« ロックの詩人 志村正彦展 後編~展示室102 | トップページ | ロックの詩人 志村正彦展 フォーラム編 »

2014年7月31日 (木)

ブルーバタフライを買いました

1407164065508.jpg

いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました。(当日のつぶやきはこちら)(毎度毎度、日付誤魔化しすみませんm(__)m)

今月はブルーバタフライというお花。
正式には、クレロデンドルム・ウガンデンセ ‘ブルーウィング’という名前だそうです。
花言葉は大きな希望。
「ロックの詩人 志村正彦展」のwebページをバックに撮ってみました。(現在はページの色味をオレンジに変更されておられるようですが。)

ブルーバタフライという名前を聞いて思い浮かべたのは、こちら「音楽と人 2009年6月号」のインタビュー写真。。
このスイートな設定に露ほども負けていない妖精シムシム。。
そして、巨大バームクーヘンの横で手に斧をらしきものを持って素振りのポーズを披露する野球少年シムシム。。

1407164326193.jpg 1407164328685.jpg

ずっとニヤニヤしていられますね。
こんなに男性の腰を凝視したのは漫画「あぶさん」以来ですw

さて、ニヤニヤしながらも、記事を久しぶりに読んでみた。
「CHRONICLE」発売に合わせて行われたインタビュー。志村日記を読むと取材を受けたのは2009年3月12日かな?「何を言っても」「見透かされ」、言うことを「まとめてもひっくり返される」と書いてる。「もっとほんとのことを言え」みたいに。。

。。で、このインタビューでほんとのことを語れたのかなぁ志村は。。
内容は「CHRONICLE」制作動機みたいなもの。一回全部を吐き出したいと思って作ったものだということ。
この1年前には「暗黒の1ヶ月」があり、それは志村日記でも公言していて、時期的にはちょうど富士吉田で凱旋ライブを終えた後、つまり2008年6月頃。
さらに、そこから1年遡った2007年頃は恋愛モードだったようで、その時の恋物語が見事にアンハッピーに終わって(暗黒の時期?)、そのカッコ悪さや自己嫌悪や落ち込みを包み隠さず吐き出した。
。。という話にまとまっている。

志村日記に何か恋愛の痕跡あるかなぁと読んでみたけど。。まぁないや。。

。。てか、「CHRONICLE」の制作動機って失恋なのか。。
ということは、このアルバムは志村なりに失恋に向き合った失恋ソング集なのかな。。
全然、気付かなかった。。ごめんよぉ志村。。
以前にもこのインタビュー記事を読んだはずだけど、脳が思いっきり無視してた。
違うんじゃないかなぁ。。と思いたがってるわたしがいて困る。今も。。
100歩譲ってそうなんだとしても、それだけとは到底思えない深みがあるじゃないのって。。これふつうのラブソングじゃないよ。

いやしかし、恋愛の悩みなんて安っぽいと言いたいわけではない。むしろ何故に、人生を変えるキッカケはいつも恋愛なのか。。と思う。まったく厄介だな。。
古今東西、若きウェルテルは悩みに悩んで、終いには、相手のこと以上に自分のことばかり考えてしまうのだ。。
どうしようもない純文学の状態なんだよなぁ。。

不器用じゃない普通の人は、絶対に欲しいモノをひとつになんて決めたりしないんだよ。自分がほんとうに欲しいものをあえて知ろうとはしないんだよ。それが手に入らないとき隣のもので我慢できるんだよ。それで傷ついたり落ち込んだりすることもないんだよ。

ばかだなぁ、きみは。そんなこと、最初から勝負がついているっていうのに。

« ロックの詩人 志村正彦展 後編~展示室102 | トップページ | ロックの詩人 志村正彦展 フォーラム編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175607/60099252

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーバタフライを買いました:

« ロックの詩人 志村正彦展 後編~展示室102 | トップページ | ロックの詩人 志村正彦展 フォーラム編 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ツミボンの日々