カテゴリー「森山未來」の投稿

2012年10月29日 (月)

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(総括編)

そんなわけで総括編です。記憶も曖昧模糊としてきたところでエントリーしておきますw

しばらく寝かせることで熟成されて美味しいもんが抽出されるんじゃないかなと。。すみません、単なるぐうたらに過ぎませんw

さて、今回のヘドウィグの何がすごいかと言うと、まずは森山未來くんのパフォーマンスです。これはあらゆる方々が口々に評価して下さっていてどれもが納得出来るもので誰もが異論ないでしょう!(ヾノ・∀・`)ナイナイ

私も彼のパフォーマンスの素晴らしさを言葉にして表現したいのだけど、ボキャブラリー不足なので絵文字にして表したいと思います……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ←崇めておる。。いや。。これはもうやっぱり観て頂くしかないのです。。

ライブの興奮ハンパないです。たとえこれがDVDになったとしても納め切れない感触があるんだなって今回ばかりはいろいろと痛感しました。脳の皺々に刻みこまれる記憶。。最近、私の夢への未來氏の登場率がハンパないですもん。(アホ志村はついぞ出て来ないのにw)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ところで物語は?

。。まず、そもそもの設定は。。。(映画でしか観てませんが)

東ベルリンで生まれ育ったヘドウィグが、東西冷戦の遺物である壁を乗り越える際の代償として性転換手術(というかアレをチョッキンするだけのお粗末な処置)が行われた結果、「怒りの1インチ」が残ってしまったということなんですけど。。

。。まっ再手術できるよねwww。。。という冷静なツッコミは置いて(ーー゛)

。。冗談ではなく、彼/彼女は明らかにこの「1インチ」を売り物にしていたと思うのです。ロック歌手として必要な「怒り」のために。。

売り物は言い過ぎにしても、アイデンティティの糧と言おうか。。。オリジナリティと言おうか。。

そんな代償を払ってまで壁を乗り越えて新大陸にやって来たのに、その数年後にあっけなくベルリンの壁は崩壊。。その時「1インチ」は、東側の過酷な運命を象徴するアイテムとしてヘドウィグのアイデンティティやキャラクターを強化する糧となったんじゃないかなぁ。。

アメリカ軍人ルーサー(駐留していたんでしたっけ?)のためだったはずなのにすぐ吹っ切れますよね。メイクアップをしたぐらいで吹っ切れるんです。。まぁそれはルーサーが、彼/彼女にとって片割れじゃなかったからだっていう理由をつけられるんだけども。。そんなの始めからわかってるやん。。いや、わかるやんそんなの。

「Origin of Love」の歌を小さい頃から刷り込まれていたヘドウィグが「片割れ症候群」(勝手に命名w)だっただろうことは理解できる。。理解出来るからこそ、残るものが「1インチ」の肉の盛り上がりって。。これじゃもうどこにもハメ込めないw これじゃひとつになれないやんw

同性愛を否定するわけじゃもちろんないけど。セックスがすべてだとはもちろん思わないけど。

身体の一体感の有無ってやっぱり重要で。。だからこそ、おねえな方々はあんなにいつも身悶えしちゃうわけでしょ。。彼女たちは一体になり得ないからこそ余計に募っちゃうのではないのかなぁ思いが。。

脱線しました。

とにかく、そこまでしてでも、ヘドウィグは壁を乗り越えたかった。。それは(その時点で)片割れよりも大切な「自由な世界」を手に入れるため。ヘドウィグが自由を選択した結果だと思う。

。。なのに、その後、トミーによって、すごく不自由になっちゃうヘドウィグ。。

トミーに出会うエピソードもトミーの他者としての魅力も、映画ではいまいち共有出来なかったからか。。そこまで片割れ片割れと言うほどの人?と思ったんだけど。。

想像力がないんです私w

もっと言うと、ヘドウィグがやっていることはトミーのストーキングであって。。そういう風にストーキングする理由は「片割れだから」なんてことじゃなくて自分の歌を持ち逃げされたからってことであり。。

もちろんそれは表向きで、ヘドウィグは心の奥底で純粋にトミーを片割れだと思い愛しく思っていたが、それが変なカタチで表現されちゃったという解釈も出来るけれど。(著作権侵害なら法に訴えればいいことだからねぇ。。あれ?法に訴えても退けられたんだっけ?)

まぁ。。それはけっきょく自我の発露に過ぎない。。。

ラストシーンでやはりヘドウィグは元の姿に、つまり見た目、男性性に戻って。。「俺が俺が」と歌いだすわけです。。

ここで、イツァークの存在が重要だという人がいるのだけど。。

イツァークというのはヘドウィグのバンドでコーラスを担当しているオンナですがヘドウィグの女装に対応してずっと男装しています。ヘドウィグの、とりあえずのパートナー的存在。。というか立場的にはヘドウィグの支配下に置かれていて、精神的拘束をされているような感じ。経緯は不明。

このイツァークが、男性性に戻るヘドウィグに呼応するかのように劇的に美しい女性に変身して、クィーン的存在として担がれるシーンをピークに映画は終わります。

ふたりの関係は共依存のようにも思えるので、そこから抜け出せてハッピーエンドということなのか。。いや、やっぱりちょっとわからないんです。片割れトミーはどこいったのだ?彼はそれほど大切じゃなかったのか苦笑。。

映画版ヘドウィグは「アングリーインチ」のタイトル通り、始終不機嫌で怒っていたことは確かで、それがラストにかけて昇華される筋書きであることは確か。

ただ、怒りは自分自身をも攻撃してしまうはずなのですが。少なくとも内省的に。。しかし、映画版ヘドウィグはあまりこの内省の機微が見受けられなかったな。。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

そして、2012年版ヘドウィグ。大根/森山版。。

ご存知の通り、壁の設定について大幅な改変をして大きな話題になりました。

今さら東西冷戦でもベルリンでもないと思うので、この設定、すごくヨカッタと私は思う。

。。2011年3月以降の福島原発周囲に張り巡らされた壁。内部は無法地帯となり外部で生きられなかった者たちが流れ着き住み着き蠢く世界。原発からいまだ漏れて続けているアレの影響もあり、壁の中にいて長生き出来た者は少ない。。

あまりに大胆で挑発的な設定だから好き嫌いは分かれると思うんですが、その設定がもたらした不自由さはベルリンの壁よりも私は身に染み入りました。。身につまされたと言うか。。原作のヘドウィグが壁の中で感じていた政治的不自由さが、今の日本において、これ以上ないってほどに蔓延していることに気づかされたと言うか。。

そんな政治的不自由さの中で、ヘドウィグは原発二世であり、壁の中の厳しい環境下において珍しい生き残り組であり、周りが次々と死んでいくから「だいたい一人ぼっちだった」。

余談ですが、生き残るという意味について。

どんなに厳しい環境下に置いても生き残る人たちがいる。いや裏を返せば、生き残る人たちが居なければ「厳しい環境」であった事実ですら永久に伝わらないのですが。。

あの原爆でもそう。原爆の言い伝えでもそうです。。生き残り伝え聞き書き残す人が居なければ、何もなかったことになってしまう。いまある物語は、惨事を経験した末に生き残った少数の人々がいるから存在するはず。

しかし、その生き残った少数の人々が、奇跡的に長生きができているということ自体で、環境が厳しいという訴えの反証にもなりうる(そう考える人が少なからずいる)。。これは難しい問題ですが、今後の日本でさらに考えていかねばならないのかなって思いました。。余談おしまい。

さて、そんな生存率の低い壁の中でヘドウィグが出会ったルーサー。大根/森山版では牧師です。貧民街に派遣されてきた絵に描いたような宣教師のルーサーと、原作同様、恋に落ち、(同性愛なりのw)身体的快楽に落ち。。 原作同様、アングリーインチの代償を抱えてヘドウィグは壁を乗り越えます。

その後、原作同様、あっという間にルーサーに捨てられ、壁はアメリカによって空爆されて、あっけなく崩壊。。

ちょっと落ち込むけどメイクアップで復活するヘドウィグのたくましさも同じ。ルーサーはやっぱり片割れじゃない。ヘドウィグが「自由な世界」を手に入れるためのキッカケだったろうと思う。

その後、空爆された生まれ故郷がどうなっているか確認したくて訪れたときにトミーと出会うんですよね。。ルーサー牧師との思い出の教会で。。ジーザスきちがいで、アダムとイブ信仰のトミーがいたのです。

このときまるで雷に撃たれたような衝撃を受けて一瞬で恋に落ちたとヘドウィグは語ります。映画版では一瞬という感じではなく、むしろトミーから近づいて来てヘドウィグが成り行きで興味を持つといった感じだったから、フォーリンラブ感は大根/森山版のオリジナルなのかな。。

トミーは未來くんの二役なんですが、この時は舞台のスクリーン写しで登場します。そのスクリーンに向かってヘドウィグ役の未來くんは客席に後ろを向いて芝居をする。

このとき未來くんが背中で魅せる芝居が超かわいくて。。トミーに抱かれながら身悶えしちゃう仕草がもう。。めちゃトロンな感じで(*´`) ホンマに惚れてしまったんだなぁってことがすごく感じられた。

だけど蜜月は長く続かない。。彼、トミー・ノーシスはノンケでした。ヘドウィグをイブだと思って愛してたトミー。。だから、身体的にもひとつになろうとして。。。ジーザスきちがいらしく御託並べた愛の告白をしながら。。。触ったのですアレを。。。

「あ。。あれ?」「あっいや、ちょ。。ちょっと」「え?あれ?。。もう一回触るよ!?」「ああん。。」

ヘドウィグには凹みがないw(ヾノ・∀・`)ナイナイ あるのは「1インチ」の肉の盛り上がりだけ。。

ここでトミーは混乱します。「君はアダムでもイブでもないの?」と問いかける。。ヘドウィグが返事を躊躇していると取り乱して、そして悲しい勘違いをする。

ヘドウィグが福島原発の壁の中で育ったことを知っていたトミーは、アレの影響で、生殖器が不完全で生まれたのだと考えてしまう。

実際は性転換手術でそうなってることは既出の通り。まぁ唐突にヤブ医者に連れて来られ半ば強制的な感じでチョッキンされたんですけど。

そういえば、原作の映画版、あの一見厳格そうな母親が、よく性転換を許したなぁ。。というか半ば強要していた気もする。。今思えばなんか不思議。

大根/森山版舞台では、設定が無法地帯だし、母親はジャンキーぽかったし(後藤まりこさんの二役w)、ありえるなぁと思うのだけどwww

だからかな。。大根/森山版舞台では、ヘドウィグの意思で政治的不自由から逃げ出したという感じがさほどしない。。かと言って、ルーサーを片割れと信じ愛していたからチョッキンしたのかという感じもないけど。。う~ん。

とにかく、トミーはそういう酷い勘違いをしたまま、ヘドウィグの元を去ってしまう。「ごめん。。やっぱり無理だ」という言葉を残して。。

実際どうなのか。。アレの影響を考えないなら、ヘテロのトミーはホモのヘドウィグを片割れと思えたのか。改めて考えると、ヘドウィグが追い求めてきた「片割れ」って概念自体がそもそもヘテロの思想のように思うのだけど。。(まぁ「Origin of Love」には」背中合わせの男と男って歌詞があって、ヘドウィグ自身はヘテロの思想とは思ってないと思いますが)

。。兎にも角にも、ここで大きく主題が改変されるんですよね。。「片割れ」探しの主題が、性別のすれ違いに終わらず、身体的不完全さへの差別の眼差しと否応なく交差していく。遺伝的不完全さを排除する眼差し。。

。。で、イツァーク登場。。映画版では男装の麗人だったイツァークは、大根/森山版舞台ではアレの影響で無性という設定になっております。無性とは、アセクシャルという意味ではなく、身体的遺伝的無性。

両性具有は想像つきますが(天使とか一例?)無性というのは難しい。。閉じてるんだもんね。。ゾウリムシやミズクラゲが行う分裂は無性生殖。。そう考えると生物界では珍しいことではないけど。。

アメリカに空爆され壁が崩壊した後、焼け野原で踊り狂ってたイツァークを、たまたま通りがかったヘドウィグが拾ったという設定で、「この子、珍しいのよ~!」ってヘドウィグがキャッキャと紹介する。。

身体的不自由は、ふたりが切り裂かれて、身体にぽっかり開いたほころびを繋ぎ合わせないといけない(一人前じゃない)とする強迫観念だ。それを最初っから考えなくていいように見えたイツァークがヘドウィグには羨ましかったんだと思う。

でも、そう言うヘドウィグも無性の状態と同じなんです。「すごいわよね。ひとりで完結しちゃってるんだから」って言うけど。。彼/彼女もひとりで完結しちゃってたんじゃないかなぁ。トミーに出会うまでは。。

トミーに出会ったことで、自分にはぽっかり開いたほころびがあることを思い出す。「Origin of Love」の物語を思い出す。。だけど。。

人気のロックスターに成り上がったトミーのライブがスクリーン映像に流れて。。「この額から湧き出る音楽の泉に飛び込んでおいで」のシーン、「僕にずっと寄り添ってくれていた人物がいます。。その人物は。。僕自身だ」と言ってしまうトミー。。ここでも、ひとりで完結するの図ですwww

それを聞いたヘドウィグは、ペットレベルの扱いをしていたイツァークにまで慈悲を求め、拒絶されたり、あるいは受入れられても、満たされない想いで半狂乱状態になっていきます。

このシーン、着ている衣装を一枚ずつ脱ぎ捨て、ステージをめちゃくちゃに暴れ踊り歌い、緑と橙の蛍光塗料を全身に塗りたくるシーン。。

映画版では感じなかった戦慄を私は感じました。ヘドウィグの怒りが、もちろん外に向かって吐き出してるんだけど、それが内省的に溜まっていくかのような様子が痛々しくて愛おしくて。。

Exquisite corpe

このカラダ中ツギハギばっか まるで地図みたいで / その傷跡たどれば ほらミジメ模様の自分 / コラージュ 寄せ集めさ / モンタージュ 傷だらけだ /

針と糸で縫い合わせた ボロきれみたいな傷の模様 / 2本の脚は絡み合う 恋人みたいに Ah~

中はカラッポ 外はハリボテ あとは全部イリュージョン / 意思とか魂とか運命とか それもみんなイリュージョン /  コラージュ 寄せ集めさ / モンタージュ 傷だらけだ /

自然の摂理は消え 世界のネジはずれ / 時間も空間さえも歪んで 終末が見えてくる / こんなんじゃ No No No No こんな美しい死体じゃ No No No

このカラダ中ツギハギばっか まるで地図みたいで / その傷跡たどれば ほらミジメ模様の自分 / コラージュ 寄せ集めさ / モンタージュ 傷だらけだ /

そうして、ヘドウィグが半狂乱の状態で階段上に消えたあと、舞台が暗転して、登場したイツァークがアカペラで「Random number generation」を歌う。。キャンドルの灯りとともに。

この身は汚されて 進化する過程系 もう解き放たれて もう逃げられない 相対的に反する 有機化合物

ワムホール Λ(ラムダ) Δ(デルタ) GENERATION WE ARE / ワムホール Λ(ラムダ) Δ(デルタ) 巡り合う Random number

心の中の闇 心の中の森 僕が案内してあげる 君の中の闇 僕の中の森 ねえ 秘密を教えてあげるから 秘密を 教えてあげるから Ah^ Ah^

ワムホール Λ(ラムダ) Δ(デルタ) GENERATION WE ARE / ワムホール Λ(ラムダ) Δ(デルタ) いやなんだもうこんな時代

「Random number generation」の訳詞は後藤まりこさんと未來くんの共同執筆らしいです。。 (その他はご存知スガシカオさん!)


この後、舞台に光が差し階段上に現れたのはトミーでした。。人気ロックスターとなったトミー。。(未來くんの二役)

「大切な人が作ってくれた曲です」と言って「Wicked little town」を歌い、最後に「ありがとうヘドウィグ」と静かに言うトミー。。

でも、そこにヘドウィグはもういない。もうトミーの歌を聞いていなのです。。聞いていたのは、原発がれきの山でひとり遊びをしていたイツァーク。。トミーを見つけてゆっくりと駆け寄り、階段上でなにか躊躇しているトミーの背中を押す。。

このあたり、よくわからないんですよね。。まったくセリフが無くなるから、想像に想像を重ねて解釈するしかない。。

押された勢いでか、階段下でトミーは転びます。これが、舞台冒頭のヘドウィグ登場シーンと重なるので、この時点でトミーからヘドウィグに人物が(場面が?)転換されたという意見が多いです。あるいは、イツァークとトミーが階段で交差する瞬間に、トミーにヘドウィグの精神が注入されて、ふたりはひとつになったと。。

私もそう思ってました。。というか、あの転ぶイメージが無意識にヘドウィグ復活を連想させたから階段上に登場したのもヘドウィグだと思ってたの実は。。でも「ありがとうヘドウィグ」というセリフは決定的。。はっ。。あれはトミーなのか。。と混乱しましたw

いろいろ考えた結果、それならば、階段下で転ぶのもやっぱりトミーなんじゃないか。トミー・ノーシスがまたヘドウィグの真似をしただけなんじゃないかな。。て結論。

ヘドウィグがそれを知ったら悔しがるかな。。ううん。もうヘドウィグは悔しがらないんだと思う。

トミー・ノーシスという名前を授けた。雛鳥のように可愛がったトミーがほんとうにロックスターとして立派になって、それでもまだやっぱりヘドウィグの真似をして転んでみせる。「ねぇ ジャニス カート ジム・モリスン ブライアン ジミ・ヘンドリックス エイミー このわたしに」と歌い、壁を超えろって手を上げる。ヘドウィグの、意思とか魂とか運命とか、これまでのすべて肯定して吸収して、自分の酷い勘違いや誤りを認めて、さらに魅力的になっていく。そんなトミーを、ヘドウィグは悔しがるどころか愛しく思うんじゃないかな。。もし生きていたら。

男性性に戻った映画版ヘドウィグの解放の理由は、それが男性性であるということだと思った。その考えに行き着いて(まぁ私が勝手に行き着いたんですが)、私はちょっとイヤだったんだ。。

大根/森山版ヘドウィグは、トミー・ノーシスに抱かれて「ああん」と声を上げた、幸せ絶頂の可愛らしいヘドウィグで終わらせてあげたい。

  (でもまぁ、最後にイツァークが白いフリフリのワンピで出てくるのが、どうもわからないんだよね。。)

  (めんどくさいから、あれはやっぱり天使ですぉ。。すみませんw)

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ、大根/森山版、もっといろんな解釈が可能と思います。とりあえず私の解釈おしまい。長文読んで頂きありがとうございました。

 

2012年10月20日 (土)

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(福岡編)

1350664857048.jpg


観てきました!Zeep Fukuoka!!

福岡行ったことないし観光も兼ねて行きたいなぁと取りました。。当初は福岡でヘドウィグは大千秋楽を迎えると思っていたし。

あと、Peach航空が就航したおかげで関西から九州へ行くのがめっちゃお安くなっていて、ぶっちゃけ名古屋行くより安いんじゃないかという。。ただし、安い代償としてPeachは代替がきかない。台風などの悪天候その他の理由で飛ばない場合に何の補償もない。。

そこでチケットは、雨が降ろうが槍が降ろうが行き着ける2日目のみ購入し、1日目のチケットは当日券狙いとしました。当日券のサイドシートがけっこう良番なのは名古屋で確認済みです。

まっ、当日は見事に快晴。私ってけっこう晴れオンナなんですよね。

・**:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. ・*:.。.

さて、名古屋の感動も冷めぬ間の福岡でしたが、いやぁ、やっぱり福岡すごかった!

ノリッノリのぷりっケツでしたわよー!

いや、これ、姐さん恒例のいやらしネタなんですけどね。山笠をネタに姐さんが「男たちがふんどしでぷりっケツなのっ!いやらしい」みたいに言うてたんです。そしたら、男のお客さんたちから「うぉーおぉー」っていう喜びの雄叫びのような歓声があがって、さすが福岡だわ!オイッサオイッサだわぁと妙に感心しちゃったですw

他にも、にわかせんぺいを仮面プレイと言ったり(いやまぁ確かにw)、セッ○スの時の声が日本で二番目に大きいとかどこで調べたのかわからない怪しいデータで福岡の人を煽ってましたね姐さん。。w(てか一番目どこ笑)

もちろんHKT48も登場。隣の建物でやってるらしいじゃない?とちょっとライバル心燃やしてましたよね。かわゆー!

1日目の公演では、ご一緒したフォロワーさんのところにおパンツが飛んできたり、オヤツの時間があったり、御神渡りがあったりして。。もう大興奮でございました!!

1350670340927.jpg


。。いや当の私には何もなかったんですけどね。。4人のうち3人にラッキーがあったんですよ!もういいわーって、よろしくってよーって思えますよね。。ほんとにすばらしい体験でした。

福岡は私自身ヘドウィグ千秋楽のつもりでいたので楽しまなきゃって思って。。

そんなわけで、1日目アフターは博多名物の屋台を、中洲・天神とハシゴして、翌日の観光は朝からちょっと足を伸ばして柳川と太宰府へ。。こんなに充実した遠征になるとは思いませんでした。ご一緒してくれたフォロワーさんのおかげです。

天神の屋台では席が隣になった地元のサラリーマンの方々がとても楽しい方々で、毎晩ここで飲みたいって思ったぐらい笑 福岡また来たい。ただ飲みに来るだけでもいいって思いました笑

1350719363077.jpg


ホント言うと、お台場に行く可能性も心の片隅では消えてなかったです。だけど、1日目が終わって福岡楽しい!ってなって。。明日で有終の美をとようやくそう決めることができました。

そして、2日目。。福岡2日間しかないのでもう千秋楽なんですがw

チケットは一般で取ったので全然良くなかったです。今まで行った8公演ではいちばん遠くて前から11列目の席。。まぁ今までのチケットが神席すぎたんですけどね。未來くんファンクラブの方に譲って頂いたりしてたので。。

だけどむしろ、これまでのように、もしかしたらおパンツ!とか、もしかしたら御神渡り!という淡い期待というか邪念というか煩悩というか笑。。。まぁ諸々そのようなものを抱かずに済むなって思ってました。あと、こっちの顔はぜったい見えてないから、その辺も気にしなくていいやと苦笑。。

その分、ヘド姐さんの物語をすべて受け止める覚悟で、全身全霊で対峙しようって思いました。

そうしたら、不思議なんですけど自然に立ってたんですよね。。姐さんに「座っていいわよ」と言われた後はさすがに座ったけど、「Exquisite corpse」のとき私は呆然と立ち上がりました。皆さんはほとんど座ってたけど。。やっぱり私は立ちたかったんだ。。しかも呆然という様相で前後不覚に立ちあがって、ヘドウィグの悲しみと対峙したいと思った。。

私から前の席の方々は、この時は誰も立っていなかったので、私はほんとうに頑張りましたよ。見事に対峙できたと思います。ありがとうございます。いやでも、11列目でヨカッタナ。。5~6列目とかだったら若干無理だったかもしれませんw

自分の気持ちに正直に立てたということに満足して私はちょっぴり放心状態でした。

だから、ステージでマイウェイを歌ってた彼が、椅子の上をガシガシこちらに向かって来ているのに気づいたときにはほんとにびっくりしました。私に向かってきた!。。なぁんて思わないです。今回ばかりは11列目だし、まったくの偶然に違いないのですが、その偶然にびっくりして感動して、飛び上がるほど嬉しかった(まぁ飛び上がらないんですけどねw)

そして彼が私の横を通り過ぎて行った、たぶんほんの十数秒の出来事は、スローモーションのようにコマ送りされて、いまだに脳内再生されます。美しく。。

。。肩のあたりを指の腹でペンペンと2回叩いて、ぎゅっと一回押してみたのよ。。その瞬間、あの爬虫類のような横顔が一瞬停止した(と感じた)。。あっわかったんだと思った(勘違いでも、そう思ったの)。。いやぁさすがに身体のすみずみが敏感ねぇって。。。あれ?これ美しいのか?笑

2列前の人が彼の右腕を引っ張ってバランスを崩してて危なかったので、そういうのはアカンって思ってました。(そういえば、心配してだと思いますが、2階席のバルコニー外にいる未來くんの腕をつかんでおられる人もいましたね。こわー)

でもやっぱり伝えたくて、咄嗟にぎゅっと指で押さえてしまったんですよね。。言葉にならない思いが指先から伝わったかなぁと妄想してその時は我ながらエロいぜと悦に入ってたんですが、今思えば(カタチ的には)指圧っぽかったかも。。orz笑。。

。。う。。うん。それでもいいな。。気持ちよかったならば。。「あっ、そこツボです」って感じてくれたならば笑

私はすごく気持ちよかったから!サイコーだったから!ヘドウィグ!!!

1350670344630.jpg


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

では、最後に福岡編のつぶやきを。。ちなみに、アングリーインチのセッションお題は、タモリさんとたしろまさしさんでしたわー。いいわー!(いいのか笑)

【25日】

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ、はーじーまーるーよ!

posted at 19:03:05

福岡すごかった!客席のノリもなんか違った。。(´Д` )

posted at 21:28:45

なんか未來TLの盛り上がり。。というか狂乱ぶりがぷりっけつレベルw(´Д` )

posted at 21:56:40

巨大ウコンの力、はっけーん! http://t.co/GlAjLPWQ

posted at 22:14:53

中洲屋台に突入。 http://t.co/ZDhiu4Zq

posted at 22:22:26

乾杯!ヘドウィグ福岡初日おめでとうございます♪ http://t.co/GT4SkX7c

posted at 22:25:39

天神屋台で2回目の乾杯! http://t.co/Tc80O5fa

posted at 23:42:36

宿に帰ったら。。 http://t.co/DhNMWWtT

posted at 01:04:06

すみません。皆さんにリプ返してないですが、ほんとにありがとうございます。みほさんとサチさんとそのお友達のラッキーを自分のことのように喜びました。アフターは屋台に行きすごく楽しかった。福岡はいいところですなぁ。また来たい。とりあえずまた明日。おやすみらい。

posted at 02:27:26


【26日】


とうとう着いちゃった。。ぜっぷふくおか。。


posted at 18:22:43


こんな遠くから観るのは思えば初めて。


posted at 19:01:23


ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ、はーじーまーるーよ。


posted at 19:03:10


福岡ファイナル!


posted at 19:03:33


放心状態。。ヘドウィグmy楽、終わったです。。サイコーだった。ありがとう。


posted at 21:39:22


泣くのをやめてバスに乗ったw 最後の最後、マイウェイのガウンの上からペチペチ出来て満足です。泣いたのは終わってしまった脱力感と全身全霊で君を受け止められた喜び。ありがとうヘドウィグ。なんて。。


posted at 22:13:05


終わってほしくないなぁというので、ヘド姐さんの一曲目から涙出ました。まぁもちろん、その後いろいろあって持ち直しましたがw(´Д` )


posted at 22:15:00


ただいまでごわす。 http://t.co/Pfli6P5s


posted at 23:33:27


放心状態、続いてます。皆さん、こんな私に多くのリプ。。嬉しいです。ありがとうございます泣。。


posted at 23:52:42

【後日】

あのシーンをスローモーションで再生するほどには乙女w いや、夜勤明けハイテンションw(´Д` )

posted at 10:25:23

爬虫類みたいな横顔が忘れられない。(´-`).。oO

posted at 10:27:53

ペチペチの後ぎゅっと一回押してみたんだよね。伝わったのかわからないけど爬虫類は一瞬動きを止めた(ような気がした)。。

posted at 10:34:20

朝から自分の肩でやってみてるw 妄想激しいww でも楽しいwww

posted at 10:35:36


2012年10月12日 (金)

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(名古屋編)

1350035445893.jpg

観てきました!Zepp Nagoya!!

23日マチソワ参戦です。。名古屋は行く予定にしてなかったのですが、大阪公演でご一緒したフォロワーさんから、23日ソワレを譲ってもらい、どうせ行くならマチネもと朝早くのJRバスを予約し当日券に並びに行きました。

フォロワーさんで急遽、大阪公演を観に来ていた方が、サイドシートで最前列ゲットとつぶやいておられまして。。おぉそれならばというのもありwww

当日引換で2番目に並べて見事に最前列ゲット!観切りれるかもしれませんがご了承くださいと言われていましたが、それほど観切れるという感はなく。。ただやっぱり真横に向くので少々観にくいというのはありました。

大阪楽でかなりの感動を受けて「みんな持っていかれちゃってる」状態だったので、名古屋どうかなぁノリは良いのかなぁと心配でしたが、もうもう。。名古屋の皆さんめっちゃノリがヨカッタです!!

ヘド姐さんのいやらしネタもリキ入ってまして、名古屋独自という体位の実践もしてみせてくれた。。しゃちほこ笑。。2日目はベースのナオキくんをわざわざ跪かせて真剣な姐さんw もう可愛いったらないっ!

ローカルな地名とかも出てきてて、これはきっとあの刑事ものでしばらく名古屋に滞在したことがあるからねとは未來TLの方々のご意見でした。

このマチネのセッションでマコティさんのこと紹介し忘れちゃったんだったね。。こちらを読んで記憶を甦らせていただいてます。このとき「マコティ待ってたよ」とヘド姐さんに声を掛けて気づかせたのも未來TLのフォロワーさん。。いやぁ熱い!熱いTLです。

そして、ソワレは名古屋楽だったので再びトミーのTear me downが聴けました!!。。いや、あれはやっぱりトミーなんだろうな。。歌い方がヘド姐さんと明らかに違うものねやっぱり。。

B列のセンターという良番を譲って頂いていたので、渋谷に続きかなりな至近距離。。姐さん登場時のマントばさ~っも手を伸ばしてギリギリ届いちゃった感じの位置。おやつの時間ではすぐ前の方(最前)お二人に舐めさせてるご満悦な姐さんをホケーっと眺めさせていただきましたw 鼻膨らんじゃったわw

ただ。。御神渡りがなかったのですよね。。ガン見してたら来てくれるかも!と若干期待してたんですが。。かなり見つめ合ったのに!のに!(←勝手な妄想すみませんw)

でも、知ってるフォロワーさんのところへのしのしと渡っておられるのを拝見できて、その様子がとてもとても素敵だったのでヨカッタなぁって思いました。心から。

それから名古屋では、イツァークのことを少し考えました。。(また総括は別にするけど)

ヘドウィグがトミーに捨てられて全部持っていかれてボロボロになった状態で、身近にいるペットのようなイツァークに「私たち似た者同士よねぇ」と擦り寄っていくシーンで。。これまでは、イツァークがヘドウィグを拒絶するような感じで、わーってセリフを言って強引にキスをして強めに突き放す→姐さん、ゴンと地面に投げ出されるパターンだったのだけど。。

このソワレで、イツァークはヘドウィグを優しく抱きしめて、優しくセリフを言って、もう一度ギュッと抱きしめてキスして走り去っていくというパターンを観ました。。これでもう涙腺崩壊で。。

大阪ではmidnight radioの壁を超えろのところで感極まって泣いたというのはあったけど、名古屋で新しい涙腺が崩壊しちゃいました苦笑。。

イツァークに優しくされた後の、優しくされたからこそ余計につらいんだろうなと思ってヘドウィグの「Exquisite corpse」がいつもよりズシンときてしまった。。

イツァークの存在の意味については、まだまだわかりづらいところはあるんですが。。原発二世で、アレの影響で、身体的に無性であるということで。。かなりな警句やら悲しみやらアイロニーやらを一身に体現した存在であることは確か。

だけどジェンダーを超えているのか?というとどうも疑問で。。最後の白いふわふわワンピースで登場がいまいち納得いかない私なのですが。この話はまた総括で!

とにかく名古屋も、でらヨカッタからね!乾杯!!

1350035448344.jpg

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

では、最後に名古屋編のつぶやきを。。ちなみに、アングリーインチのセッションお題は、ひでよしさんとあつたじんぐうのかみがみさんでしたわー。めんどくさいっ笑!

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ、はーじーまーるーよ!

posted at 13:00:11

乾杯!ようこさん戦利品のドラムスティックと! http://t.co/xJUpRusC

posted at 20:32:38

無事に近鉄特急の最終に乗れました。急遽、名古屋に来てヨカッた。。ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ、ありがとう。今日お会い出来た皆さん、ありがとう。余韻に浸ります。(*´ω`*)

posted at 21:46:20

猪木だったのかw RT @quirrrx: セイヤさんの物まねは猪木。もう第一声から撃沈してる姐様、うつむいてぷるっぷるしてた(真下で御馳走様でした)で、「…ル、ルーサー…?」「あの、今日は誰設定…?」「げんきですかー!」「…ごめんなさいね気づいてあげられなくて…(笑)」

posted at 21:55:25

このバージョン、初めて観ましたが好きです。涙あふれました。RT @quirrrx: イツァークがヘドを優しく抱きしめて、僕らの身体が人工で作り替えられても、て云って、優しく離して、優しくキスして、突き飛ばさずに離れて、わたしの涙腺が爆発した

posted at 22:06:19

@quirrrx ですね…その後の嘆きもいつもよりずっしりきました涙。。優しくされても、優しくされた分、満たされないヘドウィグの想いが伝わってきて。。

posted at 22:30:13

@quirrrx なるほど、イツァーク側…私まだ捉えきれてないんですイツァークの存在を。。そうか、彼女/彼は完全体なんですものね。慈愛みせるのは心が生まれたってことなのかな。人工で作り変えられてもという台詞もあるし。。いろいろ深いですね大根・森山版ヘドウィグ!

posted at 22:49:05

そう!未來ってすげぇのです!!すげぇのですが。。心配のタネは尽きないw(´Д` )<RT

posted at 23:15:01

ヘド姐さん、「どうせ私はB級グルメよ。賛否は分かれるのよ」って言ってたなw(´Д` )

posted at 02:03:21

動く森山未來を誰もが一度は観るべきです。日本人の義務にすればいいのにw(´Д` )

posted at 02:14:44

@nontan71 のんさん♪ はい、そんなに良いのでございますよ(*´艸`) 「夜明けのBEAT」PVで多少ご存知と思うけど、ヘドウィグはあれどころじゃない未來くんの魅力がハンパないですわー。今回ここまでハマるとは思ってなかったけどもうメロメロっすw

posted at 10:00:00

ですです!RT @milyfuji: 世界中の人が観るべきです!観なきゃ、人生損してるよ。 RT @ha_marie: 動く森山未來を誰もが一度は観るべきです。日本人の義務にすればいいのにw(´Д` )

posted at 10:01:57

そう言えば、名古屋楽は、トミーのWicked終わったときすごい拍手喝采きてて泣けたな。。アンコールでありがとうって声援も飛んでて。名古屋いいわ。印象あがったわw(´Д` )

posted at 10:50:16

マチネアフターで未來くんがちょっと疲れてそう風邪かなと話してたからソワレのあの弾けっぷりが逆に心配。2階席の手摺りに平均台立ちまでしちゃうし。。Wアンコで「ミライモリヤマのダンスが見たいか⁉」と煽られたとき「もう疲れた」ってボソッと言ったのがドツボで。。心配だけどドツボでwww

posted at 10:57:49

2階席の手摺りに立った未來くんの悪戯っ子な表情もドツボ。。あぁもうハラハラしますよ。。ハラハラなのにドツボw(´Д` )

posted at 11:06:13

でもほんまに心配なのですよ母親目線だが。。明日福岡、そしてすぐさまダイバーシティファイナル。。お身体ご自愛してくれ。私が守りたいw(´Д` )

posted at 11:07:37

可愛いかった(*´艸`) RT @quirrrx: 昨日のトミーのティアミーでまりこちゃんソロ中かなぁどっかでみらいがずっと、階段のてっぺんで首を左右にゆらしてて可愛かったな

posted at 12:19:33

@hai_er @quirrrx @milyfuji 笑!みりぃさんへのリプでハイズさんがおっしゃったヒリヒリ感すごくわかります。あんなに力強いのにfragileな感じ。でも今回ヒリヒリしつつ触れ合おう伝えようとする未來くん、生きてるんだなって実感w(´Д` )

posted at 13:39:14

愛しすぎwRT @quirrrx:昨日の名古屋楽。名古屋3公演で一番…ノリ的にヒヤヒヤな感じだった(笑)崩しからの舟、の辺りかな、どん引きしまくるお客さん(笑)に姐様、「何引いてんの!?ばっかじゃないの!?これからずーっとシモネタ畳みかけるんだからねちゃんとついてきなさいよね!」

posted at 17:19:07

ヘド姐さん、ほんとかわいい。。最後に姐さんいなくなるのがほんとかなしい。。はぁ。。ダメダメ。離脱します( ゚ω゚)

posted at 17:21:29

@quirrrx @juno94y 真摯でストイックで話下手でってドツボです。今回はまだ役柄で出来てるという面もあるかもしれない(大阪楽で森山未來の声が聞きたいか!?って振られた後の微妙なラップ?が忘れられません笑w)けど壁やら境界線を越えようとしてるのはたぶんそうだと思う!

posted at 18:16:54

あっいま不意にMidnight Radioが流れて、会場の椅子の上をガシガシ歩く彼の姿と、ようこさんの泣き顔がフラッシュバックした。いいシーンだったな。。雑踏の中で涙目w(´Д` )

posted at 18:24:16

@Yokoffkoff 私の網膜脳には焼き付けられております映像、再生出来るならばしたい!!ようこさんの泣き顔、子どもみたいに純真でかわいかったです。ニヤニヤ(´Д` )

posted at 20:34:42

@Yokoffkoff こちらこそです、ようこさん。いいシーンを見せてくれました!ついでに言うと、マイクを向けられてた時にまっすぐ見つめ合ってるシーンも網膜と脳に焼き付けましたよ!ニヤニヤ(´Д` )

posted at 22:15:35

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(大阪編)

1350006961747.jpg

観てきました!Zepp Namba!!

16日と17日、ともにマチネのみの公演でした。当初は17日のみの参加予定だったので16日は譲っていただいての参加。夜勤明けですがノープロブレムです。。今さら、15日マチネも夜勤前だったし無理したら行けたのか。。と思っているぐらいw

両日とも6列目のセンターあたりから眺めました。すごくいい位置。。ヘド姐さんとバシバシ目が合った!。。はっそういえば渋谷は最前だったけど目が合ったな。。どの位置にいても、ヘド姐さんがこちらを見てくれている気がするから不思議ですwww(←完璧すぎる妄想力w)

東京では買えなかったTシャツを買いました。オリジンオブラブ。。タオルは私が参戦した時点では売り切れてた。大阪は売り切れるの早かったみたいです。ヨカッタね。

1350006964170.jpg

私たち(未來TL)の心配事は、各地のゼップをどんなネタで「いやらしい箱」にするんだろうってことでしたw 渋谷O-EASTはホンマにまわりがホテル街だったのでいやらしさ全開だったのですがw

だって、私たちは前半のハイテンションのヘド姐さんが嬉しそうに「いやらしいわね」って言いつつ、どんどんお下品ないやらしい話をしていくのがめっちゃ好きですから(´ε` )。。

。。で、大阪はやっぱりあの国宝級の街のことが出ましたね。それから四十八手。。じゃなくて、NKB48笑(これは名古屋も福岡もあるからうまく考えたなと。。でも権利関係とか大丈夫だったのかしら笑www)

森山未來の才気あふれるロック・ミュージカル | オールナイトニッポン Gold Club

お美しい。この美人さんが、あんないやらしいこと言っちゃうんだもんね。。

えっと。。この記事出てから男性客って増えてないですか?けっこうな年齢の男性の方が前の方でぴょんぴょん跳ねていたような気がする。。ヘド姐さん、というか未來くん大丈夫かw

まぁヘド姐さんとしては、してやったりかしら笑。。ほんま。。前半のヘド姐さんはいろいろと楽しそうで。。一瞬トミーの映像が流れたりすると取り乱したりはするんだけど、それもまだまだ戦闘モードなの。

だけど後半のね。。しんみりした話はね。。ほんと思い出すたびつらいよ。。

大阪からはスタンディングスペースはなく指定席のみ(と言ってもゼップなので簡易なパイプ椅子を並べている)、ヘド姐さんが座って聞いてもいいわよって言ってくれて、みんなで座って聞きました。うんうん。。って聞いてた。

ジーザスきちがいのトミーとの出会い。。いや、衝撃だったんだろうね。彼の行為の奇抜さは置いて、姐さんは一目惚れだったんだよね。雷に打たれたように恋しちゃったんだよね。。どんなやつかもわからないで。。いや、わからないから恋なのか。

どう見てもどう考えても、あの時点のトミーじゃ姐さんを満足させるような器じゃない気がして、だから私はいまいち感情が乗り切れなかったのかもしれない。

だけど、大したオトコじゃなかったりするけれど恋してしまう。それが真実なのだよね。

トミーに抱かれて「ああっ」て声を上げる姐さんがめっちゃかわいかった。愛おしかった。

ひどいやつだよトミーは勘違いしたまま去ってしまうんだから。。

でも、それから、トミーのことを少し考えるようになりました。、ヘドウィグが女の子の衣装やウィッグを狂ったように剥ぎ取って身体にミドリとオレンジの蛍光塗料を塗りつけるシーン。。そのあとで階段上の光の中から登場する。。あれはトミーなのかヘドウィグなのか、それとも、その両方なのかと。

私、最初はヘドウィグがトミーの姿に戻って帰ったと思ってたんだよね。トミー自身だとは思ってなかったの。

だけど、一曲目はトミー・ノーシスだった。。よく考えたら曲の最初に「大切な人が作ってくれた曲なんだ」とかいうセリフがあったし、曲の終わりには「ありがとうヘドウィグ」って言う。。あのセリフ、渋谷でもあったっけ?私が聞いてないだけかな。。

でも二曲目。これは渋谷でもそうだったと思うのだけど、階段下で転ぶの。

どなたかが書いてた。あのシーンがいちばん最初にヘドウィグが登場してきて大袈裟に転ぶシーンと重なるんだって。。私も頭の中で無意識に、あれはやっぱりヘドウィグだわ。。と確信してしまってた。ヘドウィグは破滅したんじゃないんや、復活したんやって。。思ってた。

でもさ。。Wicked little townを歌い「ありがとうヘドウィグ」って言ったし。。あれあれ?あなたはトミーなの?ヘドウィグなの?。。と混乱しました。。

。。ふたりは合体しちゃったってこと!?あの階段の途中で。。イツァークに導かれて。。

う~~~~ん。。。そんなガンダム落ちじゃないと思うんだぜ。。というわけで、ここの解釈、保留です。

ちなみに階段下で転けるのも渋谷の頃はもっと派手にヘドウィグに近い感じで転んでたけど、段々と変わっていったように思います。。あまり確かではないけれどw

まっいっか笑。。とにかくサイコーだったよ!乾杯!!

1350006965711.jpg

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

では、最後に大阪編のつぶやきを。。ちなみに、アングリーインチのセッションお題は、やしきたかじんさんとはしもとしちょうさんでしたわー。よろしくってよ!

【16日】

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ、はーじーまーるーよ!

posted at 13:01:16

海さんの戦利品! http://t.co/Tjmskwpg

posted at 15:27:54

ナイスでした!全然わからへんかったし!笑 RT @say_yah_CTSR: こんにちは、森進一です。

posted at 18:19:53

wiki見ると、セイヤさんって大阪の人やないのか?やしきたかじんといい、落としどころをわかってはるよ。(´-`).。oO

posted at 18:26:33

もう解散してるみたいやけどキャプテンストライダム?Hit&Run所属やん。ユニコーンのトリビュートアルバムにも参加した。。と(´-`).。oO

posted at 18:28:51

今日はアンコールで隣の方が手をぎゅとされてたよ。渋谷の最前スタンディングの時も隣の方がマイク向けられてた。。隣の方がというのが多い私です。orz

posted at 18:34:47

@uminy ほんとに。歌詞がわかっていたらもっともっと楽しめたよね。。パンツ、今日は3〜4枚投げてました。紐パンばっかりw ダイブはないけど、あのゼップの広い会場(の椅子の上をw)走り回り2階まで。神出鬼没とは彼のことですわ。( ゚ω゚)

posted at 18:43:57

ヘド姐さん、美しかった。バックのスクリーンが光を放ち姐さんの顔が白く浮き上がって、思わず、めっちゃきれいって声出た(*´д`*)

posted at 18:50:09

ヘドウィグの歌詞リスト見てフラッシュバックしてる。。Midnight Radioで光の中にいるあの子に向かってまっすぐ手を挙げたそのシーン。。気づいたら泣いてたんだよなぁ。びっくりした。

posted at 18:53:01

そうそう。今日の座席は6列目だったけど中央の神席で、ヘド姐さんがマイクスタンドで歌っているときはずっと真正面だったので、幸せな勘違いに充分浸らせて頂きました。ありがとうございます。(*´д`*)

posted at 19:10:01

あっそれから、バンド紹介のプレイでヘド姐さんが嬉しそうにいろいろディテールをお話しているとき、細かっとツッコんでしまってごめんなさい。(´-`).。oO

posted at 19:12:34

(6列目ぐらいだったらなんでも言えるwww)

posted at 19:14:25

アンコールの最後ひけるとき水を口に含んだから、これはいわゆる霧吹きだ!と思って、あぁーー!と声出し指指したら、こっち向きつつ口から水をこぼしやがった。かわええ(´-`).。oO

posted at 19:32:44

なんかほんと、いろいろごちそうさまでした。明日も楽しみ∠( ゚ω゚)/

posted at 19:34:56

【17日】

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ、はーじーまーるーよ♪

posted at 13:02:14

ヘドウィグ大阪楽、さいこーだった!

posted at 15:48:45

アンコールでトミーのTear me downが聴けた。。ありがとう♪

posted at 15:56:45

かわえかった!(*´艸`) RT @quirrrx: マイウェイでまた、ふとーふとーたたずみたたずみー、とセルフエコーwなにしてんのんwww

posted at 16:21:35

乾杯!ヘドウィグ最高!! http://t.co/1cU3YrNm

posted at 16:26:04

まーじーでー!RT @say_yah_CTSR: こんにちは、福山雅治です。

posted at 17:09:18

ありがとうございました!目の前でギター弾いてくれて興奮しました!RT @say_yah_CTSR: ヘドウィグ大阪公演千秋楽、ありがとうございました。

posted at 17:13:06

名古屋ゆずってもらってしまった。。なにこの中毒性。。orz

posted at 18:42:15

滞空時間ハンパなかったです。跳んでる時の顔ももう(*´艸`) 脳裏に焼きついた!RT @milyfuji: ティアミーの時、何度もぴょんぴょんとジャンプするのだけど、例のまるで重力感じないジャンプで床にトランポリン仕組んでるっていうぐらい軽やかにジャンプしてた(*^^*)

posted at 20:23:17

@yukohrrn うんうん。未來くんが今日は最後の最後まで手を挙げ続けてたような気がして。。いつもより特別に長かったような気がしました。シーンが焼き付いてるんですが、詳細の記憶があっという間に薄れて辛いです。・゜・(ノД`)・゜・。

posted at 21:36:00

口からだぁぁあのお水を手で受けてる人いたんだぁやっぱり。聖水だって。。ぷぷぷ(*´д`*)←

posted at 09:37:59

はい、病気です。てへ(*´д`*)←RT @milyfuji: 私のTL、ヘドウィグの熱に浮かされた病気の人ばかりだわ^^;しかもそれぞれの症状に思い当たる節があるwww

posted at 10:08:36

ヘド姐さんのセリフと歌声で頭の中がいっぱいです。・゜・(ノД`)・゜・。

posted at 11:15:40

忘れられません!泣!RT @hai_er:アンコール、大ラスで、まりこちゃんに「モリヤマミライの声が聞きたいか!」と煽られ客席が最高に沸く中、ものすごいバネで、しかも美しい空中姿勢のジャンプをエンドレスで繰り返していた姿が忘れられん。(略

posted at 12:28:18

ヘドウィグはやっぱり壁なんだな。。

posted at 14:51:09

トミーは勘違いするんだもんね。。ワンインチの肉の盛り上がりを。。

posted at 15:23:58

昨日のヘド記憶。。オープニング、ふと気づくとイツァーク役のまりこちゃんが横の通路に居て様子を伺うようにこっち見てた。超かわいい。思わず、おいでおいでしたらほんとに来て、前列の椅子の上を駆け抜けて行った。(´-`).。oO

posted at 15:43:53

昨日のヘド記憶。。アンコールで会場を走り回るあの子(ヘドウィグなのかトミーなのか判断保留中w)を、何処だ何処だと探していて、はっと気づいたら前列の椅子の上にセイヤさん。超びっくりしたねー。白衣?のポケット辺りをグイグイ引っ張らせていただきました(´-`).。oO

posted at 15:45:40

昨日のヘド記憶。。それにしても、相当に長い間、見つめ合ったつもりだったんだけどな。。来てくれなかったよ。。およよ。(;3;)

posted at 15:46:42

あっでも、2回目のWicked little townは歌詞が違うんだよね。。じゃトミーか。。RT @ha_marie 昨日のヘド記憶。。アンコールで会場を走り回るあの子(ヘドウィグなのかトミーなのか判断保留中w)を、何処だ何処だと探していて、

posted at 16:05:02

久しぶりに観たわー。再熱したわー。 http://t.co/QyEFIL9y

posted at 19:24:46

わたくし、いまきづいたんですけど、みらいくんてひだりくちびるのうえしたにちいさなほくろありますね。

posted at 21:00:33

この頃まだ20歳か。。すごいなぁストイックだなぁ闘ってるなぁ。8年経った今も変わってない。。はぅ(*´д`*) http://t.co/4PwXAZHc

posted at 21:19:39

ぜんぶぅ~もっていかれちゃった~わたぁし ただの♪

posted at 22:53:54

2012年10月11日 (木)

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(渋谷編)

1349977940726.jpg

観てきました!東京渋谷O-EAST!

ここでしかスタンディングがないと知り速攻で取りました。ヘドウィグとは何者と全く知らぬまま、ライブハウスで椅子並べて座って観るなんてありえない!と思ってましたw 今思えば、完璧にライブ参戦するつもりで心構えができてましたw

良番狙いで平日昼間にエントリーしてて見事に神番ゲトしてました!

いつものように夜行バスで乗り付け早めに着いて渋谷周辺を散策。今思えばこのとき歩き回らずに体力温存しておけばヨカッタか。。

フジファブリックTLのフォロワーさんもお一人で来られるとのことだったので、待ち合わせて、いざオーイーストへ!

ツイッターで真ん中最前狙いでいてきます!宣言し、みごと確保。ここまではすばらしい出来だた!

初めて観るヘドウィグの衝撃はすごかった。。夢のような近さと美しさに圧倒されました。。お顔だけじゃなく、腰つき、太もも、足首すべてが美しい。美しい。美しい。。( ゚д゚ )

。。んと。。これは本当にモリヤマミライなの?彼であることを認識できない。。憑依感が半端ない。。

そんなヘド姐さんから、恒例の「ブスばっかり!」を浴びせられ至福とともに羞恥の念も。。大笑いしたけど、ヨレヨレのTシャツに汚いキャップを被った我が身を省みて、ちと複雑w

「平日の昼間っからこんなところに集まるなんて何してる人たちなのかしら」とも言われた。。えっとそれはね。。説明しそうになったw

客いじりがすごいと聞いていたが、その日も最前列上手から順番に聞いていってた。

オーイーストは渋谷のホテル街のど真ん中にあるイヤらしい箱ですが、さて答えてもらいましょ。まわりのホテルで一日何組のカップルがナニしてるでしょうかってやつね。

ぎゃーやってくる。。こわばる私。。下を向いて小刻みに左右に首を振ってしまった。無理無理無理無理ぜーーーーーったい無理!!

お前、勢いだけはいいのにな。。ええっー?。。イザというときヘナチョコなんだよな。。ままま、そうなんだけどこの状況はだって。。ほんま昔から口ばっかりやん。。と苦い思い出をよみがえらせつつ、幸世的自問自答www

。。と思ったら、お隣の方で質問終了(・ー・)オワッタナ・・・

超ホッとしました。これマジでホッとしました。。こんなばばぁの顔を美しいヘド姐さんに見られるなんて、マジで絶対ダメー!!!じゃ最前行くなよって話ですが。。でもでも!ヘド姐さんの美しさはしかと見届けたいし!!的ジレンマ。。。悩ましい至近距離の罠!!

でも次第に映像を観てる感覚になってきてた。。向こうからこっちは見えてないんだって感覚。。あれだけライブだったのに不思議。。

そんなわけで舐めまわすように堪能。。むふふ。

未來くん(ここはあえて未來くん)、ふくらはぎの筋肉はすごいですが、太ももが意外とプルプルしているんですよね。そんで、お尻の小さいこと。もっとガッシリしてる印象あったんですけど着てる服の加減だったのか。。特にお色直し後のホットパンツ姿のヘド姐さんは衣装的に(長袖とロングブーツで)筋肉ついてる部分を隠しておられたし、マジで女の子だったですぇ。。可愛かったし儚げだった。。

実際ね。。そこから物語は片割れ探しの、姐さん曰く「しんみりした話」になっていく。曲もバラードっぽい曲が多くなっていき。。ライブ感覚でピョンピョン飛び跳ねるつもりで来てた私はちょっとあれ?って思ってしまいました。。渋谷編終わったあとツイートしたけどね。

あと、こちらの興奮具合を換算しても、正直セリフがすべて聞き取れたかというと微妙で、特にイツァークは何を言っているのか???の場面が多かったと思います。この音響の問題は舞台の宿命的なところでもあると思うんですけどね。

さらに、物語の設定が、ベルリンの壁から福島原発の壁にされていたことに対して、従来のヘドウィグファン(ヘドヘッズ?)の方々やその他から賛否の議論が巻き起こったということでした。

私はこの設定のアイデアはすごくいい!と思ったんけど(日本にこれだけの壁が立ちふさがっているのに、今さらベルリンを持ち出してどうすんの!?と)、この渋谷の一回目の観劇で物語のいろんなところに張り巡らされた警句やら悲しみやらアイロニーやらに気づくのは難しかった。。ごめんなさい。

前半のハイテンションでアドリブの多い戦闘的姐さんと、後半の打ちひしがれていく破滅的姐さんのギャップにも若干ついていけなかったの正直。。何しろ最前だし姐さんの動きの華麗さ一挙一動に釘付けで、その心情にまで心配る余裕がなかったとも言えるかな。。最初の観劇はもう少し後ろで全体を把握して次で最前狙うのがヨカッタのかもなと。。今さらですがw やっぱり東京いいよね~。回数多いもん。何度でもリベンジ出来るやん。

もちろんライブパフォーマンスとしては最初から最高で、それはもうあらゆる方が口々に言ってますけど。。たとえば、こちらね。。

森山未來よ神話になれ「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」にエヴァンゲリオンを見た

いや、ほんまに彼のパフォーマンスは神話レベルでした!もう今思い返しても感激で身震いするほどです。でも、そのライブが凄すぎて、物語に熱中できない感じというのかしら。。これはオーディエンス側(ワタシ)の質の問題か。。

告白すると、渋谷スタンディング席は毎回ダイブがあるよと聞いていたから、途中からはダイブはまだかまだかと気になってしまっていたな。。すみませんw

そう、ダイブ。。家で未來くんを受け止めるイメトレまでしていて準備万端で臨んだはずだったのに。。またしても、イザというときにヘナチョコな私でした。

ちょうどセンターあたりに来てくれたので頑張ったら神輿担ぎに十分参加可能だったのに、ボケッと見守っただけだった。結局うまく帰れなくて途中で降りて柵を自力で乗り越えて帰りはったな。。そのちょっと悔しがってるような表情の横顔はしっかりと見届けたよ。。

私と彼とのあいだには何も障害がなかったように思うよ。。あれ?じゃぁ真横だったのかな。。もう、あっという間の出来事で、そのあいだに私がしたことと言えば、運ばれていく彼のお尻あたりをペチペチと触ったことぐらい。。ほんますんませんw

そういえばダイブする前、柵のところに足をかけはったとき、その足をマジマジと見てしまいましたわ。そして顔を上げたら(たぶん)真下を見てはったので、とりあえずニッコリ笑いましたw わたくし眼鏡ズレてたらしく彼の表情がはっきり見えてなかったのだけど。。そのあといったん舞台に戻ったんだよね。やり直ししたの。。

あぁそのときも、私と彼とのあいだには何も障害がなかったように思う。。隣の方はどこかへ消えていなくなってる。。彼以外は目に入らない状態とはこういうことか!!!

もうね。。乙女の気分満載ですよ。半分以上、妄想の域で。。はぁ。。

ほんともうぜんっぜんまわりが見えてなかったです。。

マチネ終わってしばらくしてからスカートにあの蛍光塗料のミドリがぺっちょり付いてるのに気づきました。。あぁ嬉しい♡

1349977944772.jpg

マチネ始まる前からソワレも観て帰るかもと言っていたんですが、マチネ終わった途端やっぱり絶対ソワレ観て帰る!当日券取る!ってなってました。

このままでは帰れない感じ。。観逃したら絶対後悔すると。。そうか、帰りのバス予約してなかったら、一泊して翌日のソワレも観て帰ればヨカッタのか。。今書きながらそうかと思って悔しがってたり。。。

やっぱり渋谷O-EASTの狭さとスタンディングの近さは尋常じゃなかったなと。。

ソワレはサイドシートもありますよと言われたんですがスタンディングがいいと粘りまして何とかギリギリ入れてもらうことが出来ました。

マチネと違って人が溢れかえっていて、ギリギリに入った私は結局真ん中へは行けなかったです。

でもちょっと離れた場所で、私もちょっとは落ち着いてヘド姐さんを観ることができた。楽しそうでノリノリの。。こちらで詳しいレポートをしてくれていますがほんま凄かったです。終演後しばらく立ってられない状態でした。O-EASTの裏(ロッカーがあるあたり)でホケーっと座り込んでしまってました。

ダイブも結局3回もやってくれて、私のいた上手の端っこの方にも来てくれたのですが。。。またしても神輿担ぎに参加することが出来ず。。それは開演前ビールを2本グイグイやってしまった為アンコール前にトイレへ行かざるをえなくなり。。ほんま情けない。

O-EASTのトイレは2階の遠く彼方にあって道筋も入り組んでいたので係りの方に誘導されて行ってたらもう途中で歓声が聞こえてきて出てきたのがわかったので「ええっと。。戻ろうかな。。」とつぶやいたら「ここだけの話ですがそのまま2階で観ていただいていいですよ」って言ってくれて。。(あっここだけの話になってないw)

慌てて済ませて。。2階からピョンピョン跳ねながら聴きましたマイウェイ!

上から眺めるダイブがほんま綺麗で凄かった。縦に帰すだけじゃなく、横にゴロゴロ運ばれていくのが、よく訓練された美しい器械体操のように完成されていたダイブだった。嬉しかったんだろうな。3回もやったってことはね笑。。

ピョンピョン跳ねてるこっちを見てくれた(ような気がした)し満足♡

2階から降りて入口扉のところに大根さんが居られたので「ありがとうございます」と挨拶しました。それだけ言って失礼しちゃったので変なおばちゃんやと思ったやろな。。(あとから聞いたら、そのとき一緒に居はったのはスガさんだった模様。。サングラスないとほんまわからんね~)

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

では、最後に渋谷編のつぶやきを。。ちなみに、アングリーインチのセッションお題は、たかくらけんさんとおだぶどうさんでしたわー。いいわー!

大根・森山版ヘドウィグ。壁は。。そう、311以降はそれを避けて通れないよねと思う日本の新しい壁。その設定は近未来だけど私はスッと入り込めたよ。

posted at 09:53:44

自分の片割れを探すというもう一つのテーマ、アダムとイヴの話。。これはなんだか難しかった。。含意することはいっぱいあるんだろうけど。

posted at 09:54:36

そんなこんなで、物語についてはまだまだ消化しきれておらず、大阪公演・福岡公演で完全消化を目指します。

posted at 09:57:46

構成は、ヘド姐さんの身の上話、それが狂言回しも兼ねている。役者として出てるのは未來くんのみだし、ほぼ独り舞台の感覚だな。。大変だと思う。

posted at 09:58:52

そう言えば、神父役のJUONさんのセリフ棒読み感にツッコミそうになった。それを受ける未來くんのあの間合いがおかしくてw 地方公演以降は永友聖也さんがあの役をやるのかな?

posted at 10:02:41

それにしても、未來くんの身体能力・歌唱力の高さは神レベル!ファンの私はある程度確信してたけど、ヘドウィグファンで観にきたという人はさぞびっくりしただろうなと。

posted at 10:05:05

ライブ中の音楽については事前に予習して聴いて行った方がいいかもしれない。告白すると「マイウェイ」しか知りませんでしたのw←

posted at 10:06:09

あと、けっこうバラード系が多いから。。もうちょっとノリノリの飛び跳ねられる曲を~っていうのは無理だろうか。。だよね。。(ノ∀`)

posted at 10:06:51

ヘドウィグじゃなくて、森山未來のワンマンライブがあったら絶対観に行く!!!ライブやって~!

posted at 10:07:55

舞台上を縦横無尽に飛び跳ね転げ回る未來くん。マイクスタンドが倒れてて三脚が凶器のようにそそり立ってたから、ひゃぁ危ない気をつけてとヒヤヒヤしながら観てましたの最前で。

posted at 10:17:21

そんなスーパー弾けてる様子とガラリと違い、昨日ソワレのWアンコで話してた未來くんの真面目っぶりが笑。。萌え。。(〃▽〃)

posted at 10:24:03

2012年10月 9日 (火)

未來月間が終わった。。

1349758275059.jpg

9月、疾風怒濤の日々が終わりました。「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」で埋め尽くされた日々。。

しばらく抜け殻状態でした。。と同時に始まってしまったのです。。。いや、すみません。未來くん再熱でございます^^

全部持っていかれる(笑)予感があったのか、他のライブやフェスは極力入れておりませんでしたが、これほどまでにハマるとは、始まる前には予想だにしていませんでした。

実はわりと冷めていて。。というか、よく考えたら演るのはオカマの役じゃないかという不安が若干ございましたw 

で、期待と不安が入り混じる感じで、事前に取ったチケットは3回分。それでもこれまでの私の観劇レベルからすると多い。。それが!!終わってみて数えてみたら、まさかの8回分!チケットが残ってました。。いや、全部覚えてますけどね( ̄∀ ̄)

東京・大阪・名古屋・福岡で各2回ずつの8回へ大幅増量。当日券に並んだり譲ってもらったりしてゲットしたわけですね。ひゃぁ。。

1349758279101.jpg

いやいや、フォロワーさんの中には、30公演中28公演に行きました!というツワモノも居られるので、まだまだではありますがw

その方の深い深い愛で記録されたブログはこちら

はぁ。。すごい。。

私には詳細レポが出来る技量はありませんので、ざっくりとしたレビューを追ってあげておきたいと思います。。とは言っても、8回行ってるのでどの公演に焦点をあてるか悩みどころです。

と、悩んだ末、土地ごとの編集にしようかな。割と安易w 結局いつものように、ただの日記になっちゃうかも。。

2012年6月21日 (木)

ひまり屋さんに行ってきた

メレンゲさんインストアライブ後で行ってきました「ひまり屋」さん。

あっ。こちらは森山未來くん関連です。 ˉ̞̭ ( ›◡ु‹ ) ˄̻ ̊”

野音後におじゃまする予定だったのですが急遽スズコウへ向かったので翌日にリベンジしました。 夜行バスの時間までだったので2時間ほどだったんですが極上のお酒とお料理に大満足でした。 まずは乾杯~。

1340942033741.jpg

それから、未來くんデザインのワンカップ酒をいただきました。蔵出しして頂いてました。

1340942037938.jpg

燻製づくし。梅干しまでwww でもこれがホント美味しいの!

1340942040001.jpg

そして「こんな値段では食べれない」とオススメいただいた通称「のどぐろ」。初めて聞いたんですが、日本海で獲れる幻の高級魚らしいです。ホクホクに塩焼きした上質の白身に舌鼓!

1340942041658.jpg

ホントに黒いんですねw はらぐろじゃなくてヨカッたwww

1340942043469.jpg

そして、夜行バスでどうぞと持たせてくれました鮫の軟骨と燻製梅干しのおにぎり泣。。翌日の朝食でいただきました。(*´д`*)

1340942045180.jpg

東京行く時にはまたゆっくり行きたいです。ありがとうございました!

2012年3月10日 (土)

「テヅカ TeZukA」を観に行った。

1331352722873.jpg


東京まで行って観て来ました未來くんが出演するダンスパフォーマンス「テヅカ TeZuaK」。遠征は「TANGO」以来。

公演日程がちょうど勤務日と重なったので、最初は行くつもりがなくチケット取りにも参戦してなかったのですが追加公演があるとの情報に思わず飛びつきました。前から7列目の真ん中という良席。ローチケやるやん。

ついでに富士吉田へ寄ったのは前エントリーで書いた通り。富士吉田からバスで新宿西口まで2時間ほどなのです。近いよね。富士吉田に住んで都内で働けるんじゃ?(´-`).。oO

さて、まったりし過ぎてギリギリになったけど、新宿西口でお目当てのお土産も買えて、未來くんファンのフォロワーさんに会えて、無事に渋谷Bunkamuraに到着。

ドキドキドキドキ。。

最終日だったのですでに観られた方のつぶやきやらが気になりましたが、極力、前情報を入れずに挑みました。それこそ劇場が提供するPR文さえも読まずに。

。。とは言っても、私自身の手塚治虫に対するイメージまでは真っ白に出来ませんが。。


偉大なる手塚治虫。実在した人物であり遺された多くの作品があり。。これらを2時間あまりの作品にするとは。。いったいどうやって?

今読んだPR文。こう書いてました。

手塚治虫のマンガ、アニメ作品のほか、「創造主としての手」「マンガを描く動き=ダンスという認識」「文字と絵/書とマンガ」など、いくつかのキーワードをもとに映像を展開するライブのダンスと、音楽とのコラボレーション。
手塚の作品をそのままダンス化するのではなく、作品から沸き起こる様々なイメージをコラージュのようにつなぎあわせ、膨大な情報量を伴っていた手塚の表現を総体として把握する。そして、善悪を描くのではなくこの世界が果てしないコミュニケーションの行き違いによって成り立つことを描き続けた手塚の世界に現代社会を読み取る、シェルカウイ独自の解釈で再構築する。


あぁ。。その通り。
めまぐるしく展開されるダンスと映像表現のなかに、総体的に、まさしく手塚がそこにいました。(実際に手塚役の方もいましたけど笑w←)

しかし、特に脳幹を撃ち抜いたのは、冒頭の重い重いメッセージ。。。3.11に関するモノローグでした。

作品は、未曾有の大地震で引き起こされた前代未聞の原発事故に関するモノローグで始まり、アトムのテーマ曲が物悲しい手巻きオルゴールの響きで流れ、動き出した。。のです。。

つたない、赤ん坊のような足取りで登場した黒いパンツ姿。これには笑えたけど。。(^◇^;)

手塚治虫が登場した日本は高度成長期。
科学技術がもたらす未来が光り輝いていた(ように見えた)。そこで、何の迷いもなく祝福されて、アトムは生まれた(ように見えた)。

だけど、アトムは原子力の鬼っ子でした。


私の興奮冷めやらぬつぶやきに返してくれた人がいて。。

「少年漫画のアトムは地球を守ったヒーローでいて欲しい。イデオロギーはいらない」と。。

80年代最後の年に死んでしまった手塚治虫。バブル期の真っ只中で死んでしまった。

戦争ものでも、従軍慰安婦問題や731部隊を彷彿とさせるような作品も描いていて、私の中では、どうしてもアトムやレオやリボンの騎士というよりも、ドロドロと愛憎渦巻く手塚のイメージが凝り固まっているのかもしれません。

彼が今生きていたら、この世の果てのような原発の残骸を見て、どんな作品を描いていただろうか。。

手塚治虫の新しい作品がみたい。そんな思いに囚われて、頭の中がぐちゃぐちゃになった。久しぶりにいろんなことを考えさせられた作品でした。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ではでは、最後に翌日のつぶやきをまとめてどぞー。(当日は夜行バスで寝落ちてしまいましたw←)

テヅカ。そういやそうだ。手塚ってそうなんだよなと思い出させてくれる演出。丸っこい絵に騙されがちだけどドロドロエロチックなんだよね、テヅカ。

posted at 07:10:39

テヅカ、一幕終わってしばらく席を立てなかったんだけど、二幕の方がもっとすげぃかった。脳幹にきた。蜘蛛女のような動きや、白い横断幕の波のなかでパンツとパンツが絡みあうシーンは圧巻だった。もうエロ過ぎて。

posted at 07:23:30

テヅカ、ただ蜘蛛女しかり、書のシーンでも日本趣味の解釈が違ってアジア趣味になってた気がするけども。もっとも手塚自身が傾倒してたのかもしれない。そういや一幕の"門前の小僧"、あれは笑うところだよね。私、めっちゃ笑いそうになって困った。

posted at 07:30:55

テヅカ、一幕で展開されるバクテリアの話は特に手塚自身と関係のない最新論文からのネタらしい。今の日本に手塚が居たら興味を持ったネタかもしれない。ある閾値を超えるといっせいに蛍光する性質。人間もバクテリアみたいにシステマチックに生きれればいい。

posted at 07:38:10

テヅカ、システマチックではない人間たちを描いた二幕。ただもう哀しかった。"火の鳥"を大きく取り上げなかったところにシェルカウイさんの意思を感じた。。アトムの最終話は哲学的な意味合いで心が生まれたロボットの悲哀に私たちは注視しがちだけど、そもそも彼は原子力の子どもなんだよね。

posted at 07:54:08

テヅカ、「僕は何のために生まれてきたのかな」ってアトムが言って太陽に飲み込まれていく。それは第二次大戦での二度の被曝と福島の被曝。それを経た私たち日本人に問いかけられたこと。泣きました。

posted at 08:00:38

テヅカ、それにしても未來くんの身体はしなやか。もちろん上には上がいるけど見劣りしない。これからもしなやかに活躍して欲しい。3年前、思い立ってモダンミリィの公演を観に行ってヨカッた。この3年で伸びしろ広がったよね未來くん。カーテンコールで真正面に来てくれてありがと(´Д` )←

posted at 08:10:22

@Peta_hiraishiはい。わかります。でもアトムの最終話は手塚自身がそういうこと(子どもたちのヒーロー)を拒否した結果ではないのかなとちょっと思ってます。原子力の夢を見た私たちをも(´・_・`)

posted at 10:15:54

@Peta_hiraishiそうなんですかアニメ用。。漫画の続編は読んだことがないです(今度読んでみます)私も以前居た職場で鉄腕アトムで科学への夢を培ったという人がたくさん居たので心境は複雑です。言われてみれば反発という意味合いもあるのかも。。アトムは深いですね(´-ω-`)

posted at 11:49:00

2010年12月 7日 (火)

未來ウィークが終わった。。

と言っても、私の中で勝手に名付けただけなんですが(^_^;)

11/29(月)の「TANGO」、12/5(日)の「Revivalヤザキタケシ/不条理の天使」と、大きなイベントがふたつ終わりました。(ギリギリ一週間でしょ!)

「TANGO」は19日の東京公演も観たのですが、何しろ東京公演は、フジファブリック志村氏の聖地を巡る旅のすぐ後だったので、その余韻に浸りたいというのもあり、ちょっと消化し切れませんでした。

まぁいいや、大阪公演もあるから、それを観てから感想を書こう。。。と思っている間に、あれよあれよと時は過ぎて「ヤザキタケシ」の日が近づき、まぁいいや、「ヤザキタケシ」観てから。。。

ということで、現在です。

ふたつのイベントはなんら繋がっていないので、一緒に関連付けて書く必要はないのですが、私の中での未來ウィーク総括ということで書いてみます。

(結局、ほぼ私の心の遍歴の総括になってしまい、全然イベントのレポになっておりません。。orz。。個別にまた書くかもしれず。。。いや、書かねば。「Revivalヤザキタケシ」はABC全部観たので書いときたいです。。。

「ヤザキタケシ/不条理の天使」の詳細なレポは、海さんのブログでどぞー。)

さて、今回のふたつのイベントの共通点を無理矢理探すとすれば、TANGOの音楽と未來くんの身体能力の高さでしょうか。

TANGOの音楽は、何故にあんな物悲しいのでしょうねぇ。タンゴと言えば、私の中ではコンチネンタルタンゴで、好きな映画に「ラストタンゴ イン パリ」というのがあるんですが、タンゴの流れうる場所のイメージが、脳内でこれに規定されちゃっている。。肉感的で官能的な場末のイメージです。。。(日本では「黒ネコのタンゴ」(古っ)が流行ってしまったので、どうもいまいちアレなんですが)

「モテキ」以降、未來くんは役柄に(戦略的に)「肉感的色気w」を加味させてきてるんではないのかと疑念しておりまして。。「モテキ」の頃はTVの前でムキーッと歯軋りしつつ観ておったわけですが、今回、「なに?TANGOって題名?そうすると、またまた色っぽい役柄なのか?」と最初は思っておった。

そんな大人に変身しつつある未來くんのキャラが、TANGOの音楽と組み合わせると、どんなことになるんだよっと思いまして。。。愛をコトバでうまく伝えられない風なインタビューもありましたしね。そんでタンゴって。。。即肉体なのかよっ。悶々。。みたいなw(こちら

しかし、今回のふたつのイベントで、タンゴが大きくイメージを変えました。肉体的色っぽさよりも、深い精神性が、精神的な妖しさがすごくインスパイアされるタンゴだった。。。ふたつとも。

未來くんの持ち味の、いつまでも青年、しかも反抗期的な。。。な魅力(私にとって、ですけどねw)が全開でしたよ。
うふん(*´д`*)

だって結局、「TANGO」では未來くんはタンゴを踊らないし(踊れないし)、「ヤザキタケシ/不条理の天使」では踊るけど椅子とだったしwww

イカッタなー(*´ω`*) 椅子とタンゴを踊る未來くん、最高だったじょー。

そんでもちろん、未來くんの身体(肉体というよりも身体!)は美しいのです。この美しさをどう表現すればいいのか。私はコトバを持ち得ないのだけど。。。私の未來遍歴を改めて確認すると、今年の1月「その街」から入り「フィッシュストーリー」「百万円と苦虫女」を観てバキューンとなり、「モダンミリィ」で完落ちしたみたいなので。。。とにかく踊る&動く未來くんが大好きなのですなー。

「TANGO」では食卓の上に椅子を乗っけて、その上に仁王立ちするしぃ。。(そして私を上から見下ろすしぃ。。
(*´д`*) あ。。危なっかしい。。

「ヤザキタケシ/不条理の天使」では舞台をいっぱいに使ったコンテンポラリーダンスで、飛び跳ねて身をくねらせて、そして顔をくしゃくしゃにさせつつのマイムもあって。。
(*´д`*)あ。。かわゆし。。

ハァハァ。。。


。。。コホン。。。
さて、パンフレットによると、舞台「TANGO」で使用された楽曲はアルゼンチン・タンゴの名曲<ラ・クンパルシータ>で、原作者のスワボミール・ムロジェックがこれでなければならないと指定しているらしい。曲名はスペイン語で「カーニバルの小さな行列」という意味らしい。カーニバルの狂騒が過ぎ去った後に流れるタンゴの物悲しさ。。。

インタビューから妄想膨らんだような、愛を巡る問題はスコーンとどうでもいい感じで、やはり主題は父(前世代)との対決と葛藤、破壊と解放、復興と再建なんでしょう。。。「オンナはすっこんでろ」というセリフもあったりして、オンナの出る幕じゃないですかー、みたいな
(´-ω-`)

それにしても、父親役の吉田さんもヨカッたですねー。実際、未來くんとの絡みのシーンでも目を奪われていることが多かったです。さすがの存在感でしたよ。


「ヤザキタケシ/不条理の天使」で使用された楽曲は、アルチュール・アッシュの<アンドラ>と<ルウルウ>という曲らしい。いやこれ、ホンマすごくヨカッたのですわー。思わず、このCDは買おうかと思うております。

Arthur H アーチスト情報

。。。志村は聴いたかな、タンゴ。。。と何故に急に志村を思ったか。。。彼はすごくたくさんの音源聴いてたみたいだからさ。。ボサノヴァの影響を受けてるみたいだけど、当然タンゴも聴いただろうな。。。とか。。シムシム
(*´д`*)

では、最後に当日のつぶやきを。まとめてどぞー。

#######

アルツゥルは、落ちてしまわないかと心配だったです。それからやっぱり、お尻にばかり注目してしまいました。やっぱりはオカシイか…。
17日前 from Twitter for iPhone

んで、前半は微笑ましく観れてたのに(父親と息子の諍いも楽しかった)、後半はシビアだったなぁ。死の観念に囚われちゃった?アルツゥル!
17日前 from Twitter for iPhone

@milyfuji いえ、私、シモテだったんですけど、結構お尻突き出してくれましたよ(^_^;) もちろんお顔もお声もしっかり堪能したっす。未來くん、滑舌も素晴らしいですよね。聞き取れない台詞が一言もなかった!あと長塚さん、面白い役割でしたね。考える人だった。
17日前 from Twitter for iPhone

TANGO、アルツゥルの惚れぼれするセリフまわしに、やはりやられた。現実世界であそこまでつまらない話を、あそこまで美しく話し続ける人はおらんしね。それと、長塚さんの「考える人」は東京で観た時ほど、そこにいる違和感のようなものが薄まってた。それがいいのかどうかわからないけど。
8日前 from Twitter for iPhone

ヤザキタケシAプロ終了。なるほどー。コンテンポラリーダンス、ようわからん。でもおもしろかった。スローな動きは体力、筋力いるやろねぇ。。。とかいう雑な感想しか今は出てこんけど。。「不条理の天使」、想像してたのと全然違った。笑えます。でも不条理。
2日前 from Twitter for iPhone

ヤザキタケシBプロ終了。Aプロと全然違った。振付はもちろん衣装、舞台の仕様も…(同じダンサーだったミューザー除く)おもしろい。未來くんの舞台をいっぱいに使った美しいダンスにうっとりしつつ、結末がわかっているのに最後の暗転でがーんときた。あの表情、最高だっ。。。
2日前 from Twitter for iPhone

ヤザキタケシCプロ終了。すごかったー。「スペース4.5」と「ミューザー」はアレンジの違いが大きいのだけど、さすがにご本人のは真に迫っていて何度も唸りました。物語が伝わってくるんだもんね。ただし「不条理の天使」は未來くんのが一番←こらこらw だってヤザキさん、天使というにはね。。
1日前 from Twitter for iPhone

@yukokd ユーコさん、いろいろ返信頂きつつ返せずすみません。未來氏のダンスは是非観るべきです。私はやっぱり彼の踊る姿(注:フィッシュストーリー含むw)が好きっす!
1日前 from Twitter for iPhone

@milyfuji 「不条理の天使」はABCともほぼ同じ振付だったので、各々の美しさ(立ち姿、決めポーズ含む)で左右されますよね(^_^;)コミカルさではやはりヤザキさんのマイムもすごかったですが、それを蹴散らすほど、私は暗転前の未來氏の表情にやられました(#^.^#)
1日前 from Echofon

2010年10月31日 (日)

TANGOインタビューで未來氏が語ったー(うるるん風)

TANGOプロモのインタビュー記事。

海さんの未來logから情報ゲットいたしました。m(_ _)m

http://blog.livedoor.jp/mirailog/archives/1170494.html

TOKYO HEADLINEって、フリーペーパーなのかね。贅沢だね。相変わらず、かっこよくっておりますです。(*´v゚*)ゞ

http://www.tokyoheadline.com/vol482/inter02.html

んで、海さんも書かれてるように、けっこう深い話、語ってます<未來氏。

いや、未來氏のイメージとして、喋るの苦手な人のイメージがあったんですが(勝手に)、何か吹っ切れてるなーというカンジ。

父になったし、いろいろと変化が起きつつあるのかもしれませんね。

(あーでも一方で、饒舌なイメージもあるよなぁ。うーむ(゚ー゚; 単に役柄によるものですかねぇ(*´ェ`*)。。。

でもまぁ、今回のインタビュー内容でもわかるように、素の彼は言葉というものに絶対的な信頼を置いていないようです。全面的に頼っていないというのかな。

以前、菊地凛子さんとリーバイスのお芝居やりはったときのインタビューでも言うてはりました。。。

http://hamarie.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-1578.html

それは未來氏がダンサーだということと関係してるんじゃないかというのは以前思ったことで、それは今もそう思うし、変わらないんだけど。

もうひとつ、今回のインタビューで感じたのは、未來氏って直感型即行動タイプなんだろうかなぁってこと。

家でグダグダしてる姿とか想像できないやん(笑)

(今日一日、いや昨日もか、グダグダ過ごした身には眩し過ぎる!)

エンターティメントなダンスをする人だし、自転車乗らせたら(降りさせたら?)日本一という話もあるし、未來氏にアクティブな印象を持つのは自然なことなのだろうと思うのだけど、不思議なことにこれまでワタシにはあまりそこが強調されて映ってはなかったの。

簡単に言うと、家でグダグダしてるカンジがちょっとあったんだけど(笑)

なにしろ、グダグダしてる人って超好きなんでぇ<志村氏(*´д`*)ハァハァ

。。。と話題がズレましたが。。。

「本当なら相手であるアラに好きだって言えば良かったんじゃないか」って語ってるのは、その好きが言えずにさまざまなコトバを駆使させて、なんとかアラに気持ちを伝えようとして、コトバが大量生産されていくだろう、この芝居を俯瞰して、ひとつの可笑しみとして捉えてる長塚演出の意図(未來氏の意図も含めて)があるからだろうと思うんだけど。

コトバを信頼してないのであれば、何故に「好きだ」っていうコトバを信じられるかねと、ぐるぐると思考は回りまわってくるわけです。

それとも、なにか「好きだ」というコトバは、特別な部類に入れられるのだろうか。「真実の言葉」みたいな部類にさ?(。。。と何故かひねくれて、いちゃもんつけてる私)

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

「考えすぎは考えてないのと一緒」ってのも未來氏から出てきたコトバかなぁ。もしかしたら、連れ合いさんの影響もあるのかもね。

とか思ったよ。(ノ∀`) アチャー

未來氏のこれまでの発言をチェックしてるわけじゃ全然ないので、すごく勝手な妄想でありますことを、最後に付け加えておきます。

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ツミボンの日々