上にリンクしたフェスのページ(この作りがわかりやすくてとても親切なんですが)、「artists」のページで出演者たちがYouTubeのリンクとともに紹介されています。

ぜひクリックして聴いてみてください。ハマるバンドが見つかるかも。

このゾウさんフェス、半年後か一年後に2回目の開催を目指すとヒダリの太田さんが言うてはったので、その時にはさらなるフードとちょっとした休憩場所があれば最高やなぁ(´-`).。oO

1359394928993.jpg 1359394931473.jpg

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々