カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の投稿

2010年9月19日 (日)

COP10に行ってみるか

あと1ヶ月に迫った生物多様性条約第10回締結国会議、通称COP10。日本が議長国で名古屋で開催されるのにあんまり盛り上がってないなぁと思うのは気のせいかな。

IPCCのときはデンマーク政府が、市民の意見を吸い上げる「World Wide Views」という試みをやったけど、そういうの全然ないみたいだし。(まぁやればやったで粗探しに走るんですがw)

どんな感じなのかなーと興味があるので見てこようと思います。誰も知り合いが居ないと行きづらいので沖縄ジュゴンの里ツアーでお世話になったSDCCさんに便乗します。

いちおうというか、もちろんこれは国際会議であり、お祭りではないのだけど、ちょっと面白そうなイベントやパフォーマンスもあるみたい。

というような話を今日聞いてきました(厳密には昨日w)

COP10の詳細は行くまでに勉強会しつつ、もひとつのBlogにまとめておこうと思います(たぶん)

2010年1月13日 (水)

デインジャーとリスク

リンク: そんなことを訊かれても (内田樹の研究室).

内田せんせいが絶好調。

出かける前なので、とりあえずリンクっておく。

それにしても外は寒そうだ・・・

2009年12月25日 (金)

終身雇用って話題なの?

リンク: 終身雇用はなぜなくならないか - Chikirinの日記.

内容は就職情報業界では語りつくされてきたこと。学者とかも日本企業論や日本的経営論として語りつくしてきただろうこと。(もちろん批判を含めて)

まっこういうふうに、まとめてみることに価値があるんだろうけど。363もブックマークがついていることに驚いた。

あと、さも自分の考えみたいに書いてしまうっていうのが、どうなのと思ったりもするけど。まっいいか。

ていうか、何でこんな古臭くて、わかりきってる話を、わざわざがっつりやってんのかなって点が不審。何か世間で話題にでもなってるのかと。

2009年12月16日 (水)

占いは好きなので

リンク: 若だんなの新宿通信  占いはいいことだけ信じるタイプです.

やってみた。

★2月21日生まれ:365日の誕生日占い(無料)

さぁて、転機はいつ?と期待したが、どうも我が人生には、転機と呼ばれうるような節目はないようだ。

28歳までと、29歳から58歳までと、59歳からの三段階で、心持ちが少々変わる程度と。転職したり、海外逃亡(^^)したり、社会人から学生になったりと、それなりに変化あるな、波乱万丈だなと思ってたんだけどね。そんなこた、変化でも波乱でも万丈でもないってことだ。まぁ、そう言われればそうだ。

確かに前世占いでも、森の中で一生涯を独身で暮らしたスウェーデン人の男性ってことで(ワタシはオンナだよっ)、つまりは本質的に静かな人生だったんだろう。森で生活できれば、すごいんじゃないかと思う。つまり、人生乗り切るという意味で。

そんなわけで、多少の転職や方向転換は、ワタシの人生の大枠に影響を与えないみたいなので、安心した(^^)

ちなみに占いのサイトには、天然石やらパワーストーンやらがちりばめられているが、自己責任でどうぞ。もちろん、ワタシは買わない。

2009年12月11日 (金)

東條英機とベンチャー

リンク: 今も「平和な東條英機」は無数にいる | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉.

東條英機ネタって強いよね。猪瀬直樹の時評コラム、アクセスランキングでトップだよ。ワタシも読んじゃったもの。

わかるんだけど、東條英機的秀才は必要だよ。行政レベルなら公務員とかになればいいし、ビジネスなら総務とか管理部とかやらせようよ。間違ってもリーダーとして要請しないってことだけ気をつけてればいいよ。

あと雇用の流動性とグーグル、たぶん関係はないよね。雇用を流動化させたら、グーグルみたいなベンチャー企業が現れるかなぁというと、そうでもないだろうということ。

むしろ再雇用されやすくなるわけなので、わざわざハイリスクの起業なんてしなくなるんでは?明治維新後と大戦後の焼け野原に「雇用」されうる環境などというものがあったかどうか考えてみればいい。

だから、すごく納得させられそうになるんだけど、「ちょっと待って」というカンジで読まなきゃ。何を企んでいるんだ、猪瀬直樹はと。

グーグルみたいなベンチャーの起業を目指す人は、最初っから雇用なんて考えないよね、きっと。「雇用」されうる環境があってなお、ベンチャーを目指す人をどう育てるかってことなんだろうけど。

もちろん、起業に失敗しても「雇用」されうる環境づくりを整えるってことでベンチャーへの敷居を低くすることはあるだろうけど、それはセーフティネット論にすぎないよね。

2009年10月17日 (土)

スーパーの産直

リンク: 農相、スーパーの産直批判 - 速報:@niftyニュース.

あわわ。

k_TachibanaさんにTwitterでリンクされちゃったので、もう少し書いとく。


民主党政権になって以降、閣僚のビックリ発言が続いている。で、ビックリ発言をした大臣への取材や報道がやっぱり増えているので、支持率というか注目度(各大臣の)は、ビックリ発言に比例して上がってる状況。

そんな状況を危惧した赤松さんがパンチを繰り出したなというカンジ。イオンを名指しもその一環(笑)

こんなこと言っても、規制なんて出来るわけないし、規制などしたら大変なこと。

卸売市場も独自に青空市場とかすればいいと思う。ちなみにウチの近所には、空き室のビルの一階で毎週出店(でみせ)をしてる農家がある。

2009年10月 9日 (金)

いっけい問題

リンク: どっちにしろ診療所じゃ無理。 | ブラウン管で ガンシューティング しませんか? ~KRTさん(三十路)のブログ~.

「自殺を図って心肺停止状態だった中3男子生徒の受け入れを拒んだ夕張の市立診療所」の件。Twitterでのつぶやきにトラックバックいただいたので考えてみる。

まず思ったのは(次の受け入れ先が決まり受け入れられるまでの)20分間ぐらいを待つ家族の心痛は相当だったろうなということ。

しかし、その思いは、電話越し、しかも「救急隊員→事務職員→看護士」越しで、遠く隔たっているしね。

心肺停止の受け入れは3次救急じゃないと無理との主張、それは事実なのかしら? ならば何故、救急隊員はそこへ連絡したのかと疑問が残ります。

当の医師も、「心肺停止を受け入れなかったのは判断ミス」と後日謝罪してるわけで、「どっちにしろ云々」はない話なのではと思う。

しかしまぁ、現場の医師の判断の決め手が、病気か事故であれば躊躇するよなぁ・・・ということならば、やはり、この事例から学ぶべきなのは「いっけい問題」ということになるのか。

救急隊員は、目の前にいる家族に配慮して「首吊り」とは言えなかったとのことで、「今後は救急隊との間で取り決めをし、職員にも周知していきたい」とのことだけど、何だろうね。「自殺を図ったみたいです」とも言えなかったんだろうか。

台風一過な天気

台風一過な天気

2009年10月 4日 (日)

目立たなくても、いい話

目立たなくても、いい話
リエゾン被災人@NHK 森山未来くん、6月に神戸大に来てたんだね。知らなかった。行きたかったねぇ。

ところで、神戸大学の学生ボランティア支援室のページは、とても充実してる。読みごたえがあります。こういうことを、地道に積み上げて記録できるかどうかは、上司が云々という話じゃない(大学という職場は特に)。ひとえに担当者次第だろう。

大切だけど地味で目立たない仕事。最後まで脚光を浴びないかもしれないけど大切(実際ワタシも昨日初めて見たのだ)。

今日の勝間さんの、ただ目立つ話に、やっぱり居心地の悪さを感じたので。

2009年9月30日 (水)

あまりにマニアなので

リンク: B サイエンスコミュニケーション マニアな日帰りバスツアー 火力発電所 .

悩み中。今日、申し込み締め切りなんだけど。

知り合いもいないし、一人で参加したら、引かれそうだな。

より以前の記事一覧

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ツミボンの日々