« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

ヒペリカムを買いました

1370849081989.jpg

いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました(当日のつぶやきはこちら

(ブログアップを忘れていたので日付誤魔化して月末にしました。)

今月はヒペリカム。花色は黄色なので、この赤いのはもちろん実です。でもこの赤い実のほうを最近よく見かけます。実つきを良くさせた改良品種だそうです。

花言葉は(まぁ今回は実だけど)、「悲しみは続かない」「きらめき」

(そして、ヒベリカムじゃなくて、ヒペリカムのようです。「べ」じゃなくて「ぺ」。)

さて。。気を取り直して。。今月はお知らせがあります!

すでに多くの方がご存知だと思いますが、ここでもリンクを貼らせていただきますね。

2013年 志村正彦君 生誕祭 in 富士吉田

はい、そうなんです!

来月10日のシムシム誕生日に合わせて、再び富士吉田の方々がイベントを開催してくださるんです!!(v^ー゜)ヤッタネ!!

7月12日(金)の夜7時~14日(日)の夕方頃までの3日間に渡って、「志村正彦を歌う」というコンセプトで、下吉田の各所にてライブが行われるらしい!!!(・∀・)イイ!

(詳しくはリンク先をご覧下さい)

わたくし、もちろん行きます!もちろん行っちゃいますよ~~~~(◎´∀`)ノ

残念ながら13日の昼頃に到着して一泊しか出来ないんですが。。めっちゃ楽しむ気満々ですヽ(*≧ε≦*)φ

だって、「志村正彦を歌う」んですよ?

さらに、さらに。。。(これは6月以降に出てきた情報で日付が前後しますがご勘弁をw)

この3日間はあの夕方5時のチャイムが再び富士吉田に鳴り響くとのこと!

前回、3回忌の時には無念ながら現地に行けずチャイムを聞けなかったので。。

ホンマに嬉しい。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

どのくらいの人が来られる予定なのかなぁ。。新生フジファブリックのファクトリー出演と被っているらしいからなぁ。。

もし、このブログを読んでくれていて、13日行くよという方がおられましたら、どうぞ仲良くしてください。

来られる方が少なくても拗ねるなよ。私が行くから。ね、しむらヾ(´ε`*)ゝ

2013年5月16日 (木)

ニシハラシュンペイ 弾き語り@ VOX hall に行ってきた

ヤーチャイカさんで京都に来られたついでなのか、翌日、ボーカルのニシハラさんが弾き語りをされるというので、行ってきました。

ハコは再びVOX hall イベントタイトルは「殺伐とした日々~ゴールドエクスペリエンス~」というもの。。

水中、それは苦しいのジョニー大蔵大臣さんや井乃頭蓄音団の松尾さん(及びギターの方)も出てらしたので、おぉ。。これはそういうイベントなのかなと思ってたら、もうてんでバラバラな出演者たち。。

バラエティ感が満載!という意味でエクスペリエンス感やばかった。。実に楽しめました!

エクスペリエンス=これまでにない経験かっていうと、むしろこういうのは常日頃やっていることかもしれない。

7時の悲しいニュースに打ち震えながら8時になるとバラエティ番組を見て笑う。。

強く受けた衝撃を和らげようと無為にお笑い番組や音楽番組に走るみたいな。。

ちょっと違うかww

でもそんな風に考えたくなるほど、トップバッターで登場したニシハラさんの弾き語りは。。。

深く突き刺さりました。

この「経験」をどう伝えればいいかな。。

終わったときは。。放心してました。「ちょっと放心してる。。」としかつぶやけてないワタシだった。。苦笑

イベントはしっかり最後まで観て帰路についた。いろいろ日常を消化した。

でもボディブローのように効いてきたんです。。

翌日、ワタシ泣きました。翌日、泣いた。

寝落ちして、午前三時に目覚めてしまい、明け方までYouTubeの動画を繰り返し再生。

真夜中に、電気は消したままでいると忘れていた感情がむくりとよみがえった。

こんなことは滅多にないこと。センチメンタルな気分なんてのは!

また聴きたいです。また関西に来てくださいね。ニシハラシュンペイさん。

2013年5月14日 (火)

新福菜館へ行ってきた

京都でのライブ前に一度行ってみたかった新福菜館でラーメンとチャーハンをいただきました。

。。って、実は今回ヤーチャイカのニシハラさんがつぶやいてはったのを見て行ってみようと思ったのですがw(←ミーハーw)

ご一緒したフジファブリック繋がりのフォロワーさんは以前からご存知だったみたいで、ホントに一度行ってみたかったらしい。くるりの岸田さんや10feetのタクマさんがよく楽屋に出前してもらってるんだって。

中華麺2つとチャーハン1つを注文。じゃーん。

1368496848691.jpg

いやぁ、びっくりしました。写真をご覧になってお分かりのように、醤油だもの。醤油ラーメン。。ってか醤油だもの。

お伊勢さんで食べた伊勢うどんっぽい。ヒント得てるんじゃないかなぁ。。

でも伊勢うどんほどダシはきいてなかった。味は。。。まぁまぁってところ。麺がちょっと伸びかけていたのは、あーいう仕様かしらwww 出てきた途端、喉が渇きそうと思ったけどそれは意外と大丈夫でした。

チャーハンは美味しかった。昔懐かしい味。しかしこれも醤油で真っ黒でしたw

実は翌日もVOX hallだったのでライブ前に行ってみたのですが休憩時間だったのか開いてませんでした。

うげー!まんま醤油やん!!。。とか言いながら、もう一度食べてみたいかもw

ヤーチャイカ プチツアー@ 京都・大阪に行ってきた

4/27は京都VOX hallで、5/11は大阪天王寺Fireloopでヤーチャイカさんのライブを観てきました!

ヨカッた!もう絶対好きだわ~って思った!

またすぐにライブが観たくなってるよ。中毒性、やばいです。

 

一緒に出演されたバンドさんもかなりよいメンツで楽しめました。

例えば京都ではモルグモルマルモさん、大阪ではカルマセーキさんを初見出来ました。どちらもとっても魅力的だった。。機会が合えばまたライブ行きたいです。神戸とか来てくれないんだろうか。。。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 

1368495353186.jpg

さて、京都はモルグさん企画で、壊れかけのテープレコーダーズというバンドさんも出てのスリーマン。

あっいや。フォーか。。「壊れかけのモルチャイカ」という謎のユニットがオープニングアクトで登場しましたね( ´艸`)プププ 楽しんでましたねぇ。

曲は何をやったんだっけな。。カバー曲。。あっ「デイドリーム ビリーバー」だったな確か。。と記憶が曖昧なのは、メンバーがお髭や仮面(目だけ隠すやつ)で扮装して出てきて笑撃でw えっとあれは誰だ?と確認する作業に忙しかったからww 

そうそう。。あれですかね?モルグさんのボーカルの藤谷さんもあれはやっぱり扮装してたんですかね(殴)。。いや、かなり似合っておられました。

4/27 ヤーチャイカ・セトリ;めのう→(不明)→ジャンボリー→(新曲)→鏡よ、鏡→鈍亀→かなりあ→屋根裏の月

やっぱりすごいわ。演奏が安定している。

「めのう」始まりは定番かな!笑。あの不穏な感じのイントロで一気にヤーチャイカの世界に誘われちゃう。最後の「屋根裏の月」の超絶かっこいいアウトロまであっという間に終了しちゃいました。

持ち時間が短いんじゃない?と思っちゃうのは単純にもっと聴きたいから。あーもっと聴きたい!かっこよすぎて、頭がぐわんぐわんした!

ヤーチャイカさんの曲はイントロから印象的なフレーズが多いと思う。イントロがAメロかっ!ぐらいの勢い。素人だしコード進行のツボとかはよくわからないのだけど、とてもメロディアスで独特の世界を持ってると思います。

ライブでいつもやってくれる「鈍亀」の音源がやっぱり欲しくて、今回1st DEMOと2nd DEMOをネットでDLして手に入れた(残念ながらCDはSOLD OUTです)のですが、アルバム『メルヒェン』の曲調とガラリと違っていて、また新しい世界を見せてくれていてびっくりしました。幅広くて飽きないので、ずーっとヘビロテしてます。。(完全にハマりましたw)

曲調は違うのにヤーチャイカの世界になってるのは、ボーカル・ニシハラくんの特徴のある声(←中毒性あるので気をつけて!)とキーボードの独特な音色だろうな。。いつか初期の曲も聴けるぐらい長めの尺でライブやってほしいです。。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 

1368495355675.jpg

続いて、大阪天王寺はナードマグネットっていうバンドさんのレコ発イベントになるのかな。

全6バンド出演。まったく系統の違うバンドですがいいバンドが揃ってた。いわば小規模なフェスみたいなもんだなって。。(違う?) こういうブッキングってどういう仕組みでやってるんだろう。面白いなぁ。

5/11 ヤーチャイカ・セトリ;めのう→(新曲:たぶん「太陽のトーチカ」)→(新曲)→ジャンボリー→鈍亀→鏡よ、鏡

京都より2曲も少ない(;д;)

でも新曲はしっかりやってはりましたね。前回の京都からの間に音源すべて聴いて行ったけど知らない曲があったので新曲と思います。確認したかったけど機会を逸した。

「太陽のトーチカ」は二度目だったのでわかりました。メロディが耳に残ってるんです。

たぶん今年も新譜が出るんだっけ?とても楽しみ!

 

。。んで、安定の「めのう」始まりだったんだけど。。「めのう」が終わって、ボーカルのニシハラくんが「こんな壊れ方をしたのは初めてです」と突然言ったのでびっくりした。

話(MC)を聞いてみると、なんとギターが変な壊れ方をしちゃってたみたいでした。演奏が安定してたので全然気づかなかった。

壊れてるんだけど音は鳴ってるという変な状態らしくて。。「なんかこういうの楽しいです」と高揚した表情(半笑いだったかなw)で言っていてそのまま「一弦を酷使する曲?」に突入していったんだけど。。

あとでツイッターでつぶやいてはったのを見ると実は少々動揺してたみたい。。

演奏を聴いてても、ニシハラくんも他のメンバーも全く不安定な感じがなかったのでわからなかった。大したことはないんだと思ってた。。プロですね。若いのにすごいなぁと感心。。(こういうのに年齢は関係ないですね)

 

ツイッターでたまにリプをくれるので書くのが微妙なんですが。。(おばちゃんなのでもちろん書きますw)

大阪では友達が一緒に前に来てくれたので真ん前でガン見しましたw 

間近で見た友達が「イケメン好き?」と聞くので「うんうんうん」と大きく頷きながらww

大阪のステージ、青白いライトが当たっていてきれいでしたよ。

相変わらず、前髪で目が隠れ気味だったけど、京都の時よりは見えたかな。瞳が大きくてきれいなのだからもっと見せればいいのにね。

でも邦ロックファンは目が隠れ気味の人が好きということもあるのか。。

あ。。くぼんげもみずきんも隠れ気味。やっぱりそうかもしれません。

。。しむらは。。だんだんと見せてきて、最終的にどこを見てるかわからない瞳をしてたんだっけ苦笑。。そんな人がいたら、やっぱり覗き込みたいよね。

ちなみにニシハラくんはしむらには似てませんね。むしろ。。誰だろう。。これが思い当たらない。

2013年5月 7日 (火)

KEYTALK × cinema staff @たいとら に行ってきた

2013/05/02 神戸「太陽と虎」でのシネマスタッフを見て来ました!KEYTALKさんとの対バン。ネマさんがゲストなので先攻。

最初からあったまってましたね。。もう会場の熱気がやばかった。人多すぎやばかった。。

私が到着したのが開演ギリギリだったのもあるけど、正規の位置では見れず、バーカウンターあたり、つまりステージから見ると右真横からじっとりと覗き見る感じにw

しかし、みずきんしかガン見しない私にはベストポジションでしたw

たまに、おつじくんがフロアにせり出てる部分にはしゃぎ出てみずきんに被りがちのときは、(おつじくんを)避けるようにしてみずきんをガン見しました。完璧。

いや、ごめんなさい。冗談。。。。。じゃなくて。。(ないんかいっ)

みずきん、やっぱりふわふわだったなー(髪が) 

真横なのでさすがに視線は合いませんでした。途中で一度、たいとらのマスターに話しかけるのに、こっち方向に顔を向けてきたのでビビった。思わず隠れちゃったw(/ω\)ハズカシーィ

そうそう。。

。。ふわふわと言えば。。おつじくんの実家が布団屋さんだってツイッターでバラされてたけど納得。あのダイブの上手さは実家の布団の上で育まれたものと推定。いや絶対そうだろうなと確信。

そう妄想してみると実家のいっぱいのお布団の上で一人でダイブのイメトレしてるおつじくんが目に浮かんできて、くっくっく笑いが止まらなくなりましたw

今回、おつじくんのダイブを今までになく間近で見れたんだけど、ほんとすごかった!お布団イメトレ最強!!笑

。。でもまぁ、おつじくんの話は置いて。。

セトリ。。忘れたww のでツイッターで拾いました。

  1. 奇跡 
  2. 想像力
  3. チェンジアップ
  4. 世紀の発見
  5. さよなら、メルツ
  6. 第12感
  7. 制裁は僕に下る
  8. 小さな食卓
  9. 棺とカーテン
  10. 白い砂漠のマーチ
  11. 西南西の風
  12. カラクリ

京都のセトリもあがってたんだけど、ちょっと違うね。神戸では制裁やったもの。。

制裁好きです、制裁好きです、制裁好きです←ちょっ。。変態っぽいぉw

制裁の代わりに京都は優しくしないで。。これも聴きたかったですぉ。。チェンジアップが初めてライブで聴けたっぽい。すごく好きな曲。ぞくぞくします。それから、第12感でみんなでワンツーの掛け声が気持ちよかった。

とにかく最初から押し押しかつ飛び跳ねてて皆んな若いなぁって思いました笑!

でもそれを横から眺めてるのがけっこう楽しかったり。。やっぱり客席がはしゃいでくれるとネマさんたちも嬉しそうだもんね。

(。。。と、立ち位置的にみずきんとおつじくんしか見えてませんが、他の2名も絶対嬉しかったと思う!笑)


でもね~、MCは相変わらずなんだよね~。

対バンしたKEYTALKさんと比べると余計に顕著になってた。。orz

まぁKEYTALKさんはしゃべりがウマ過ぎね。あそこまで行くとちょっと苦手。早よちゃっちゃと演奏しいやって思ってしまうの。。ごめんなさい。

そうそう、みずきんが 「神戸の皆さんは優しいと思います」とか突然言って。なんかホンマに突然やったと思う。だから客席「???」&シーンってなって。。そんで、徐々にふふふ笑いが起こったら、「あっやっぱり優しくないや」ってすぐに撤回。。みずきん、そこもうちょっとがんばらんとー!と思ったよ。。苦笑。。

まぁいつもより多めに喋ってたんだけど。。MCはみずきん推しですることになったんかなぁというぐらい。。でも途中で男性の声で「ミシマスタッフ!」っていう掛け声がかかって水を差されてたな。。苦笑。。

なんかねー。イイダスタッフもクノッチスタッフもオツジスタッフもいるのに!のに!

当の三島くんは「俺たちは演奏で返していきますから」!とか!真面目!笑!!

(´-`).。oO(このときも三島くん見えてないので声だけだったんだけど、どんな表情してたんだろー。。)

みずきんはもっと自由に毒舌吐けばいいと思うんけど、あまりに黒すぎるのかなw 

京都ではKEYTALKさんと二日目だったからか、KEYTALKドラムの方をいじった話とかしてたみたい。「いつまでも会話に敬語が抜けないからデコパッチン食らわせた」とか。そういうの得意!笑


えっと。。KEYTALKさんのライブ感想は。。一言で言って、私には若杉元気杉。

でも楽しいライブをしはる。盛り上げ方が半端なく上手。あーいうのはもう○十年若かったらハマってたのかもねー。

。。。と書いてみたが。。やっぱりたぶんハマらないと思う。私、若い時からそういうのにはハマらなかった。それで、というかなんというか。。この歳になるまで邦ロックを避けてきたんだもの。

つまり、まさしくロック!青春ロック!という感じのバンドさんでした。


さて、次回シネマスタッフは、6/11再びたいとら!東京カランコロンさんをゲストに迎えての「僕たちの秘法ツアー」です。東京カランコロンさんも初見なので楽しみだー!

1368603324124.jpg 1368603326067.jpg

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ツミボンの日々