カテゴリー「花」の投稿

2016年3月24日 (木)

ラナンキュラスを買いました

1458774609755.jpg
いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました。

追記は改めて。


2016年2月24日 (水)

桃の花を買いました

1456360751732.jpg

いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました。

アップするのを忘れてました。余裕のない生活を送っております。追記は改めて。

2016年1月24日 (日)

クリスマスローズを買いました

1453650528633.jpg
いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました。

クリスマスローズです。
花言葉は追憶、私を忘れないで、私の不安を取り除いてください、等々。

1月なのにクリスマスとは。。先日、偶然観た「戦争のメリークリスマス」が新鮮でかなり衝撃を受けたからかもしれません。もちろん、あの映画は上映当時観たのですが、ずいぶんと、いや殆ど忘れていました。

正直言ってこの一ヶ月、志村くんのことを想うことはほぼありませんでした。彼の音楽を聴かなかったし、雑誌の記事を読み返したり、写真を見返したりすることもありませんでした。

私事の悲しい出来事を引き摺っていたのです。

もとより、音楽がなくても生きていける私にとって、私事の悲しい出来事に対処する方法は、音楽に癒されることではなく、めちゃくちゃに身体を酷使して働くことでした。

そう言えば昔、大失恋した時も、めちゃくちゃに残業したりして働いたことがあったな。。某配信サービスのCMの多部ちゃんみたいだったら可愛げあるのに。。(苦笑)

唐突ですが、フジファブリックの残されたメンバーが、あれからすぐに3人のアルバムを出したりしたことが今まで何となく解せなかったのだけど。

めちゃくちゃに身体を酷使して働いて気持ちの正常を保っている。そういう状況、変な成り行きで腑に落ちちゃいました。

ラクをしたくないとデヴィット・ボウイ扮するセリアズ少佐も言っていました。

こういう記憶とともに刻まれたら忘れないだろうな。

メリークリスマス、Mr.志村正彦。

2015年12月24日 (木)

ポインセチアを買いました。

1450953417712.jpg
いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました。

今月はポインセチア。ご存じ、別名クリスマスフラワーと呼ばれている風物詩的なお花です。切り花で売っていたので買いました。鉢植えだと躊躇するんですが。

お休み中のツイッターなのですがタイムラインは確認しております。いつものように、いろんな方々がつぶやいていて嬉しいですね。年末の忙しなさの合間にチェックしては癒されております。

では、こちらも今年最後の更新になると思います。皆さま、良いお年をお迎えください。

2015年12月16日 (水)

糸菊を買いました。

1450242971023.jpg
いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました。(現在鍵を掛けてますのでご覧になれませんが、当日のつぶやきはこちら

ずいぶんとアップが遅くなりました。東京に行く用事があり、その途中に富士吉田にも寄ったので書き留めておきたいところなのですが、私事で悲しいことがあり何もする気力がありませんでした。ツイッターはお休みをしております。

ただ、24日にはこれからもお花を買おうと思っていますので、このブログは細々と続けようと思います。

寒暖差が激しい近頃ですが、みなさまお身体ご自愛ください。

2015年10月31日 (土)

イブニングスターを買いました

1447264405104.jpg

いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました。(当日のつぶやきはこちら。)(ブログは調整させていただいてます)

今月はイブニングスターというお花です。花言葉は「すべてよし」「許す」。

。。そう、後ろ姿の彼に言ってしまいたくなる。


偶景webさんが「Talking Rock!」でのインタビューを取り上げて考察されてました。持ってなかったことに気づき慌てて購入。思えば音楽誌をさほど読んでいませんでした。理解者が少ないと嘆いていた彼の言うとおり、音楽の雑誌なのに作品の話が少ない気がするのでした。

しかし、「Talking Rock!」では作品に関する話がされていました。しかもバンド結成からの経緯を丁寧に振り返りながらのもので、こちらの頭の整理にもなりました。比較的新しい雑誌なので、計4回のインタビュー(ラジオ放送の文字おこし含む)しかないのが残念です。

気になった発言をピックアップしてツイッターにあげたりしましたが、個人的にもっとも驚いたのがサザンオールスターズの名前が彼の口から出ていたこと。水を向けるような質問があったわけではないのに唐突に、「若者のすべて」について。

「...例えば、もしもね。オレ、この曲をサザンが歌ったら、正直ミリオンヒットだと思うんですよ。マジな話。」(Talking Rook! 2008/02)posted at 2015年10月25日 01:31:37

2008年2月のこのとき、彼がサザンの名前を口にしたのは、サザンがバンド活動休止を発表する年であることを思いおこすと偶然なのか必然なのかわからないけど、それ以上に実はこの発言を読むずっと前に、フジファブリック体験とサザン体験が私の中で似ているということに気づいていたので個人的にはすごく腑に落ちました。

私は以前こうツイートしていました。

フジファブリックの銀河を聴いたときよみがえった感覚がホント久しぶりだったんだけど、思えばサザンの勝手にシンドバットを初めて聴いたとき以来だったんだな。驚きつつ顔がニヤけてたまらなかった記憶。そのシチュエーションまで何度でも再生できる。posted at 2015年4月7日 21:28:38

さらに、違う回のインタビューを読んだ後にも。

この年齢になって何故?と戸惑うほどフジファブリックにハマった。各方面から何故を解明していきたいんだけど聴いてよみがえった感覚がサザンのときに近いからだと思う。サザンは「勝手にシンドバッド」を作り「いとしのエリー」を作った。路線は違えどその継承者にもなり得た。posted at 2015年10月21日 17:05:14

サザンを介して、いや、飛び越えて彼の歌がリンクした気がして嬉しかったのです。

あるはずのない記憶のそのシチュエーションに。


2015年9月30日 (水)

弁慶草を買いました

1444355609389.jpg

いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました(当日のつぶやきはこちら。)(ブログは調整させていただいてます)

今月は弁慶草というお花。ネットで検索するともう少し全体的に薄紅色のお花のようなんですが。。

さらに検索すると、弁慶草は不定芽形成をする植物として知られているようで、つまり種によらずとも葉から芽を出して根をはるほど丈夫な植物のようです。

日本名の由来もその強い生命力から。古くはイキグサ(活き草)とも呼ばれていたそう。

そんなわけで。。日本の状況はますますひどくなっておりますが。。元気出して生きましょうかね。


さて、フジファブリックのテレビ出演関連、いちおうチェックしておきましょうね。

10月10日「ミュージックフェア」出演(フジテレビ系列局)

10日12日「SONGS」出演(NHK・BS)

おめでとうございます。

特にミュージックフェアは柴崎コウさんとともに出演され、やはり、と言おうか、「若者のすべて」をコラボいただけるようで。。嬉しいですね。もちろん、必録画で。

フジファブリック、大きくなりましたなぁ。。ということなのか、わからないです。最近、邦ロックの方々は地上波に出演しまくってますからね。「Mステ」じゃなくて「「HEY!HEY!HEY!」じゃなくて「MUSIC JAPAN」でもなくて、「ミュージックフェア」というのが異色というか、らしくて良いかもしれません。

余談ですが、「フジファブリック 柴崎」で検索したら、志村に似てるとかで、サッカーの柴崎某氏がヒットするわけですが、ワタシは全然似てると思えなくて。

彼が似ているというのが正解だとしたら、ワタシは顔がタイプなわけじゃないのかしらと最近気づかされたところ。

実際、顔タイプってよくわからない。しいて言えば、顔タイプじゃない人がいるということかなぁ。

誤解なきように申し添えますが、もちろん志村の才能に惚れているのは大前提。志村のメロディ、歌詞、言葉、言い回し、声、トーン、仕草、身振り、字体、身体的特徴、名前。。

また余談ですが。。

同じ名前の方に出会ったりすると、それだけでニヤニヤして、相手は気味が悪いと思うのですが、先日、大変イヤなことに気づいてしまいました。

現政権の高村さん、正彦って名前なんですよね。。これだけは、ニヤニヤできませんでした。安保法案も撤回してほしいけど、高村さんの場合、その名前から撤回してはいただけませんでしょうか。

そんなこんなで、日々を過ごしております。

金木犀の香りはまだ嗅いでません。

2015年8月31日 (月)

サファリサンセットを買いました

1441694197474.jpg

いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました(当日のつぶやきはこちら)(ブログは恒例の日付調整ですw←調整。。いいカンジなワードですなw)



今月はサファリサンセットというお花。以前に登場したリューカデンドロンの一種なのですが、種類が違ったんでヨシとしました。苦笑。。

ご一緒したCDはメジャー前のベスト盤「アラモルト」(復刻版)です。はい、大好きなジャケです。


なぜに鶏なのかはやっぱりアレですかね?。。牛の尻尾になるくらいなら。。みたいなかんじ?付属のスクリーンセーバーではこの頸がパカッと折れてしまいますよね。不気味だわ~好きだわ~w

そして赤いフォルムは太陽だろうと思うけど、朝日と見せかけて、やっぱり茜色の夕日なんだろうと思う。「朝日のような夕日」なんだろうと思う。

この赤に似合う花ないかな~と念じつつ途中下車した駅前の花屋で出会ったのがサンセットというお花なんだから間違いないですw


そんなわけで、お花は常々の花屋開拓の成果もあって出会うようになってきました。でも、ご一緒するCDや小物は。。そろそろ新譜出してくれないかなぁ志村ぁ。。




さてさて、真夏のピークが去ったのはいつだったかな。


この時期、「若者のすべて」の話題をラジオやツイッターで見聞きするのが恒例になってきましたね。嬉しいな。

柴崎コウさんがカヴァーしてくれた若者のすべてはコンビニなどでよく流れていたようです。(柴崎コウさん、大河主役抜擢、おめでとうございます!!絶対観ますよ!!!)

BIG MAMAの金井正人さん、石崎ヒューイさんが、それぞれラジオの企画、自主企画ライブで「若者のすべて」をカヴァーしてくれたようです。嬉しいな。

そして、ついには山梨県庁の広報さんも「若者のすべて」とつぶやいておられたそうです。私は情報を追えていなかったのですが。。


いやぁ、すごいなっ。し~む~ら~!!



でも、志村の魅力は「若者のすべて」だけじゃないんだよね言うまでもなく。

さっき紹介したように、鶏の頸がパカッと折れちゃう不気味なスクリーンセーバーを面白がって作るような変態ですからね!!!!。。って褒めてるんですよ。


いやぁひさびさ言ったわ変態ってw

ひとりつぶやいたわ。。夏の終わりに。。

2015年7月31日 (金)

クレマチスを買いました

1438987682852.jpg

いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました(当日のつぶやきはこちら


今月はクレマチスです。「路地裏の僕たち」上映会でいただいたフライヤーを背景に。。紫色の花が映えるかなと思って。。うん、見事でした。(←自画自賛w)

こうしてフライヤーを眺めていると、あのしあわせな余韻から醒めやらぬのですが、今日は違う話題を。。



最近話題の定額配信サービス、皆さんはすでに試しましたか?

なにか新しい出会いがあるだろうかとアプリをダウンロードしましたけど、膨大な量の音楽を手当たり次第に聴く余力はもうないよな。。ないかな。。苦笑


まぁ無料で利用できる期間なので聴いておきたいアーティストさんを思いついた時に検索して聴いてますが、結局は以前から知ってるアーティストさんだったりしませんか。。

それに、入っている/入ってないの基準がよくわからないですね。。

私はLINE MUSICを聴いてたのですが、フジファブリックで言うと、志村がいた頃のメジャー以降のアルバムは入っているけど、インディーズのときのと3人体制になってからのアルバムは入ってません。

キュウソネコカミさんもこの機会に聴いてみようかと思いましたが入ってませんでした。。。

あと、大御所系。例えばユニコーンさん、スピッツさん、斉藤和義さん、くるりさんは入ってませんでした。(吉井和哉さん、ウルフルズさんは入ってました!)などなど。。

ちょっと聴いてみようかと思って検索しても出てこないと、えぇ~なんだぁってなりますよね。それじゃ定額してまでって思っちゃう。。ひと月に聴ける時間を制限する割安プランはあるようですが、ダウンロードできる曲を何曲かに限定されてもいいから、聴きたい曲を確実に聴けるのであればと思いました。


。。と余談でした。ここからが本題w

そもそも柴崎コウさんのカヴァーアルバム「こううたう」が聴けやしないかと期待して定額配信のアプリをダウンロードしたのでしたが残念ながら入ってませんでした(他のアーティストも最新作はほぼ入っていないようです。)

もちろん「若者のすべて」が聴きたかったのですが、これも何かのキッカケとこれまでのアルバム曲をいくつか聴かせてもらいました。彼女の歌声は透明感があるうえに艶やかで、とても素敵だと思いました。女優としての彼女のイメージが先にあって、こう言っちゃ失礼かもですが感情の起伏があまり感じられないところがあるのですが(ただ私は、彼女のぎりぎりで乾燥していないところにとても好感を持っているのですが)、歌声ではその表情の豊かさにびっくりしました。この声で「若者のすべて」が歌われたのか。。

。。と思いっきり想像を膨らませつつ悶々としておりましたが、やっぱりどうしてもコウさんのカヴァーを聴きたかったので、iTunesで購入いたしました。「若者のすべて」のみですが。。お金を出せば簡単なことでございましたね。笑。


さっそく聴いてみました。


とてもシンプルです。アレンジもとてもシンプルに作られてますし、声も彼女の特徴の透明感の部分をより強調したような歌い方になってます。とてもいいです。

「若者のすべて」は志村曲のなかでも、比較的平坦に歌われる曲だと思っています。メロディの高低差はぜんぜん平坦じゃないけど。笑。

志村の声はいわゆる粘着系と言われることが多いのですが、曲によって歌い方を故意にそうしていることがあるだけで、声自体は言われるほど粘着してないと思っています。例えば、奥田民生さんや桜井和寿さんの声や歌などはすごく粘着してるなぁと思いますけど、比較したらぜんぜんです。(おそらく志村としては、あれらを一部取り入れようとしていたのでは?と思っています。)

志村の声は透明感や軽やかさではないけど妙にサバサバしてると思います。。男気というのかな。そして、たまにふっとこちらの頬を緩ませるような感覚を呼び起こすトーン。。あれ、なんなんだろうな。。ちょっとおどけているような感じもするトーン。。


「若者のすべて」には、そのおどけた感じはでてきませんね。とても淡々と歌われていると思います。なのでか、シーンは夏、花火大会なんですが、どうも「僕」は家の中から一歩も出ていないような気がするんですよね。。

そして、夏の日の偶然の出会いを、秋も過ぎ去った冬の始めぐらいに急に鮮明に思い出してしまった胸のうちの戸惑い(顔は真顔)が感じられます。苦笑。。

柴崎コウさんのカヴァーも、アレンジや歌い方をシンプルにしてるけど、彼女の素にぎりぎり乾燥していない恥じらいがあるので、かなり志村と近い感覚が出ているのではないかなと思いました。


柴崎コウさん、ありがとうございました。

2015年7月 8日 (水)

アロマティカスを買いました

1436346781089.jpg

いつものように月に一度、志村のためにお花を買いました(当日のつぶやきはこちら

はい、「キレートレモンは飲んでる!」です!!笑。

え?お花どこ?とのツッコミ、あると思います。。多肉植物のハーブです。ただ激レアですが花を咲かせることもあるなのでセーフとしました。花言葉もあるようです。


さて、大したことを書くわけでもないのに、またまた遅くなってしまいました。。だけど、遅くなった分だけ多くの情報が出てきましたよ(ドヤ顔w)。いつも月末にアップしたかのように日付修正していたけど、今回はありのままでw


まず、今週末に迫った富士吉田での上映会。

2012年ぶりに「路地裏の僕たち」の皆さまが企画実施してくださいます。その名も、「路地裏の僕たち上映会~隣のノッポにバットを借りて下一小に集合だ!~」 

詳細は、Fujifabric International Fan Siteへどうぞ(いつも使わせてもらいすみません)。今回はフジファブリック公式でも広報してくれたようです。よかったな。

富士吉田市に夕刻に流れるチャイムがこのお誕生日週間に志村の曲に変わるのはもう恒例になりつつありますね。ありがたいことです。夏のこの時期はやはり「若者のすべて」。

最後の花火に今年もなったな~♪ですね。


そして、今年も「ふものとのまち音楽祭」が下吉田倶楽部であるようです。小規模のようですが、今年も志村の曲を演奏してくれるバンドさんが出演してくれるようです。ぜひ休憩がてらでもふらりと訪ねてみましょう。



さらに、甲斐市竜王図書館で開催中の特別展示で志村正彦の歌詞が取り上げられているという情報。タイトルは「ROCKな言葉~山梨の風景を編んだ詩人たち~」で、他にレミオロメンの藤巻亮太さん、そして宮沢和史さん。

詳細は再び、Fujifabric International Fan Siteから、甲斐市立図書館のイベント紹介ページへどうぞ。



次に、キュウソネコカミが先日行われたフジフレンドパークで「モノノケハカランダ」をカヴァーしてくれたという話題。カヴァーというか完コピだったらしいです笑。

ボーカルのセイヤさんは声質が志村に似ているようで、あと歌い方も真似してたのかな。キュウソほぼ聴いてないんですが、そういう風に感じたことはなかったので、今度から意識して聴いてみようと思います。ほんとにありがとうね。


さらに、その同日に別所でおこなわれた弾き語りライブで、シネマスタッフのボーカル飯田瑞規くんがなんと志村曲のカヴァーをしてくれました!!!ヽ(;▽;)ノ

シネマスタッフは、わたしが志村不在をようやく実感してしまって、ぽっかり空いた穴をどうにか埋めたくてジタバタしていた頃出会ったバンドで、インパクトを受けたとても好きなバンド。

出会った頃にレコ発関連の単発のラジオ番組で「陽炎」のカヴァー(これも弾き語り)をしてくれたことがあったのですが、このときはベースの三島くんとのデュオで三島くんが好きだからという理由を聞いていて。。だから三島くんは好きなんだなと知っていたけど、まさか飯田くんが一人のときに歌ってくれるとは思わなかった。

選ばれたのは「バウムクーヘン」

もう、みずきんにぴったり!(飯田くんのことをみずきんとこっそり呼んでますw)

以前、ツイッターでみずきんの声には「花」が合うんじゃないかなとつぶやいたけど、「バウムクーヘン」もぴったりだ、たぶん。

なにより、「バウムクーヘン」の「僕」にぴったりなんだよね。。ありあまる才能があるのに何かの拍子で突如自信なさげになる。。かと思うと、俺様的発言を連発するところ。。飯田瑞規くん、ありがとうね。笑。

他のバンドさんもカヴァーの情報、受け付けてます笑。ぜひ志村正彦の曲をよろしくお願いします。



最後に、偶景webさんの話題。

ご存じ、志村正彦ライナーノーツなどの力作をアップし続けておられる偶景webさんですが、ここしばらく趣向を変えて、浜野サトルさんという魅力的な音楽批評家を取り上げて「詞論」のカテゴリーにまとめておられました。

偶景web [詞論] 浜野サトル

私は今回、偶景webさんを通して浜野サトルさんという方を初めて知ったのですが(たぶんどこかの音楽雑誌で文章を読ませていただいたことはあるのだと思いますが)、その文体やテンポに懐かしさのようなものも感じつつハマってしまい、何度か夜ふかしをしつつ紹介されていた浜野さんのサイトを読ませていただいておりました。その中の作品「新都市音楽ノート」はネット上に「青空文庫」としてもアップロードされているので、皆さまもお時間があればぜひどうぞ。電子書籍にもなっているようです。わたしはやはり旧世代の人間なのか紙媒体で読むのが好きなのですが地元の図書館には在庫が無く残念でした。

そうこうしていたら、この浜野さん自身の日毎のブログで、「あることを調べようとネット検索していたら偶景webさんにたどり着いた」ということが書かれていました。

その「あること」というのが

「志村正彦というシンガーについてちょっと調べたいことがあって」ということで。。思わず、うわぁ。。と声が出ました。

志村正彦がつなげた偶然~浜野サトル5 [詞論]

なんか期待が大きく膨らむ話です。

どのように発展していくのか。。発展していけばいいな。。いかないかなどうかな。。笑

より以前の記事一覧

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ツミボンの日々